東京・関東地方

東京・関東地方おすすめ新電力会社~生活スタイル編~

東京の夜景イメージ
記事URLとタイトルをコピーする
提供:株式会社サウスフィールドプランニング

東京・関東地方のおすすめ新電力会社

はじめに
このページでは東京電力エリア(※)にお住まいの方を対象に、電気料金がより安くなる新電力会社の情報を案内しています。
(※)東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、栃木県、群馬県、茨城県、山梨県、静岡県の富士川以東(離島を除く)
結論から言うと
東京や関東地方で利用できる主な格安新電力には
  • エルピオでんき
  • CDエナジーダイレクト
  • シン・エナジー
  • サニックスでんき
  • Looopでんき
などがあります。
どれがもっともお得になるか?は世帯人数や生活スタイル、電気の契約容量などによっても異なるため、以下にそれぞれ詳しく解説します。

要チェック!

2021年1月に生じた天然ガス不足などの影響で一部の新電力会社の『市場連動型プラン』の電気代が高騰したため、電力会社を変えると損をするのではないか?と誤解されている人も居るようです。

当ページで案内している新電力プランは「市場連動型」ではなく「固定単価型」になりますので、どのプランを選んでも電気代が急に高くなるようなことは一切ありません。
個人法人いずれの場合でも安心して利用できます。

街並みイメージ

2016年4月の電力小売り全面自由化により、今は東京電力の電気料金メニューの他にも500社以上の新電力プランを選べるようになりました。

ですが、各社の料金プランはさまざまで内容や単価もそれぞれに異なることから「どこを選べば本当にお得になるのか?よくわからない」と迷ってしまう方も多いようです。

そこでこのページでは東京や関東地方にお住まいの方が申し込める新電力の中から、世帯人数や生活スタイルに見合った料金プランをご紹介します。

家族のパターン
新電力会社の切り替え申し込みはインターネットから10分程度で手続きできます。
その際に現在利用している電力会社への解約の連絡は必要ありません。
解約手続きは申し込んだ電力会社が代行してくれます。
ただし引っ越し先での新規申し込みの際には、利用中の電力会社の解約手続きはご自身で行う必要があります。
この記事の監修担当
南部修一
南部修一
※1974年生まれ 電力自由化、太陽光発電、再生可能エネルギー関連情報の広報を担当

1~2人暮らしのおすすめ新電力

1人暮らしイメージ

1人暮らしや共働きなど、家を留守にすることの多い世帯の電気代は月々3,000~4,000円程で済むこともあると思います。

そういったケースでは下手に電力会社を乗り換えると、以前よりも電気代が高くなってしまうことも。。

また、家計における電気代の割合が小さいと、電力会社の乗り換えや光熱費の見直しにはあまり積極的になれないかもしれません。

しかし!
電気料金の安さばかりではなく各社の独自サービスに目を向けると、1~2人暮らしの方にもお得な新電力プランが見つかります。

清水
1~2人暮らしでも、ペットを飼っているなどしてエアコンをいつも利用している人は世帯人数3~4名におすすめの新電力会社の方を参考にしてください。

CDエナジーダイレクト|ベーシックでんきB

東京電力エリアにおける新規客獲得を目指し、中部電力ミライズと大阪ガスの合同出資によって生まれた新電力「CDエナジーダイレクト」

1人暮らしからファミリー向けまで多彩なプランが用意されており、電気と都市ガスどちらも使用量の多少にかかわらず必ずお得になるところが特長です。

CDエナジーダイレクト独自のポイント還元やキャンペーン特典などのサービスも充実しており、都市ガスと電気のセット利用で0.5%の割引も適用されます。

なお、単身世帯向けの「シングルプラン」は20アンペア以下での利用はできないため、1人暮らしの場合は「ベーシックでんきB」を選んで契約容量を20アンペアに下げた方が実際の電気代はよりお得になります。

CDエナジーダイレクト「ベーシックでんき」と東京電力EP「スタンダードS」の単価比較表
区分 CDエナジーダイレクト
ベーシックでんき
東京電力EP
スタンダードS
基本料金/月 10A 267.66円
(6.4%安)
286円
15A 401.49円
(6.4%安)
429円
20A 535.32円
(6.4%安)
572円
30A 802.98円
(6.4%安)
858円
1kWhあたりの電力量単価 120kWhまで 19.78円
(0.5%安)
19.88円
121~300kWhまで 25.47円
(3.7%安)
26.46円
300kWh超 26.38円
(13.7%安)
30.57円
(注)実際の電気料金には電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます
あわせて読みたい参考記事
CDエナジーダイレクトTOPページキャプチャーCDエナジーダイレクトの電気契約 5つの注意点とは?

シン・エナジー|【夜】生活フィットプラン

1人暮らしや共働きで昼間ほとんど家に居ない方は、東京電力エナジーパートナーの夜トクプラン(夜トク8または夜トク12)を利用していることもあると思います。

その場合、電気の契約容量が30~60アンペアならシン・エナジーの【夜】生活フィットプランへの切り替えをお勧めします。(電気容量が20アンペア以下や60アンペアを超える場合には利用できません)

【夜】生活フィットプランの料金単価は昼夜どちらも夜トク8・12よりもかなり安く設定されており、さらに休日の単価は平日よりもお得になります。

シン・エナジー【夜】生活フィットプランと東京電力EP 夜トク8/12との単価比較表
区分 シン・エナジー
【夜】生活フィットプラン
東京電力EP
夜トク8
東京電力EP
夜トク12
休日(土日祝) 平日
基本料金/月 1kVAにつき
157.3円
(ブレーカー契約・6KVAまで)
1KWにつき
214.5円
(スマート契約)
1kWhあたりの昼間単価 26.09円
(8時~22時)
33.05円
(9時~18時)
32.74円
(7時~23時)
34.39円
(9時~21時)
26.09円
(8時~9時および18時~22時)
1kWhあたりの夜間単価 17.98円
(22時~翌8時)
21.16円
(23時~翌7時)
22.97円
(21時~翌9時)
備考 電気料金200円につきJAL1マイル付与 1,000円につき5ポイント付与
(注)実際の電気料金には電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます
あわせて読みたい参考記事
ランキングBEST3東京電力EP『夜トクプラン』よりもお得な新電力BEST3

auでんき|でんきMプラン

auでんきの料金単価は東京電力エナジーパートナーの従量電灯Bとほぼ同額になるため、電気代そのものは特に安くはありません。

auでんき「でんきMプラン」と東京電力EP「従量電灯B」の単価比較表
区分 auでんき
でんきMプラン
東京電力EP
従量電灯B
基本料金/月 10Aにつき
286円
(同じ)
10Aにつき
286円
1kWhあたりの電力量単価 120kWhまで 19.87円
(ほぼ同じ)
19.88円
121~300kWhまで 26.47円
(ほぼ同じ)
26.48円
300kWh超 30.56円
(ほぼ同じ)
30.57円
(注)実際の電気料金には電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます

ですが、auひかりやauの携帯電話などauユーザーの方がauでんきを利用すると毎月の電気代(※)に対して1~5%のpontaポイント還元があります。

(※)燃料費調整額、再生可能エネルギー発電促進賦課金、消費税相当額を除いた金額になります
auでんき

また、東京ガスの都市ガス(一般料金)を利用されている方はauでんきと共に「東電ガスfor au」に変更することで都市ガス料金が約5%割安になります。

さらに期間限定の特典なども充実しており、解約違約金などは一切かからないため、一人暮らしのau(KDDI)ユーザーにはauでんき(でんきMプラン)のご利用をオススメします。

あわせて読みたい特集ページ
1人暮らしでも損しない、おすすめ電力会社を案内する女性【完全解説】1人暮らしでも損しない!おすすめ電力会社の選び方

ソフトバンク|おうちでんき

ソフトバンクおうちでんきの電力量単価は、東京電力EPの従量電灯Bと比べて約1%安く設定されています。

ソフトバンク「おうちでんき」と東京電力EP「従量電灯B」の単価比較表
区分 ソフトバンクでんき
おうちでんき
東京電力EP
従量電灯B
基本料金/月 10Aにつき
286円
(同じ)
10Aにつき
286円
1kWhあたりの電力量単価 120kWhまで 19.68円
(1%安)
19.88円
121~300kWhまで 26.21円
(1%安)
26.48円
300kWh超 30.26円
(1%安)
30.57円
(注)実際の電気料金には電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます

あまり電気を使わない人だと口座振替割引分(▲55円)も安くならずに、逆に東京電力より高くなってしまうケースもありますが、、、

しかしソフトバンクやワイモバイルの携帯電話やインターネットのユーザーなら1回線につき毎月110円の電気代割引が適用されるため(2年間のみ、3年目以降は55円引き)乗り換えによる損はありません。

また、ソフトバンクやワイモバイルユーザーであるかどうかに関係なく、
新規申し込みでもれなく”初月の電気代がまるまる完全無料になる”乗り換えキャンペーン特典もあることから、少なくとも1年間はどこよりもお得になるでしょう。

ソフトバンク&ワイモバイルユーザーにおすすめ!
こうた
auユーザーはauでんき、ソフトバンクやワイモバイルユーザーはおうちでんき
じゃあ、docomoユーザーはどこを利用するとお得になるの?
清水
残念ながら今はまだNTTドコモの家庭向け新電力は販売されていないんですよ。。
ドコモ(docomo)でんきは?2022年3月ドコモでんきスタート!NTTの新電力サービス紹介
清水
auやソフトバンク以外のユーザーは先に紹介したCDエナジーダイレクトシン・エナジーを利用しましょう。
それと次に案内する新電力プランもお得ですよ。

ヨコハマのでんき|おうちプラン

ヨコハマのでんきは神奈川県の住宅用・公共用太陽光発電システム販売会社(株)横浜環境デザインが運営する新電力です。

20アンペア以下での利用はできませんが、1人暮らしの平均電気使用量の範囲において比較的安価な電気料金を実現できます。

ヨコハマのでんき「おうちプラン」と東京電力EP「スタンダードS」の単価比較表
区分 ヨコハマのでんき
おうちプラン
東京電力EP
スタンダードS
基本料金/月 30A 858円 858円
40A 1,144円 1,144円
50A 1,430円 1,430円
60A 1,716円 1,716円
1kWhあたりの電力量単価 120kWhまで 18.32円
(7.8%安)
19.88円
121~300kWhまで 24.44円
(7.6%安)
26.46円
300kWh超 26.47円
(13.4%安)
30.57円
(注)実際の電気料金には電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます

ヨコハマのでんきでは小学校入学前の子どもを持つ家庭を対象に、毎年5月に4,000円分のQUOカードPayがもらえる「子育て応援プラン」も用意されています。

電気代が安くなるだけでなく3年間お得な特典が附帯しますので、小さなお子さんが居るご家庭はお見逃しなく!

他社サービスとのコラボプランにも注目

1人~2人暮らしでさほど電気を使わない世帯では、どんなに安い新電力に乗り換えても月あたり300~500円安くなる程度で実際の電気代はあまり変わり映えしませんが、、、

丸紅新電力のプランHのような他社サービスとのコラボプラン(セットプラン)を利用すると、月々の電力使用量が少ない方ほど相対的によりお得になります。

清水
他社サービスとのセット契約でお得になる新自由料金メニューは別ページにまとめて案内しています。
メニュー他社サービスとコラボでお得になる電気ガス料金メニューの一覧
イメージ画像
実際の電気代を確認・比較できる!NPCプラン電気料金シミュレーター
電気料金一括比較かんたんシミュレーター
電気料金一括比較かんたんシミュレーター
12ヶ月分の年間電気代比較シミュレーター
12ヶ月分の年間電気代比較シミュレーター

世帯人数3~4名におすすめの新電力プラン

4人家族イメージ

世帯人数が3~4名になると誰かしら家に居ることも増え、電気代はどうしても高額になりがちです。

とくに夏冬の電気代は1万5,000円~2万円を超えるようなケースもあるでしょう。(ペットを飼っていればなおさらです)

その場合、東京電力の従量電灯BスタンダードSをご利用の方は次にお勧めする新電力会社のプランに変更するだけで、
春秋の電気代は月1,000円以上、夏冬だと月2,000円以上安くなることも!

年間で2万円以上節約できる可能性もありますので、早めに乗り換えないと損をしているようなものです。

お金を2万円損するイメージイラスト

ちなみに東京電力エナジーパートナーから別の小売電気事業者に乗り換えても、電気の安定供給や保守点検サービスなどは、これまでと変わらず東京電力パワーグリットが管轄することになります。

ですので災害時などに電気供給サービスが悪くなるといった心配はいりません。
(経済産業省管轄の電力・ガス取引監視等委員会が常に目を光らせています)

エルピオでんき|スタンダードプランS

千葉県の老舗LPガス販売会社が運営する「エルピオでんき」は500社以上ある新電力会社の中でも最安水準の電気代を実現できる人気新電力の筆頭です。

(※)30アンペア契約の場合、ひと月の電気代が7,000円~11,000円の範囲ではエルピオでんきが最安になります(東京電力の従量電灯BやスタンダードSと比べると月額300円~900円ほど安い)

東京電力の従量電灯BやスタンダードSの電気代が月15,000円とすると、エルピオでんきはそれよりも1,500円~1,800円ほど安くなります。

エルピオでんき「スタンダードプランS/ライト30A」と東京電力EP「スタンダードS」の単価比較表
区分 エルピオでんき 東京電力EP
スタンダードS
基本料金/月 30A 858円 858円
40A 1,086.8円
(5%安)
1,144円
50A 1,344.2円
(6%安)
1,430円
60A 1,613.04円
(6%安)
1,716円
1kWhあたりの電力量単価 120kWhまで 18.84円
(5.2%安)
(60Aは18.65円
(6.1%安)
(ライト30Aは21.14円)
19.88円
121~300kWhまで 23.03円
(12.9%安)
26.46円
300kWh超 25.78円
(15.6%安)
30.57円
(注)実際の電気料金には電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます

エルピオでんきは電気料金が安いだけでなく、電気のトラブル駆けつけサポート(出張費・60分以内の作業費)も無料で利用できます。

さらにエルピオクラブの優待サービスや新規契約でもらえる3,000円~最大20,000円のキャッシュバック特典など、価格以外のサービスも充実しています。

あわせて読みたい参考記事
エルピオでんきトップページキャプチャーエルピオでんきの評判とメリット&デメリットを徹底調査!

あしたでんき|標準プラン

あしたでんきは東京電力HDグループ会社TRENDEが運営する新電力です。

基本料金0円、従量料金はシンプルな一本単価の「標準プラン」と、
基本料金が月3,000円かかる代わりに従量料金はエリア最安単価になる「たっぷりプラン」の2種類の料金プランを選べます。

どちらも電気の契約容量60アンペア以下で利用できる一般家庭向けの従量電灯プランになります。
(注)あしたでんきの申し込み対象は一般家庭のみとなります(法人や事業所での利用はできません)

あしたでんき「標準プラン/たっぷりプラン」と東京電力EP「スタンダードS」の単価比較表
区分 あしたでんき 東京電力EP
スタンダードS
標準プラン たっぷりプラン
基本料金/月 20A 0円 3,000円 572円
30A 858円
40A 1,144円
50A 1,430円
60A 1,716円
1kWhあたりの電力量単価 120kWhまで 一律26円 一律21.5円 19.88円
121~300kWhまで 26.46円
300kWh超 30.57円
(注)実際の電気料金には電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます

標準プランは30アンペア以上なら電力使用量にかかわらず、東京電力エナジーパートナーの従量電灯BやスタンダードSよりも電気代は6%~13%ほど安くなります。

あしたでんきには生活周りのトラブル駆けつけサポートなどの付帯はありませんが、東京電力グループ企業という安心感もあってか非常に人気があります。

あわせて読みたい参考記事
あしたでんきTOPページキャプチャーあしたでんき8つのメリット&デメリット

Looopでんき+ガス

Looopでんきは先に紹介したあしたでんきと同じく、基本料金なし&一本単価のシンプルな電気料金プランを採用している人気新電力です。

50アンペア以上の「従量電灯B/C」または「スタンダードS/L」と都市ガスを利用している方にはLooopでんきと都市ガスのセットプランもおすすめです。

あわせて読みたい参考記事
Looopでんき+ガスLooopでんきの都市ガスセット契約は本当にお得?
【東電EPや東京ガスとの比較結果】
Looopでんき+ガス

「Looopでんき+ガス」の電気料金は東京電力の従量電灯B/Cと比べて6%~20%以上も安く、都市ガス料金も東京ガスの一般料金と比べて0.5%~3%ほど割安になります。

さらに電気のトラブル駆けつけサポートや利用客を対象としたLooop独自の節電キャンペーンなど、顧客サービスも充実しています。

世帯人数5名以上のご家庭におすすめ

2世帯家族イメージ

家族の人数が5名以上になると、それほど電気を使わない春秋の季節でも電気代が1万5千円を超えることは珍しくありません。

その場合、東京電力EPの「従量電灯B」や「スタンダードS」を利用している方は次に案内する新電力会社に乗り換えると月2,000円~3,000円、年間では30,000円前後も電気代は安くなります。

清水
なお、電気の最大需要容量が6KVAを超える「従量電灯C」や「スタンダードL」を利用している人は『事業所・商店や大家族におすすめの新電力』の方を参考にしてください。

年間3万円以上も節約できるなら格安新電力に変えない理由もないでしょう。

エルピオでんき|スタンダードプランS

説明・紹介はこちらから
参考記事
エルピオでんきTOPページキャプチャー画像エルピオでんきの最新キャンペーンと電気料金比較表

サニックスでんき|サニックステラセーバーS

サニックスでんきは福岡県博多に本社を置く株式会社サニックスの新電力サービスです。

「サニックステラセーバーS」は電気の最大需要容量が60アンペア以下の需要家が利用できる従量電灯プランになり、40A~60Aの基本料金は比較的安価に設定されています。

電力量単価はあしたでんきのたっぷりプランに次いで東京電力エリア最安水準になることから、月間電力使用量(kWh数)の多い家庭ほどお得になります。

実際の電気代がいくらになるか?
当サイトの一括比較シミュレーターを利用すると正確な電気料金を確認できます。

電気料金一括比較かんたんシミュレーター
電気料金一括比較かんたんシミュレーター
12ヶ月分の年間電気代比較シミュレーター
12ヶ月分の年間電気代比較シミュレーター

ピタでん|使いたい放題プラン

「ピタでん」は新電力大手のF-Powerが運営する家庭向け新電力です。

株式会社F-powerは、今年1月の卸電力市場の異常高騰のあおりを受け経営破綻し、3月末に会社更生法による手続きが開始されましたが、同法の適用によって倒産に至る可能性は低いことと、F-powerの直近の経営実績は良好であったことを勘案し、当サイトでは引き続きおすすめ新電力の一つとして案内しています。(2021年4月追記)

「使いたい放題プラン」は月間電力使用量が500kWhになるまで12,220円(燃調費・再エネ賦課金・消費税すべて込み)の定額料金プランとなっています。

東京電力(従量電灯B・スタンダードS)の500kWh時の電気代は15,000円前後なので、毎月500kwh以上の電気を使う家庭なら、月あたり約3,000円も安くなります。

500kWhを超える分については従量課金になりますが、超過分の単価についても燃調費・再エネ賦課金・消費税すべて込みの設定です。

昨年度の3~6月(春季)と10~11月(秋季)の電気代(東電EPの従量電灯BまたはスタンダードS)が1万5千円を超えている家庭なら、
ピタでんの定額料金プランに乗り換えるだけで年間4万円ほどの節約につながります。

※新規申し込み時にキャンペーンコード『pita202110B』入力で2,000円または4,000円のAmazonギフト券プレゼント!
あわせて読みたい参考記事
ピタでん特集記事のイメージ画像ピタでん・あしたでんき・Looop・楽天でんきの比較結果は?

電化住宅向けの新電力プラン

オール電化住宅
はじめに知っておきたい参考情報

シン・エナジー|生活フィットプラン

シン・エナジーの生活フィットプランは30~60アンペアの範囲で利用できる”時間帯別電灯”の電気料金メニューです。

(※)東電のスマートライフSからの乗り換えに対応しています(7kVA以上のスマートライフLからの乗り換えは不可)

生活フィットプランの基本料金は東京電力のスマートライフSと比べて45%割安に設定されています。

さらに従量料金の単価が安くなる夜間の時間設定も、東京電力は5時間であることに対してシン・エナジーは10時間になることから、お得になる時間がグンと長くなります。

料金単価の比較表はこちらから
東京電力エナジーパートナー「スマートライフS/L」東電EP『スマートライフS/L』乗り換えおすすめ新電力BEST5

HISでんき|オール電化プラン東京

HISでんきはハウステンボス発祥のエネルギーマネジメント企業「HTBエナジー」が運営する新電力です。

(※)HTBエナジーは大手旅行会社HISのグループ企業で、同グループのエネルギー関連事業を担っている新電力会社です

HTBエナジーの「オール電化プラン東京」は東京電力のスマートライフS/Lと比べて、昼間時間(午前6時~翌日午前1時の19時間)の電力量単価が2%割安に設定されています。(夜間単価は東京電力と同額です)

あわせて読みたい参考記事

Looopでんき|スマートタイムプラン

Looopでんき「スマートタイムプラン」

Looopでんきの「スマートタイムプラン」は契約容量にかかわらず基本料金が無料になる、オール電化住宅向けの季節別時間帯別料金メニューです。

電力量単価は昼夜どちらも東電のスマートライフS/Lよりも高くはなるものの、契約容量(KVA数)が大きく電力使用量(kWh数)が少ない家庭ほどスマートタイムプランの価格的な優位性・メリットが大きくなります。

料金単価やシミュレーション結果など、詳しくは以下のページで解説しています。

Looopでんき『スマートタイムプラン』のメリット&デメリットLooopでんき『スマートタイムプラン』のメリット&デメリット
イメージ画像
こうた
ところで電化住宅向けの電気契約がある新電力って、この3社だけなの??
清水
いえ、そんなことはないですよ。
たとえばミツウロコでんき九電みらいエナジー出光昭和シェルなどにもオール電化住宅向けの料金プランがあります。
電化住宅向け新電力の一覧表はこちら
オール電化向けの新電力会社 一覧オール電化住宅でも乗り換えると電気代が安くなる新電力会社 一覧

卒FIT売電おすすめ電力会社

太陽光発電イメージ

太陽光発電のFIT売電期間が終了すると、東京電力の買取価格は1kWhあたり8.5円に自動的に変更されますが・・・
8.5円という買取単価は関東エリア最低レベルなので何もせずにいると大損です。

東京電力以外にも太陽光発電の電気を高く買い取ってくれる新電力会社は色々とあります。
卒FITの売電契約もなるべく早めに他社に変更しておきましょう。

清水
売電契約と買電契約は基本的に別々の契約になります。
ですから買電契約は変えずに売電契約だけを他の電力会社に変えることもできます。

TEPCOよりも卒FIT買取単価の高い新電力会社

電力会社名 電気供給がある場合 電気供給がない場合 備考
Looopでんき
公式HP
26.4円
(実質21.12円)
8円
■ 買い取り分は毎月の電力使用量から相殺(電気供給契約がない場合は3ヶ月ごとに振込)
Looopでんき0(ゼロ)はエコキュートの昼間稼働が必須
スマートテック
公式HP
11.5円 11.5円
■ 契約から2年間の買取価格保証あり
■ 太陽光発電状況の診断機能付き
■ 買取価格1万円を超えるごとに指定口座に振込み

電気と都市ガスのセットプラン

電気とガス
東京ガス供給エリアの主な都市ガス販売事業者のご案内
電気ガスセットの家庭イメージ電気ガスセット料金比較表|関東・東京ガスエリア編
清水
都市ガスと電気のセットといえば、やはり東京ガス東京電力エナジーパートナーの知名度が圧倒的です。
ただ、どちらのセットプランもじつは電気と都市ガスどちらか片方しかお得にならないんですよ。。。
こうた
そうなんだ?
それってどーゆーこと?
清水
東京ガスのセットプランは電気は安くなるけど、都市ガスの料金は変わりません。
そして東京電力のセットプランの方は都市ガスは比較的安いけど、電気は月額100円引きになるだけです。
あわせて読みたい関連記事
ランキングBEST3東京電力とくとくガスプランより安い!新電力おすすめBEST3
清水
それより2020年11月に新しく登場したエルピオでんきの都市ガスセットに注目です!
こうた
エルピオでんきも都市ガス始めたんだ?
清水
エルピオのセットプランは電気もガスもどちらも東京電力エリア最安水準!
お得なキャッシュバックキャンペーンや電気トラブルなど生活サポートも充実してますよ!
今もっともお得な電気&都市ガスセットプランを徹底解説!
エルピオでんきのお得なガス&電気セットエルピオでんきのガスセットプランは本当にお得?
メリット&デメリットを徹底解説!

事業所・商店や大家族におすすめ

アメ横商店街

個人経営の商店や飲食店、美容室などの事業所において、東京電力エナジーパートナーの「従量電灯C」や「スタンダードL」を利用されている方は新電力会社に乗り換えることで電気代は大幅に安くなる可能性大です。

次に案内する新電力プランに切り替えると、信じられないかもしれませんが月々の電気代を30%近く削減できることもあります。

清水
2~3世帯同居のご家庭でも7KVA以上の従量電灯Cを契約しているケースはよくあります。
その場合も新電力に変更すると電気代はかなりお安くなりますよ!

シン・エナジー|プランⅭ

シン・エナジーの『プランC』は電気の最大需要容量が6KVA~50KVA未満の需要家が利用できる、3段単価のオーソドックスな従量電灯プランになります。

東京電力の従量電灯CやスタンダードLと比べると、基本料金や電力量単価はすべて割安に設定されています。

120kWhを超える従量単価はとくに安くなるため、月間電力使用量(kWh数)の多い需要家ほど乗り換えメリットが大きくなります。

シン・エナジー「プランC」と東京電力EP「スタンダードL」の単価比較表
区分 シン・エナジー
プランC
東京電力EP
スタンダードL
基本料金/月 1KVAにつき
281.66円
(1.5%安)
1KVAにつき
286円
1kWhあたりの電力量単価 120kWhまで 19.78円
(0.5%安)
19.88円
121~300kWhまで 20.57円
(22.2%安)
26.46円
300kWh超 22.9円
(25%安)
30.57円
(注)実際の電気料金には電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます

シン・エナジーの電気契約は途中解約しても違約金はかかりません。
気軽に利用できるところも推しのポイントと言えるでしょう。

あわせて読みたい参考記事
シン・エナジー「プランB/C」を解説する女性のイメージシン・エナジー『プランB/C』のメリット&デメリットを徹底解説!

Looopでんき|ビジネスプラン

Looopでんき(株式会社Looop)は基本料金無料&一本単価のシンプルな電気料金プランをいち早く広めたことで知られる新電力会社です。

東京電力の従量電灯CやスタンダードLの基本料金は1KVAあたり286円、
たとえば契約容量10kVAの場合だと基本料金だけで月2,860円にもなりますが、
Looopでんきの「ビジネスプラン」は契約容量にかかわらず基本料金は一切かかりません。

Looopでんき「ビジネスプラン」と東京電力EP「スタンダードL」の単価比較表
区分 Looopでんき
ビジネスプラン
東京電力EP
スタンダードL
基本料金/月 0円
(100%安)
1kVAにつき
286円
1kWhあたりの電力量単価 120kWhまで 一律27.5円
Looop+ガスは27円)
19.88円
121~300kWhまで 26.46円
300kWh超 30.57円
(注)実際の電気料金には電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます

1kWhあたりの電力量単価は一律27.5円、東電EPのスタンダードLの単価と比べると3段目(300kWh以降)から安くなります。

また、電気のトラブル24時間365日駆けつけサービス(出張費と60分の作業費無料)が付帯しているところにも注目です。

こうた
事業所向けプランの基本料金はやたらと高くなるけど、
Looopでんきにするとそれがまるまる無料になるってのは、、やっぱりスゴイね!
あわせて読みたい参考記事
Looopでんき「ビジネスプラン」Looopでんき『ビジネスプラン』のメリット&デメリットを徹底解説!

Looopでんきには東電EPの「低圧電力」に相当する「動力プラン」も用意されており、こちらも東京電力より安くなる可能性があります。

飲食店や商店、マンションオーナーなどは「従量電灯」と「低圧電力」の両方をLooopでんきに変更することで大幅なコスト削減も期待できます。

こちらの記事も参考にどうぞ
Looopでんき「動力プラン」低圧電力をLooopの動力プランに変更した方が良い理由

まだ一度も東京電力から変えたことのない方は、まずはLooop公式の電気料金シミュレーションから削減予想額を確認してみることを強くお勧めします。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

リミックスでんき|使い得ビジネスプラン

リミックスでんき(株式会社リミックスポイント)の「基本料金0円使い得ビジネスプラン」は先に紹介したシン・エナジーのプランCやLooopでんきのビジネスプランと同じく、電気の最大需要容量6KVA~50KVA未満の需要家が利用できる従量電灯プランです。

電力量単価は電気の使用量に応じて3段階で安くなり、さらに基本料金も無料になることから、契約容量(kVA数またはkW数)や月間電力使用量(kWh数)が大きい需要家ほどお得になります。

個人法人どちらも解約違約金はかからず、インターネットから簡単に切り替えできます。

リミックスでんき「使い得ビジネスプラン」と東京電力EP「スタンダードL」の単価比較表
区分 リミックスでんき
使い得ビジネスプラン
東京電力EP
スタンダードL
基本料金/月 0円
(100%安)
1KVAにつき
286円
1kWhあたりの電力量単価 120kWhまで 28円 19.88円
121~300kWhまで 27.2円 26.46円
300kWh超 25.2円
(17.5%安)
30.57円
(注)実際の電気料金には電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます
こうた
ひと月の電力使用量300kWhを超える単価は1kWhあたり25.2円
基本料金0円タイプの新電力の中ではリミックスでんきが最安になるよ!
リミックスでんきTOPページキャプチャーリミックスでんきの評判は?運営会社やサービス内容を詳しく解説!

実際の電力販売量ランキング

ランキングのイメージ画像

最後に低圧・電灯部門における電力販売量の多い新電力BEST10をご紹介します。

実際に多くの電気契約を獲得している新電力会社はどこなのか?

以下のランキング表をご覧ください。

新電力販売量ランキング上位10社

関東エリア(低圧・電灯)
順位 企業名 販売量
(千kWh)
サービス名称
1位 東京ガス 779473 東京ガスの電気
2位 SBパワー 301102 ソフトバンクでんき
3位 ENEOS 223528 ENEOSでんき
4位 ハルエネ 148819 法人向けプランのみ
5位 Looop 69295 Looopでんき
6位 ジェイコム東京 68240 j:com電力
7位 サイサン 64763 エネワンでんき
8位 HTBエナジー 58533 HISでんき
9位 東急パワーサプライ 55977 東急でんき
10位 PinT 55474 PinTでんき
(注)東京電力エナジーパートナーおよびみなし小売電気事業者はランキング集計から除外
【参考元】一般社団法人エネルギ―情報センター 2020年4月実績値データより
こうた
あれっ?
これまでのオススメ新電力の名前がほとんど見当たらないんだけど??

販売量ランキングとオススメが一致しないのはどうして?

このページでは世帯数や条件ごとに電気代がより安くなるオススメ新電力プランを紹介しています。

ですが電気代がより安くなる新電力と実際の契約者数が多い新電力は、まったく一致しません。

その理由は「よらば大樹の陰」といったところでしょうか。

多くの人たちは電気代の安さよりも有名な企業であることを選ぶ傾向にあります。

そのため知名度が高い新電力会社ほど「大して安くないけど契約者数は多い」のが実際です。

イメージ画像

とくに販売量ランキング上位のENEOSでんきソフトバンクでんきなどは、知名度が高いだけでなく全国にたくさんの店舗があります。

お店に来たお客さんに自社サービスだけでなく電気契約も同時にオススメできるので、そういった強みも契約数が多い理由になるでしょう。

清水
でも、本当に電気代が安くなる新電力プランは販売量ランキングを参考にするよりも
実際の電気代の比較シミュレーションを参考にした方が確実ですよ。
正確さNo.1電気代比較サービス
NPCプランでは全国のべ400社の電力会社の料金プランをスピーディーに比較できます。
※ご利用は無料、メールアドレスなど個人情報の入力は一切不要です
ひと月分のデータだけでもシミュレーションできますが、12ヶ月分のデータを入力すると年間の電気代をより正確に確認できます。
イメージ画像
こうた
結局どこがオススメなんだっけ?
もう一回教えてもらってイイかな?
清水
じゃあ、最後にもう一度、東京・関東地方でおすすめの新電力会社を、世帯人数別に案内しますね。
清水
今でも東京電力の従量電灯B/CやスタンダードS/Lを利用されている方は、ここで紹介している新電力会社に乗り換えると毎月の電気代はかならず安く(またはお得に)なります。
どうぞ安心して新プランへの切り替えをご検討ください。
YouTube動画解説も参考にどうぞ
記事URLとタイトルをコピーする

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA