新電力特集記事

電力会社の乗り換えメリット&デメリットをわかりやすく解説します

メリット&デメリット
記事URLとタイトルをコピーする
このページでは新電力会社を利用する際に想定されるデメリットやメリットをまとめて分かりやすく解説しています。
新電力会社への変更やプラン切り替えに不安のある方は、ぜひ当ページを参考にしてください。
イメージ画像
この記事の監修担当
南部修一
南部修一
※1974年生まれ 電力自由化、太陽光発電、再生可能エネルギー関連情報の広報を担当
@246anbem(NPCプラン@LINEアカウント)
当ページの内容について疑問のある方は、最下段のコメント欄で気軽にご質問ください。
メールフォームやLINEでも相談に応じています。
スポンサーリンク

電力自由化で電気代が安くなることは、私たち一般消費者にとってメリットしかないはずですが・・・

こうた
中にはメリットだけじゃなくデメリットが目立つ新電力会社もあるんだよね。。。

2016年の電力小売りの完全自由化以降、800社以上もの事業者が電気小売り事業に新規参入しているため、中にはデメリットしかないような事業者も存在します。

そういった事業者が一定数現れることは自由社会では仕方ありません。

私たちはそういった事業者とは関わり合いにならないためにも、ある程度の知識を持っておく必要があります。

電力会社のメリット&デメリット比較表

新旧電力会社のメリット&デメリット イメージ画像
大手電力会社と新電力会社のメリット&デメリット比較表
区分 大手電力会社
(みなし小売電気事業者)
新電力会社
(小売電気事業者)
災害や広域停電のサポート
どちらも同じ(違いなし)
※各地域の一般送配電事業者が管轄・対応しています
戸別の停電や電気トラブルサポート
・電気トラブル駆けつけサポートが無料附帯している小売電気事業者であれば〇
・小売電気事業者によっては×のケースもあり
電気料金のメリット&デメリット
新電力の自由料金メニューと比較するとやや高い
※自由化前からある旧オール電化プランや深夜電力は安い
大手電力の規制料金メニューと比較すると安い
(注)ロシアのウクライナ侵攻や円安の影響により、2022年3月以降は燃料費調整額に上限設定がある規制料金メニューと比べて必ずしも安くなるとは言えなくなっています(2022年8月追記)
※旧オール電化プランや深夜電力よりも安いプランはありません(但し例外もあり)
途中解約時の違約金
原則なし
※ごく一部の新自由料金メニューでは解約違約金の設定あり
一部の小売電気事業者や取次店では解約違約金の設定があります
契約手数料
なし
ごく一部の小売電気事業者や取次店で発生することがあります
その他のメリット&デメリット
電気料金の未払いがない限り、誰であっても電気契約を断られることはありません
与信調査などの信用情報にキズがある人や、反社会的勢力は申し込みを断られることがあります

停電や災害時の復旧対応はどうなる?

「電力会社を変更すると停電になりやすいのでは?」と不安に思われる方もいます。

しかしそういった心配は不要です。

電力会社(=小売電気事業者を変更しても、電気の安定供給を担当する事業者(=一般送配電事業者が変わるわけではありません。

どの小売電気事業者を選んでも電気を安定供給するための体制はまったく同じです。

停電時の対応 災害時の復旧対応
広域停電に関してはこれまでと同じ
(一般送配電事業者が対応)
これまでと同じ
(一般送配電事業者が対応)

広域停電や災害時などの復旧対応などについては、新電力会社(=小売電気事業者)ではなく、国の認可事業者である一般送配電事業者旧一般電気事業者が管轄しています。

どの電力会社を選んでも電気の安定供給に関する不都合やデメリットは一切ありません。

あわせて読みたい関連情報

戸別の停電ではデメリットがあるケースも

広域停電ではなく、漏電などが原因で起こる各家庭ごとの停電に関しては、一般送配電事業者では対応してくれません。(電話相談などには応じてくれます)

そのため戸別の電気トラブルについては近所の電気屋さんや、契約している小売電気事業者に相談するのが一般的ですが・・・
ほとんどの新電力会社は平日9時~17時までしか電話はつながらない、そもそも電話サポートがないなど、戸別のトラブル対応サービスに関してはイマイチ期待できません。

ただし、電気トラブル駆けつけサポートなどが附帯している新電力会社を選ぶようにすれば、24時間365日いつでも無料サービスを利用できます。

電気トラブル駆けつけサポートが無料附帯している新電力会社にはENEOSでんきエバーグリーン・リテイリングミツウロコでんきなどがあります

スポンサーリンク

電気料金に関するメリット&デメリット

これまで一度も電力会社を変更したことがなく、従量電灯A/B/Cのいずれかの電灯契約を利用している方は、電力会社や料金プランを見直すことで毎月の電気代を削減できます。
(注)ロシアのウクライナ侵攻や円安の影響で2022年3月以降、燃料費調整額に上限設定がある規制料金メニュー(従量電灯A/B/C)よりも必ずしも安くなるとは言えなくなっています(2022年8月追記)
従量電灯A/B/C以外の電灯契約メニューを利用している方も、契約容量A(アンペア)数またはKVA数)や契約電力(kW数)や電力使用量kWh(キロワットアワー)数)によっては安くなる可能性があります。
こうた
新電力会社に変更すると、なんで電気代が安くなるの?
どうして大手電力会社の電気料金は新電力のように安くならないの?
上の疑問に対する回答はこちらの解説記事をご覧ください↓↓↓

電化住宅では乗り換えると損になることも

一般家庭向けの電力小売りが自由化された2016年4月以前からオール電化住宅向けのプラン(時間帯別料金メニュー)を契約している方は、新電力会社に乗り換えると電気代は逆に高くなってしまうケースがほとんどです。

深夜電力と従量電灯を契約されている場合は従量電灯の方だけを新電力プランに切り替えることで電気代の削減を見込めますが、 旧オール電化プランに関しては新電力に切り替えてもデメリットしかないと思っておいた方が良いでしょう。

あわせて読みたい参考記事

1人暮らしだと期待するほど安くはならない?

普段の電力使用量が少ない単身世帯などは、格安新電力に乗り換えても実際の電気料金はあまり変わりません。
新電力会社の格安プランは大手電力会社の従量電灯A/B/Cよりも5%~20%以上安くなるものの・・・
元々の電気代が月額3,000円だとすれば仮に20%安くなったとしても、ひと月に600円、年間で見ても7,200円お得になる程度です。
こうた
最初から電気代が安かったら、乗り換えメリットも大したことはないのはそりゃ当然だよね。

なお、新電力会社の中には月々の電力使用量が少ないと、以前の電力会社より電気代が高くなってしまうところもあります。

電話営業や訪問販売、不動産会社などで紹介される新電力にそういったところが目立ちますので、なるべく関わらないようにしましょう。

そんなところと契約しても代理店や営業マンを喜ばせるだけで、あなたに大したメリットはないどころか損をすることもあります。

あわせて読みたい参考記事
訪問営業のイメージ画像新電力会社や代理店の電話営業や訪問販売には気をつけましょう
新電力会社選びは代理店や営業マン任せにはせず、インターネットで探しましょう。
WEB上には新規申し込みで1万円以上の限定特典がもらえる新電力会社も多く、単身世帯でも大きなメリットを得られることがあります。

解約違約金や手数料の有無を必ず確認しましょう

新電力会社の中には電気契約の解約時に500円~15,000円程の違約金を設定しているところもあります。
とくに通信事業系の企業が母体となる新電力は、そのほとんどが解約違約金を設定しています。
また、光通信グループの新電力の中には解約違約金だけでなく、契約手数料やプラン変更手数料まで請求してくるところもあるため注意が必要です。
あわせて読みたい参考記事
気をつけて新電力参入企業の中でも気をつけるべき業種とは?

代理店の営業マンなどは自分の成績のために「解約違約金はない」とウソを伝えていたケースも見られますので十分に気をつけてください。

旧大手電力会社の解約違約金は?

大手電力会社の従量電灯A・B・Cなどの規制料金メニューには解約違約金の設定はありません。
ただし自由化後に登場した新しい料金メニューの中には解約違約金が設定されているものもあります。(例:東京電力EPのプレミアムプランや北陸電力の使っておとくライトなど)

申し込み時の契約手数料は?

新電力会社も大手電力会社も、どちらも契約手数料がかかるようなことはありません。
しかし、ハルエネでんき、J:COM電力、オプテージ(eo電気)など、光通信事業系の企業が手掛ける新電力の中には、1回につき3,000円程の契約手数料やプラン切り替え手数料などを設定しているところがあります。

新電力は倒産リスクがあるって聞いたけど?

こうた
新電力会社は突然に事業を撤退したり、倒産することもよくあるらしいんだけど、それって大丈夫なの?

電気の安定供給には政治的な保障があり、小売電気事業者がもし突然に事業を停止したとしても電気の供給が急に止まるようなことはありません。
実際に電気が止められるまでには1~2か月ほどの時間的な余裕があります。

小売電気事業者が何らかの理由で事業を停止した場合、地域の一般送配電事業者から「新たな小売電気事業者との電気契約を結んで下さい」といった連絡が入ります。

小売電気事業者は全部で800社以上ありますので、連絡を受けた1か月以内に別の小売り業者に切り替えればそれで済む話です。

申し込み手続きが必要とはいえ、それは電話やインターネットから10分ほどで済むことなので金銭的なデメリットはほぼありません。

あわせて読みたい参考記事

その他のデメリット

あまり知られていませんが、新電力会社に電気契約を申し込む場合、与信調査に問題がある人は申し込みを断られることがあります。
また、電気代の滞納があると比較的すぐに電気契約を解除されてしまうのも新電力会社の特徴です。未払いには気をつけましょう。
こうた
僕の知り合いなんかはひと月分を滞納しただけで、何の連絡もなしに翌月に解約されちゃったらしいよ。
企業にもよると思うけど、なかなか厳しいよね。

大手電力会社の場合は滞納があっても連絡なしに契約解除されることはありません。

大手電力会社(=旧一般電気事業者は国からの規制もあって、電気料金は新電力会社よりも高くはなりますが、信用情報にキズのある人や反社会的な人であっても電気契約を断られることはありません。

電力会社の変更は政府も推奨してるって本当?

電力自由化は主に電気料金の値上がりを抑制するための国の政策です。
政府は国民生活の向上のために新規参入を自由化し、市場競争を活発化させることで電気料金の値下げや新サービスの拡充を促しています。
ただ、一般的な値下がり幅は5%~10%程度ということもあり、乗り換えに魅力を感じない人や面倒に思う人も多いようです。

乗り換えは何度も繰り返しても大丈夫?

電力会社を何度のりかえても、それによるペナルティはありません。
弊社(へいしゃ)事務所では小売電気事業者の切り替え手続きをこれまで計10回経験しています。
HISでんき、Looopでんき(2回)、自然電力、丸紅新電力、熊本電力、Japan電力、Nature電気、ピタでん、北陸電力(出戻り)
1年のうちに3回乗り換え手続きをしたこともありますし、元の電力会社(北陸電力)に出戻りしたこともあります。
しかし、それによって電力会社やその中の人達との間に軋轢(あつれき)が生じたり、不公平なサービスを(こうむ)ったことは何一つありません。

どの電気料金プランが良いかわからない方へ

変更が面倒というよりも新電力会社や電気料金プランが沢山あり過ぎて、どれを選べば良いのかわからない!という方も居ると思います。

そういった方は、まずは以下の3点を確認しましょう。

  1. 現在の電気契約メニュー名は?
    (契約種別はオール電化プラン?それ以外?)
  2. 電気契約の容量は?
    (AまたはKVAまたはKWで表示されています)
  3. 毎月の電力使用量kWh(キロワットアワー)数)はどれくらい?

上の3つを確認した上で当サイトのおすすめ情報を参考にすると、あなたの家庭に合った乗り換えプランも簡単に見つけることができます。

あわせて読みたい関連記事

新電力会社のりかえ最新情報

おすすめの新電力会社や電気料金プランは、お住まいの地域(10電力エリア)や電気契約の種別によってまったく異なります。

そのためWEB上のおすすめ情報などは、ご自宅の電気設備や電気契約の内容をきちんと把握はあくした上で参考にしましょう。

小売電気アドバイザー推薦!乗り換え参考情報

① オール電化プランの乗り換え参考情報
オール電化ランキングオール電化プランおすすめランキング全国版
② 事業者向けの低圧電力の乗り換え参考情報
低圧電力ランキング低圧電力(動力プラン)おすすめランキング全国版
③ 小売電気アドバイザー推薦!最新おすすめ電力会社
地域別おすすめ電力会社地域別おすすめ電力会社【総合編】

一般家庭向けの電気契約は「60アンペア以下または6kVA未満の電灯契約」だけではありません。

「6kVA以上の電灯契約」を利用している家庭もあれば「深夜電力」をあわせて契約している家庭もあります。

またオール電化住宅向けの「時間帯別料金メニュー」や「季節別料金メニュー」を契約している家庭も、全体の10~15%ほどあると言われています。

インターネット検索で表示される電力会社のおすすめ情報は、電気契約の種別や容量、地域性などを考慮していないものがほとんどです。

Googleの検索エンジンはまだまだ発展途上ということもあり、広告報酬が高いところを順に並べているだけの不誠実なランキングが表示されていることもよくあります。

そういった情報はくれぐれも鵜呑みにしないよう気をつけて下さい。

【緊急情報】

ウクライナ侵攻や円安などの影響で原油や天然ガスの輸入価格が高止まりしているため新電力各社は経営状況がひっ迫し、次々と新規受付の停止や事業撤退に追い込まれています。
そしてついには電気契約の内容を変更し、料金の値上げに踏み切る新電力会社も現れ始めました。(楽天でんきやグランデータなど)
そこで以下のページ内で今後の値上げを発表している新電力会社と、そこからの避難先となる電力会社(≒小売電気事業者)の最新情報をまとめて紹介しています。参考にしてください。
【新電力PR 2022年下半期】いま注目の新電力会社BEST8
CDエナジーダイレクトのロゴ画像
CDエナジーダイレクト
東京ガスのロゴ画像
東京ガス
ドコモでんきのロゴ画像
ドコモでんき
リミックスでんきのロゴ画像
リミックスでんき
まちエネ(三菱商事&LAWSON)のロゴ画像
まちエネ
ただいま広告募集中3 ただいま広告募集中4 ただいま広告募集中5
記事URLとタイトルをコピーする

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。