電気料金シミュレーション

10Wの電気代はいくら?かんたん計算シミュレーター

電気代イメージ
スポンサーリンク
10ワットの家電って、電気代はいくらくらいになりますか?
簡単な計算方法とかあれば教えてください。
イメージ画像
この記事の監修担当
南部修一
南部修一
※1974年生まれ 電力自由化、太陽光発電、再生可能エネルギー関連情報の広報を担当
@246anbem(NPCプラン@LINEアカウント)
当ページの内容について疑問のある方は、最下段のコメント欄で気軽にご質問ください。
メールフォームやLINEなどでも無料相談に応じています。
スポンサーリンク

10Wの家電品の電気代

お住まいの電力エリアや、契約している料金プランによって実際の電気代は違ってはくるものの・・・
とりあえず電気料金の単価を27円/kWhと仮定すると、10Wワットの家電品を使用する際の電気代は1時間あたり0.27円になります。
24時間なら6.48円ですし、1ヶ月(30日)なら約194円という計算です。
清水
ちなみに消費電力10Wの家電にはLED照明やスマホ充電器、小型の空気清浄機などがあります。
NPCプランの電気代計算シミュレーターを使えば、他にもいろいろな電気代を確認できますよ。

家電品の電気代計算シミュレーター

家電のワット数は?
(1kW = 1,000W、0.1kW = 100Wです)
計算する家電の数は?
(同じものが複数あれば値を変更してください)
使用時間は?
電気料金のコスト単価は?
(当ページ中下段の「電気の単価はどこでわかる?」を参考にして下さい)
使用回数は?
(使用回数または使用日数を入力して下さい)
スポンサーリンク

電気代の計算方法について解説します

私たちの電気代は、消費電力量をあらわす「kWh数」から算出します。

こうた
「KWh数」って何?
清水
家電の”消費電力(出力)”は「Wワット」や「kWキロワット」という単位で表します。
(1kW= 1,000Wワットです)
でも、実際に消費する”電力量”については「Whワットアワー」や「kWhキロワットアワー」といった単位になるんですよ。
たとえば10Wワットの家電品の消費電力は0.01kWキロワットと言い換えることができますので、消費電力0.01kWの家電を1時間使用すると、その電力使用量は
0.01kW × 1時間(hour) = 0.01kWhキロワットアワーになります。
そして電力会社の1kWhあたり電力量単価を27円と仮定すると、10ワットの家電を1時間使用した電気代は
0.01kWh × 27円 = 『0.27円』という計算結果になるわけです。
あわせて読みたい参考記事:kWh(キロワットアワー)って何?

各家電品の電気代の計算例

32V型液晶テレビ(約60W)
テレビ
3時間使用した電気代は
0.06kW × 3時間 × 27円 =「4.86円」
ドライヤー(約1,200W)
ドライヤー
3分間使用した電気代は
1.2kW × 3/60時間 × 27円 =「1.62円」
電子レンジ(約1,000W)
電子レンジ
30秒使用した電気代は
1kW × 30/3600時間 × 27円 ≒「0.23円」
ホットカーペット(約500W)
ホットカーペット
8時間使用した電気代は
0.5kW × 8時間 × 27円 ≒「108円」

電気の単価はどこでわかる?

こうた
電気料金の単価はなんで27円なの?
それってどこでわかるのかな?

先ほどの計算例では、全国家庭電気製品公正取引協議会が発表している新電力料金目安単価の27円/kWhを採用していますが・・・

ただし実際の電気料金の単価は、お住まいの電力エリアや契約している電力会社の料金メニューによってまったく異なります。

あわせて読みたい参考記事

一般家庭向けのオーソドックスな電気料金メニュー「従量電灯」の場合だと月間の電気使用量が増えるにつれ3段階で電力量単価が変動するため、どの単価にすれば良いのか?迷ってしまう方もいるでしょう。

また、従量電灯プランでは毎月の基本料金もかかります。

ですから「コスト単価」でシミュレーションした方が、より実際に近い電気代を算出できます。

スポンサーリンク

電気料金のコスト単価は?

一般家庭における月間の平均電力使用量を370kWh、契約容量を30アンペア(または6kVA未満)と仮定した従量電灯プランのコスト単価は以下の通りです。

電力会社と料金メニュー名 1kWhあたりのコスト単価
北陸電力株式会社
従量電灯B
22.75円
(再エネ賦課金込みで26.2円
九州電力株式会社
従量電灯B
24.22円
(再エネ賦課金込みで27.67円
関西電力株式会社
従量電灯A
24.62円
(再エネ賦課金込みで28.07円
中国電力株式会社
従量電灯A
25.74円
(再エネ賦課金込みで29.19円
四国電力株式会社
従量電灯A
26.01円
(再エネ賦課金込みで29.46円
東北電力株式会社
従量電灯B
26.56円
(再エネ賦課金込みで30.01円
中部電力ミライズ株式会社
従量電灯B
26.93円
(再エネ賦課金込みで30.38円
東京電力エナジーパートナー株式会社
従量電灯B
27.43円
(再エネ賦課金込みで30.88円
沖縄電力株式会社
従量電灯
27.53円
(再エネ賦課金込みで30.98円
北海道電力株式会社
従量電灯B
31.89円
(再エネ賦課金込みで35.34円
(※)平均コスト単価ではなく従量電灯(A/B)の電気料金単価を知りたい方は、こちらを参考にどうぞ↓↓↓

なお、実際の電気料金には電力使用量に応じて再生可能エネルギー発電促進賦課金(本年度は1kWhあたり3.45円)が加算されるほか、燃料費調整制度による毎月ごとの単価調整もあります。

そのためコスト単価に対し、さらに燃料費調整額単価を加算した方が実際の電気料金により近い結果になります。
各エリアの燃料費調整額単価の一覧表はこちら

電気料金の計算方法は意外と複雑ですが、NPCプランのシミュレーターでは様々な電気代を簡単にチェックできますので、皆さまの生活の中でぜひご活用ください。

家電品の電気代計算シミュレーター

スポンサーリンク
あわせて読みたい参考記事

その他の電気代シミュレーター

全国の電力会社の電気代を比較できるシミュレーター↓↓↓
各社の12ヶ月分それぞれの電気代を比較するならこちら↓↓↓
最大80万円の補助金がもらえる!再エネ100%電力プランの比較シミュレーター↓↓↓
比較シミュレーションが面倒な人はこちら↓↓↓
スポンサーリンク

電気料金比較シミュレーターのご案内

正確さNo.1シミュレーション
当サイトでは全国の電力会社100社以上の従量電灯プランや低圧電力の電気料金を確認できます。
(ご利用は無料、メールアドレスなど個人情報の入力は一切不要です)
NPCプランのシミュレーターには2022年2月~2023年1月検針分の燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金(そくしんふかきん)が含まれます。
そのため今月と来月そして過去10ヶ月の実際の電気代を正確に一括(いっかつ)比較できます。

電気代比較サービス

記事URLとタイトルをコピーする

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。