四国地方

四国電力 切り替えおすすめ新電力プラン【完全ガイド2021】

四国電力からの乗り換えおすすめプラン【完全ガイド】
記事URLとタイトルをコピーする
このページでは四国電力の電気契約メニューそれぞれに、切り替えると電気代がより安くなる新電力プラン(または最適なプラン)を案内しています。
愛媛県、高知県、香川県、徳島県における電力会社の変更(スイッチング)や、電気料金プラン見直しの参考にしてください。
各メニュー名をクリックすると、その切り替え対象プランと料金単価比較表を確認できます。
そもそも新電力ってなに?その定義は?
そもそも新電力ってなに?その定義は?
新電力会社のメリット&デメリットとは?
新電力会社のメリット&デメリット

四国電力の従量電灯メニュー

切り替え対象プランは各メニュー名をクリックしてください
従量電灯A

『従量電灯A』は主に一般家庭で利用されているオーソドックスな料金プランです。
(※)同時に使用する電気の最大需要容量が6kVA未満の従量電灯メニュ-の一つです

ひと月の電力使用量に応じて従量料金単価が3段階で変動し、月11kWhまでは一律の最低料金が設定されています。

従量電灯Aの切り替えおすすめ新電力プラン

清水
四国電力の「従量電灯A」を新電力に変更する場合
おすすめプランは月々の電気代(または電力使用量)によって異なります。
ひと月の電気代が8,000円以下の場合

従量電灯Aの電気代がひと月8,000円以内で収まることの多い1~2人暮らし世帯には、リミックスでんきの「電気代割引プラン」への切り替えをお勧めします。

リミックスでんき(電気代割引プラン)
リミックスでんきの『電気代割引プラン』は、四電の従量電灯Aと比べて最低料金と従量料金が一律5%割安に設定されています。
月々の電気使用量が多くても少なくても、電気代は四電よりほぼ確実に安くなるため、乗り換えて損をすることはありません。
5%の割安分をビットコインで受け取れる『仮想通貨付与プラン』を選ぶこともできます。

リミックスでんきの口コミ情報

リミックスでんきの料金単価比較表

リミックスでんき(電気代割引プラン)と四国電力(従量電灯A)の単価比較表
区分 リミックスでんき
電気代割引プラン
四国電力
従量電灯A
最低料金
最初の11kWhまで
390.83円
(5%安)
411.4円
1kWhあたりの電力量単価 12~120kWhまで 19.35円
(5%安)
20.37円
121~300kWhまで 25.64円
(5%安)
26.99円
300kWh超 28.97円
(5%安)
30.5円
(注)実際の電気料金にはどちらも電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます
あわせて読みたい参考記事
1人暮らしイメージリミックスでんきは1人暮らしにもお得?デメリットは?
イメージ画像
毎月の電気代が8,000円を超える場合

ひと月の電気代が8,000円(電力使用量にして300kWh前後)を超えるような家庭にはエルピオでんきの「使った分だけSプラン」サニックスでんきへの切り替えをお勧めします。

エルピオでんき(使った分だけSプラン)
エルピオでんき
エルピオでんきは千葉県の老舗LPガス販売企業が全国展開している格安新電力です。
『使った分だけSプラン』は一本単価のシンプルな従量電灯契約で、解約違約金もなく安心&気軽に利用できます。
電気代が安くなるのはもちろん、電気のトラブル駆けつけサポート(60分無料)やお得なキャッシュバック特典など、エルピオ独自の顧客サービスが充実しているところにも注目です。
※新規申し込みで5,000円または1万5千円キャッシュバックキャンペーン開催中(12/31まで)

エルピオでんきの料金単価比較表

エルピオでんき(使った分だけSプラン)と四国電力(従量電灯A)の単価比較表
区分 エルピオでんき
使った分だけSプラン
四国電力
従量電灯A
最低料金
最初の11kWhまで
330円
(19.7%安)
411.4円
1kWhあたりの電力量単価 12~120kWhまで 一律23.94円 20.37円
121~300kWhまで 26.99円
300kWh超 30.5円
(注)実際の電気料金にはどちらも電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます
あわせて読みたい参考記事
エルピオでんきTOPページキャプチャー画像エルピオでんきの最新キャンペーンと電気料金比較表
イメージ画像
サニックスでんき(サニックステラセーバーS)
サニックスでんき
サニックスでんきは福岡県博多に本社を置く株式会社サニックスの新電力サービスです。
『サニックステラセーバーS』は毎月の基本料金と一本単価の従量課金で構成されるシンプルな料金プランで、一日の電気消費量が多く、電気代を気にせず使用したい方向けの電灯契約となっています。

サニックスでんきの料金単価比較表

サニックスでんきと四国電力(従量電灯A)の単価比較表
区分 サニックスでんき
サニックステラセーバーS
四国電力
従量電灯A
最低料金
最初の11kWhまで
基本料金
176円/月
411.4円
1kWhあたりの電力量単価 12~120kWhまで 一律22.91円
(0kWh~)
20.37円
121~300kWhまで 26.99円
300kWh超 30.5円
(注)実際の電気料金にはどちらも電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます
あわせて読みたい参考記事
従量電灯B

『従量電灯B』は電気の最大需要容量に応じた基本料金と3段単価の従量料金で構成されるオーソドックスな料金プランです。

従量電灯Aは同時に使用する電気の最大需要容量が6kVA未満の場合に利用できることに対し、従量電灯Bは6KVA~50KVA未満となる需要家向けの電気契約になります。

従量電灯Bの切り替えおすすめ新電力プラン

清水
四国電力の従量電灯Bよりも電気代が安くなる新電力おすすめプランにはエルピオでんきの「使った分だけLプラン」や、リミックスでんきの「使い得ビジネスプラン」などがあります。
こうた
どっちのプランも契約容量(kVA数またはKW数)の大小にかかわらず基本料金が無料になるからね。
実際の電気代は従量電灯Bと比べて10%~最大20%以上も安くなるよ!
エルピオでんき(使った分だけLプラン)
エルピオでんき
エルピオでんきは千葉県の老舗LPガス販売企業が運営する格安新電力です。
電気代が安くなるだけでなく、電気のトラブル駆けつけサポート(出張費と60分以内の作業費無料)や、お得な生活周りのお助けサービス「エルピオクラブ(月額440円)」も解約違約金なしでいつでも気軽に利用できます。
さらに新規利用客は10ヶ月の継続利用でもれなく2万円のキャッシュバック特典も!

エルピオでんきの料金単価比較表

エルピオでんき(使った分だけLプラン)と四国電力(従量電灯B)の比較表
区分 エルピオでんき
使った分だけLプラン
四国電力
従量電灯B
基本料金/月 無料
(100%安)
1kVAにつき
374円
1kWhあたりの電力量単価 120kWhまで 一律24.44円 16.97円
121~300kWhまで 22.5円
300kWh超 25.42円
(注)実際の電気料金には上記の電力量単価に燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金の単価が加算されます

エルピオでんきの口コミ情報

清水
エルピオでんきは単に電気代が安くなるだけでなく、生活周りの駆けつけサポートやお得な特典も充実しています。
途中解約しても解約手数料などは一切かからず、いつでも誰でも気軽に利用できますよ。
あわせて読みたい参考記事
エルピオでんきトップページキャプチャーエルピオでんきの評判とメリット&デメリットを徹底調査!
イメージ画像
リミックスでんき(使い得ビジネスプラン)
リミックスでんき(基本料金0円使い得プラン)
リミックスでんきの『使い得ビジネスプラン』は電気の使用量に応じて3段階で電力量単価が安くなる料金プランです。
契約電力が10kVAでも30kVAでも基本料金はゼロ円!
月間電力使用量300kWhを超える従量単価は特に安価に設定されており、四国電力エリア管内でも最安水準の電気代を実現できます。

リミックスでんきの料金単価比較表

リミックスでんき(使い得ビジネスプラン)と四国電力(従量電灯B)の比較表
区分 リミックスでんき
使い得ビジネスプラン
四国電力
従量電灯B
基本料金/月 無料
(100%安)
1kVAにつき
374円
1kWhあたりの電力量単価 120kWhまで 26.5円 16.97円
121~300kWhまで 24.5円 22.5円
300kWh超 23円
(9.5%安)
25.42円
(注)実際の電気料金には上記の電力量単価に燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金の単価が加算されます
あわせて読みたい関連記事
リミックスでんきTOPページキャプチャーリミックスでんきの評判は?運営会社やサービス内容を詳しく解説!
こうた
どっちを選ぶにしても、四国電力の従量電灯Bを契約している人は四国で一番高い電気代を払っているようなものだからね。
なるべく早めに新電力プランに切り替えた方が良いよ。
実際の電気代を確認・比較できるシミュレーター
おトクeプラン

おトクeプランの切り替えおすすめ新電力プラン

清水
『おトクeプラン』の料金設定は「従量電灯A」とさほど変わりません。
なので、おすすめプランは従量電灯Aの場合と同じ新電力プランを参考にして下さい。
四国電力のおトクeプランと従量電灯Aの単価比較表
区分 四国電力
おトクeプラン
四国電力
従量電灯A
最低料金
最初の11kWhまで
411.4円 411.4円
1kWhあたりの電力量単価 12~120kWhまで 20.37円 20.37円
121~300kWhまで 26.99円 26.99円
300kWh超 28.3円
(7.2%安)
30.5円
(注)実際の電気料金には上記の電力量単価に燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金の単価が加算されます
こうた
『おトクeプラン』と「従量電灯A」を比べてみると、月間300kWh超の電力量単価だけ7.2%割安に設定されているよ。
でも、当サイトでオススメする新電力プランの300kWh超の単価は21%~24%以上も割安になるからね!
イメージ画像

電気代の一括比較シミュレーター

四国電力のオール電化メニュー

切り替え対象プランは各メニュー名をクリックしてください
でんかeプラン

でんかeプランの切り替えおすすめ新電力

清水
四国電力「でんかeプラン」からの乗り換えを想定した新電力には出光興産の電気(旧・出光昭和シェル)があります。
出光興産(オール電化プラン)
出光興産の『オール電化プラン』の基本料金は、でんかeプランの”でんか割”(10%割引)適用時よりも110円安く設定されています。(電力量単価は同額です)
月100LまでShellのガソリンや軽油が2円/L割引、電気自動車の場合は電気代が月200円引きになるカーオプションも附帯しており、わずかながらも確実なコストダウンに役立ちます。

出光興産の電気料金単価比較表

四国電力(でんかeプラン)と出光興産(オール電化プラン)の単価比較表
区分 四国電力
でんかeプラン
出光興産
オール電化プラン
基本料金/月
(1)
契約電力10kWまで
※基本料金には下記の電力使用量が含まれます
・平日昼間の月70kWhまで
・夜間と休日の月240kWhまで
8,637.04円
※でんか割の適用時は
7,773.34円
7,663.34円
(1.4%~11.2%安)
10kWを超える1kWにつき
562.22円
※でんか割の適用時は
506円
495円
(2.1%~11.9%安)
電力量料金
(2)
平日昼間
70kWhを超える1kWhにつき
32.49円
※でんか割の適用時は
29.24円
29.24円
夜間・休日
240kWhを超える1kWhにつき
21.64円
※でんか割の適用時は
19.48円
19.47円
IH割引 割引対象額((1)+(2)) ×5% なし
エコキュート割引 割引対象額((1)+(2)) ×5% なし
でんか割引 割引対象額((1)+(2)) ×10% なし
(注)実際の電気料金にはどちらも電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます
平日昼間:平日9時〜23時(14h)
夜間:平日23時〜翌9時(10h)
休日:終日
※休日は以下の日に該当します
土曜、日曜、祝日、1月2日、1月3日、4月30日、5月1日、5月2日、12月30日、12月31日
あわせて読みたい関連記事
オール電化住宅イメージオール電化でも乗り換えると電気代が安くなる新電力会社の一覧
でんかeマンションプラン

でんかeマンションプランの切り替えおすすめ新電力

清水
四国電力「でんかeマンションプラン」からの乗り換えを想定した新電力には、HISでんき『ぜんぶでんき』(オール電化プラン四国)があります。
HISでんき(オール電化プラン四国)
HISでんき
HISでんきの『オール電化プラン四国』は「でんかeマンションプラン」と比べて、契約電力10KWまでの基本料金と昼夜の電力量単価がそれぞれ11%割安に設定されています。
そのため四電のでんか割(10%割引)が適用されている場合でも、HISでんきに乗り換えた方が実際の電気代は若干ですがお得になります。
なお、同プランはマンションだけに限らず、戸建住宅でも利用できます。

HISでんきの口コミ情報

四電(でんかeマンションプラン)とHISでんき(オール電化プラン四国)の料金単価比較表
区分 四国電力
でんかeマンションプラン
HISでんき
ぜんぶでんき(オール電化プラン四国)
基本料金/月
(1)
契約電力10kWまで
1,344.44円
※でんか割の適用時は
1,210円
1196.55円
(11%安)
10kWを超える1kWにつき
415.56円
※でんか割の適用時は
374円
415.56円
電力量料金
(2)
平日昼間
1kWhにつき
34.97円
※でんか割の適用時は
31.47円
31.12円
(11%安)
夜間・休日
1kWhにつき
20.09円
※でんか割の適用時は
18.08円
17.88円
(11%安)
IH割引 割引対象額((1)+(2)) ×5% なし
エコキュート割引 割引対象額((1)+(2)) ×5% なし
でんか割引 割引対象額((1)+(2)) ×10% なし
(注)実際の電気料金にはどちらも電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます
平日昼間:平日9時〜23時(14h)
夜間:平日23時〜翌9時(10h)
休日:終日
※休日は以下の日に該当します
土曜、日曜、祝日、1月2日、1月3日、4月30日、5月1日、5月2日、12月30日、12月31日
こうた
契約電力が10KWを超える分の基本料金は割安にはなってないから、そこだけ注意してね。
あわせて読みたい関連記事
オール電化住宅イメージオール電化でも乗り換えると電気代が安くなる新電力会社の一覧
イメージ画像

世帯人数&生活スタイル別おすすめ

四国電力の旧オール電化メニュー(新規申し込みは不可)

切り替え対象プランは各メニュー名をクリックしてください
季節別時間帯別電灯

季節別時間帯別電灯の切り替えおすすめ新電力プランは?

清水
現時点では「季節別時間帯別電灯」と比べて、電気代が必ず安くなるような新電力会社はありません。
こうた
季節別時間帯別電灯は自由化になる前からある料金プランの一つで、新規受付はすでに終了してるよ。
一度でも別のプランに切り替えると、もう2度と元には戻れないから気をつけてね。
清水
電気代を削減するためには7時〜23時の時間帯の節電と、夏季(7月~9月)の電気の使い方に気をつけることが重要ですね。
四国電力「季節別時間帯別電灯」の料金単価表
区分 四国電力
季節別時間帯別電灯
基本料金/月
(1)
1契約につき10kVAまで 1,650円
上記をこえる1kVAにつき 506円
電力量料金
(2)
1kWhあたりの昼間単価 夏季 32.56円
その他季 27.14円
1kWhあたりの夜間単価 11.24円
通電制御型夜間蓄熱式機器割引額(3) 機器容量1kVAにつき
▲154円
5時間通電機器割引額(4) 機器容量1kVAにつき
▲220円
全電化住宅割引額 割引対象額((1)+(2)-(3)-(4))×10%
(注)実際の電気料金には電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます
昼間:7時〜23時(16h)
夜間:23時〜翌7時(8h)
夏季:7月1日~9月30日
その他季:10月1日~翌年6月30日
※全電化住宅割引額の上限は月3,300円まで
あわせて読みたい関連記事
オール電化住宅イメージオール電化でも乗り換えると電気代が安くなる新電力会社の一覧
時間帯別電灯

時間帯別電灯の切り替えおすすめ新電力プランは?

清水
今のところ「時間帯別電灯」からの切り替えを想定した新電力プランはありません。
こうた
時間帯別電灯は自由化になる前からある料金プランの一つで、新規受付はすでに終了してるよ。
一度でも別のプランに切り替えると、もう2度と元には戻れないから気をつけてね。
清水
電気代の削減は、とにかく7時〜23時の時間帯の節電に気をつけることが大事ですね。
四国電力「時間帯別電灯」の料金単価表
区分 四国電力
時間帯別電灯
基本料金/月 1契約につき10kVAまで 1,210円
上記をこえる1kVAにつき 374円
1kWhあたりの電力量単価 昼間 90kWhまで 22.39円
91~230kWhまで 29.67円
230kWh超 33.53円
夜間 11.24円
通電制御型夜間蓄熱式機器割引額 1kVAにつき
▲154円
5時間通電機器割引額 1kVAにつき
▲220円
(注)実際の電気料金には電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます
昼間:7時〜23時(16h)
夜間:23時〜翌7時(8h)
ピークシフト型時間帯別電灯

ピークシフト型時間帯別電灯の切り替えおすすめプランは?

清水
今のところ「ピークシフト型時間帯別電灯」からの切り替えを想定した他社プランはありません。
こうた
ピークシフト型時間帯別電灯は自由化になる前からある料金プランの一つで、新規受付はすでに終了してるよ。
一度でも別のプランに切り替えると、もう2度と元には戻れないから気をつけてね。
清水
電気代を削減するためには7時〜23時の時間帯の節電と、夏季の13時~16時の電気の使い方に気をつけることが大事ですね。
四国電力のピークシフト型時間帯別電灯の料金単価表
区分 四国電力
ピークシフト型時間帯別電灯
基本料金/月 1契約につき10kVAまで 1,210円
上記をこえる1kVAにつき 374円
1kWhあたりの電力量単価 ピーク時間 56.85円
昼間 90kWhまで 21.45円
91~230kWhまで 28.42円
230kWh超 32.12円
夜間 11.24円
通電制御型夜間蓄熱式機器割引額 1kVAにつき
▲154円
5時間通電機器割引額 1kVAにつき
▲220円
(注)実際の電気料金には電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます
ピーク時間:夏季の毎日13時~16時(3h)
昼間:7時〜23時(16h) ※ピーク時間を除く
夜間:23時〜翌7時(8h)
夏季:7月1日~9月30日
その他季:10月1日~翌年6月30日
スマートeプラン タイプL+

スマートeプラン(タイプL+)の切り替えおすすめは?

こうた
「スマートeプラン タイプL+」からの切り替え対象プランには、スマイルパワーの『すまいる電化プラン』があるよ。
清水
「すまいる電化プラン」は基本料金と昼間時間の90kWh超の電力量単価がスマートeプランよりも安価に設定されています。

スマイルパワーの料金単価比較表

四国電力のスマートeプラン(タイプL+)とスマイルパワーの電気料金単価比較表
区分 四国電力
スマートeプラン(タイプL+)
スマイルパワー
すまいる電化プラン
基本料金/月 1契約につき10kVAまで 1,210円 1,089円
(10%安)
上記をこえる1kVAにつき 374円 336.6円
(10%安)
1kWhあたりの電力量単価 昼間 40kWhまで 22.25円 22.25円
41~90kWhまで 29.49円 29.49円
90kWh超 38.34円 32.59円
(15%安)
朝夕 29.38円 29.38円
夜間 14.49円 14.49円
通電制御型夜間蓄熱式機器割引額 1kVAにつき
▲154円
なし
5時間通電機器割引額 1kVAにつき
▲220円
なし
(注)実際の電気料金にはどちらも電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます
昼間:9時〜17時(8h)
朝夕:17時〜23時(6h)
夜間:23時〜翌9時(10h)
イメージ画像
清水
それと、契約容量が6kVA未満で昼間の電力使用が多い方はシン・エナジーの【夜】生活フィットプランに乗り換えた方がお得になるケースもあります。
こうた
単価も平日休日の時間設定もぜんぜん違うから、どっちがお得になるか?判断は難しいんだけどね。
料金単価表を参考にシミュレーションしてみてね。
シン・エナジー(夜生活フィットプラン)
シン・エナジー
シン・エナジーは600社以上ある新電力の中でも電力販売量ランキングBEST30に入る実力企業です。
スマートeプラン(タイプL+)と比べると『夜生活フィットプラン』は基本料金が半額以下になり、夜間単価は高くなるものの、昼間の単価はそれ以上に安くなります。
夜間よりも昼間の電気使用が多いようなら、シン・エナジーに乗り換えるのも良いでしょう。

【夜】生活フィットプランの単価表

区分 シン・エナジー
【夜】生活フィットプラン
基本料金/月 1契約につき6kVAまで 409.44円
1kWhあたりの電力量単価 デイタイム 26.46円
ライフタイム 24.55円
ナイトタイム 18.31円
(注)実際の電気料金には電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます
デイタイム:平日9時〜18時(9h)
ライフタイム:平日8時~9時と18時~22時(計5h)および休日の8時~22時まで(14h)
ナイトタイム:毎日22時〜翌8時(10h)
※休日は以下の日に該当します
土曜、日曜、祝日、1月2日、1月3日、4月30日、5月1日、5月2日、12月30日、12月31日
スマートeプラン タイプH

スマートeプラン(タイプH)の切り替えおすすめは?

清水
現時点では「スマートeプラン タイプH」と比べて、電気代が必ず安くなる新電力プランはありません。
こうた
四電のスマートeプランは自由化になる前からあるオール電化住宅向けプランの一つで、新規受付はすでに終了してるよ。
一度でも別のプランに切り替えると、もう2度と元には戻れないから気をつけてね。
あわせて読みたい関連記事
オール電化住宅イメージオール電化でも乗り換えると電気代が安くなる新電力会社の一覧

四国電力その他の電気料金メニュー

切り替え対象プランは各メニュー名をクリックしてください
ホリデーeプラン

ホリデーeプランの切り替えおすすめ新電力は?

清水
残念ながら「ホリデーeプラン」の切り替えを想定した新電力プランはありません。
こうた
ホリデーeプランは2018年9月時点で新規受付を終了してるよ。
一度でも別のプランに切り替えると、もう2度と元には戻れないから気をつけてね。
清水
ホリデーeプランは平日の単価が高くなる代わりに、土日祝日の単価が安く設定されています。
生活スタイルが変わるなどして休日よりも平日の方が電気を多く使うようなら、四国電力に一度プラン見直しのシミュレーションを依頼してみて下さい。
四国電力ホリデーeプランの単価表
区分 四国電力
ホリデーeプラン
最低料金
最初の11kWhまで
356.4円
1kWhあたりの電力量単価 平日 12~80kWhまで 23.22円
81~200kWhまで 30.78円
200kWh超 34.78円
休日 18.76円
(注)実際の電気料金には電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます
※休日は以下の日に該当します
土曜、日曜、祝日、1月2日、1月3日、4月30日、5月1日、5月2日、12月30日、12月31日
深夜電力A・B、第2深夜電力

深夜電力A・B、第2深夜電力の切り替えおすすめプランは?

清水
残念ながら「深夜電力(A・B・第2深夜電力)」よりも電気代の安い新電力プランはありません。

深夜電力は自由化前からある料金プランの一つで、新規受付はすでに終了しています。

一度でも別のプランに切り替えると、2度と元には戻れないので気をつけてください。

あわせて読みたい参考記事

ただし、深夜電力と一緒に契約している従量電灯Aや従量電灯Bについては、深夜電力とは別に他社プランに変更できます。

従量電灯A/Bは四国電力エリア管内でも割高な電気契約になりますので、この機会に新電力プランへの変更をおすすめします。

再エネプレミアムプラン

再エネプレミアムプランの切り替えおすすめは?

清水
四電の『再エネプレミアムプラン』は、環境価値や環境保全などに関心のある方向けの料金メニューです。
こうた
再エネプレミアムプランは1kWhあたりの従量単価が従量電灯Aよりも2.2円高く設定されているよ。
それと燃料費調整制度による毎月の価格調整の適用もないからね。

電気料金単価の比較表

四国電力の再エネプレミアムプランと従量電灯Aの単価比較表
区分 四国電力
再エネプレミアムプラン
四国電力
従量電灯A
最低料金
最初の11kWhまで
822.8円
(100%高)
411.4円
1kWhあたりの電力量単価 12~120kWhまで 22.57円
(10.8%高)
20.37円
121~300kWhまで 29.19円
(8.1%高)
26.99円
300kWh超 32.7円
(7.2%高)
30.5円
(注)実際の電気料金には電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます
(注)再エネプレミアムプランには燃料費調整額の加算はありません
清水
ちなみに自然エネルギー発電を応援できる新電力プランは他社にも色々とあります。
たとえば自然電力の『SE100』も非化石証書を活用することで、100%自然エネルギー発電&CO2排出係数ゼロを実現しています。
あわせて読みたい参考記事
低圧電力

『低圧電力』は三相200ボルトで動力機(モーター)を使用する需要家向けの電気契約です。

低圧電力の切り替えおすすめ新電力プラン

こうた
四国電力の低圧電力よりも電気代が安くなる新電力には「Looopでんき」「まちエネ」があるよ。
Looopでんき(動力プラン)
Looopでんき
株式会社Looopの電力販売量の実績は数ある新電力会社の中でもトップクラス!(新電力BEST30入り)
Looopでんきの動力プランは1kWあたりの基本料金が、四国電力の低圧電力よりも約36%安く設定されています。
その代わり従量料金の単価は約22%高くなりますが、月間電力使用量(kWh数)が契約電力(kW数)を130倍した数を超えない限り、実際の電気代は四電よりも安く、節電するほどよりおトクになります。
Looopでんき「動力プラン」低圧電力をLooopの動力プランに変更した方が良い理由
まちエネ(低圧電力きほんプラン)
「まちエネ」は三菱商事と(株)ローソンの合弁会社であるMCリテールエナジーが運営する新電力サービスです。
まちエネの低圧電力きほんプランは四国電力の低圧電力と比べて1kWあたりの基本料金が5%安く設定されています。(電力量単価は四電と同額です)
電気代の削減メリットはわずかですが、電気代の支払い額1%分のPontaポイント還元やローソンの月替わり商品クーポンが毎月無料でもらえるといったメリットがあります。
まちエネTOPページキャプチャーまちエネ 電気料金プランのメリット&デメリット
清水
まちエネは三菱商事&LAWSONならではの特典が魅力ですね!
ちなみに、まちエネやLooopの電気契約は途中解約しても違約金や手数料などはかからないので安心して切り替えできますよ。

電気料金単価の比較表

四国電力の低圧電力とLooopでんき&まちエネの単価比較表
区分 四国電力
(低圧電力)
Looopでんき
(動力プラン)
まちエネ
(低圧電力きほんプラン)
基本料金/月 1kWにつき
1,116.5円
1kWにつき
710円
(36.4%安)
1kWにつき
1,060.68円
(5%安)
1kWhあたりの電力量単価(夏季) 15.8円 19.3円
(22.1%高)
15.8円
1kWhあたりの電力量単価(その他季) 14.36円 17.3円
(20.4%高)
14.36円
(注)実際の電気料金には上記の電力量単価に燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金の単価が加算されます
イメージ画像
清水
どちらを選ぶにしても、低圧電力を見直しする際には契約電力(KW数)と過去12ヶ月分の電力使用量(kWh数)からベストプランを判断しましょう。
低圧電力の電気料金一括比較シミュレーターをお試しください
低圧電力の電気料金一括比較シミュレーター低圧電力や動力プランの電気料金一括比較シミュレーター
イメージ画像
この記事の監修担当
南部修一
南部修一
※1974年生まれ 電力自由化、太陽光発電、再生可能エネルギー関連情報の広報を担当

四電以外の大手電力会社を乗り換える場合

清水
四国電力以外の大手電力会社の乗り換えおすすめ新電力は、以下のページを参考にしてください。
東京電力EP
東電からの乗り換えおすすめプラン【完全ガイド】
関西電力
関西電力からの乗り換えおすすめプラン【完全ガイド】
中電ミライズ
中部電力ミライズからの乗り換えおすすめプラン【完全ガイド】
九州電力
九州電力からの乗り換えおすすめプラン【完全ガイド】
東北電力
東北電力からの乗り換えおすすめプラン【完全ガイド】
北海道電力
北海道電力からの乗り換えおすすめプラン【完全ガイド】
中国電力
中国電力からの乗り換えおすすめプラン【完全ガイド】
北陸電力
北陸電力からの乗り換えおすすめプラン【完全ガイド】
沖縄電力
沖縄電力からの乗り換えおすすめプラン【完全ガイド】
【新電力PR 2021年下半期】いま注目の新電力会社BEST8
エルピオでんきのロゴ画像
エルピオでんき
シン・エナジー株式会社(旧洸陽電機)のロゴ画像
シン・エナジー
CDエナジーダイレクトのロゴ画像
CDエナジーダイレクト
東京ガスのロゴ画像
東京ガス
LOOOPでんきのロゴ画像
Looopでんき
リミックスでんきのロゴ画像
リミックスでんき
あしたでんき(TRENDE株式会社)のロゴ画像
あしたでんき
まちエネ(三菱商事&LAWSON)のロゴ画像
まちエネ
イメージ画像
記事URLとタイトルをコピーする

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA