沖縄本島

沖縄電力 切り替えおすすめ新電力プラン【完全ガイド2023】

沖縄電力からの乗り換えおすすめプラン【完全ガイド】
このページでは沖縄電力株式会社の一般向け電気料金メニューを対象に、切り替えによって電気代が安くなる新電力プラン(または最適なプラン)を案内しています。
沖縄本島における一般家庭および小規模事業所向け料金プランの見直しや、電力会社の乗り換え時の参考にしてください。
各メニュー名をクリックすると、それぞれの切り替え対象プランと単価比較表を確認できます。
そもそも新電力ってなに?その定義は?
そもそも新電力ってなに?その定義は?
新電力会社のメリット&デメリットとは?
新電力会社のメリット&デメリット

沖縄電力の従量電灯メニュー

各メニュー名をクリックしてください
従量電灯
沖縄電力の『従量電灯』は、同時に使用する電気の最大需要容量が50kW(キロワット)未満の範囲であれば、個人法人問わず誰でも利用できるオーソドックスな電気料金メニューです。

従量電灯の切り替えおすすめ新電力プランは?

こうた
従量電灯よりも電気代が安くなる新電力プランには、同じ沖縄電力のグッドバリュープランとか、沖縄ガスニューパワーの従量電灯があるよ。
だけど、電気料金はどっちも大して変わらないんだよね。。
清水
ひと月の電気代が3万円を超えるような家庭でも、グッドバリュープランは約2%、沖縄ガスニューパワーは約1%ほど安くなる程度です。
月1万円以下の家庭だと、わずか1%(100円)も変わらないですね。。

沖縄電力と沖縄ガスニューパワーの従量電灯の単価比較表

区分 沖縄電力
従量電灯
沖縄電力
グッドバリュープラン
沖縄ガスニューパワー
従量電灯
最低料金
最初の10kWhまで
640.75円 640.75円 590.75円
(50円安)
1kWh(キロワットアワー)あたりの電力量単価 11~120kWhまで 40.07円 40.07円 40.07円
121~300kWhまで 45.61円 45.13円
(1%安)
45.61円
300kWh超 47.59円 46.46円
(2.3%安)
47.09円
(1%安)
燃料費調整額
(12月検針分)
10kWhまで-148.53円
以降は-14.86円/kWh
10kWhまで-148.53円
以降は-14.86円/kWh
10kWhまで-148.53円
以降は-14.86円/kWh
割引 ・口座振替割引(▲55円/月)あり
・ちゅらクック割引(電化厨房住宅割引 最大▲550円/月)あり
ちゅらクック割引(電化厨房住宅割引 最大▲550円/月)あり とくになし
(注)実際の電気料金にはどちらも電力使用量(kWh数)に応じて再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます

2023年度はLooopでんきが安い!

清水
グッドバリュープランや沖縄ガスニューパワーの電気代は従量電灯とほとんど変わらないですけど、、
じつはLooopでんきなら、従量電灯やグッドバリュープランよりも5%~10%以上安くなることもあります。
Looopでんき(スマートタイムONE)
Looopでんき
Looopでんきは700社以上ある小売電気事業者の中でも、BEST30の販売量を誇る人気新電力です。
株式会社Looopは沖縄電力エリアで唯一、市場連動型ダイナミックプライシングの一般向け電気料金プラン(スマートタイムONE)を提供しており、30分毎に変動する電力量単価は春秋には驚くほど安くなることもあります。
契約手数料や解約違約金などの不利な条件は一切なく、誰でも安心して利用できます。

Looopでんきの口コミ情報

Looopでんきと沖縄電力の単価比較表

区分 Looopでんき
スマートタイムONE
沖縄電力
従量電灯
沖縄電力
グッドバリュープラン
最低料金
最初の10kWhまで
最低料金なし
電力量単価はJEPXのエリアプライスに比例して30分毎に変動します
640.75円 640.75円
1kWh(キロワットアワー)あたりの電力量単価 11~120kWhまで 40.07円 40.07円
121~300kWhまで 45.61円 45.13円
300kWh超 47.59円 46.46円
燃料費調整額
(12月検針分)
なし 10kWhまで-148.53円
以降は-14.86円/kWh
10kWhまで-148.53円
以降は-14.86円/kWh
割引 とくになし ・口座振替割引(▲55円/月)あり
・ちゅらクック割引(電化厨房住宅割引 最大▲550円/月)あり
ちゅらクック割引(電化厨房住宅割引 最大▲550円/月)あり
(注)実際の電気料金にはどちらも電力使用量(kWh数)に応じて再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます
こうた
一つ注意点として、市場連動型プランの電気代は夏とか冬になると高くなりがちだから、その時期だけは毎月の料金チェックを忘れないようにね。

Looopでんきや沖縄電力の各月の実際の支払い額がわかる!

グッドバリュープラン
グッドバリュープラン』は、電気の最大需要容量が50kW(キロワット)未満の範囲で利用できる、沖縄電力の新自由料金メニューの一つです。
従量電灯」と比べると2段目の電力量単価が1%、3段目が2.3%割安になりますが、口座振替割引(月額▲55円)の適用はありません。

グッドバリュープランの切り替えおすすめ新電力は?

こうた
グッドバリュープランからの切り替えで、かならず電気代が安くなる新電力プランは見当たらないね。
どのプランも月々の電気使用量kWh(キロワットアワー)数)によって安くなることもあれば、高くなることもあるからね。
清水
とはいえ、今のところ「Looopでんき」の料金水準はグッドバリュープランよりも3%~7%以上安くなってますよ!(2023年11月現在)
Looopでんき(スマートタイムONE)
Looopでんき
Looopでんきは700社以上ある小売電気事業者の中でも、BEST30の販売量を誇る人気新電力です。
株式会社Looopは沖縄電力エリアで唯一、市場連動型ダイナミックプライシングの一般向け電気料金プラン(スマートタイムONE)を提供しており、30分毎に変動する電力量単価は春秋には驚くほど安くなることもあります。
契約手数料や解約違約金などの不利な条件は一切なく、誰でも安心して利用できます。

Looopでんきの口コミ情報

Looopでんきと沖縄電力の単価比較表

区分 Looopでんき
スマートタイムONE
沖縄電力
グッドバリュープラン
最低料金
最初の10kWhまで
最低料金なし
電力量単価はJEPXのエリアプライスに比例して30分毎に変動します
640.75円
1kWh(キロワットアワー)あたりの電力量単価 11~120kWhまで 40.07円
121~300kWhまで 45.13円
300kWh超 46.46円
燃料費調整額
(12月検針分)
なし 10kWhまで-148.53円
以降は-14.86円/kWh
割引 とくになし ちゅらクック割引(電化厨房住宅割引 最大▲550円/月)あり
(注)実際の電気料金にはどちらも電力使用量(kWh数)に応じて再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます
こうた
ただ、市場連動型プランの電気代は夏とか冬になると高くなりがちだから、その時期だけは毎月の料金チェックを忘れないようにね。

Looopでんきや沖縄電力の各月の実際の支払い額がわかる!

従量電灯plus
従量電灯plus』は、電気の最大需要容量が50kW(キロワット)未満の範囲で利用できる、沖縄電力の新自由料金メニューの一つです。
従量電灯plusの料金単価は「従量電灯」と同額ですが、沖縄電力WEB会員サイト「おきでんmore-E」内にて、毎月の電気代200円(再エネ賦課金を除く)につき1ポイントが貯まります(約0.5%還元)

従量電灯plusの切り替えおすすめ新電力は?

清水
従量電灯plusの料金設定は、従量電灯とまったくの同額です。
そのため切り替え対象プランは、以下を参考にしてください。
≫従量電灯の切り替えおすすめ新電力
プレミアムバリュープラン
プレミアムバリュープラン』は、月間の電気使用量400kWh(キロワットアワー)までが定額料金(17,506.3円)、月400kWhを超える分は比較的安価な従量課金となる料金プランです。
プレミアムバリュープランは月々の電気使用量がかならず400kWhを超えている需要家にとっては、お得なプランです。
ただし400kWhを下回る月があると、その月はいくら節電したところで節約にはつながりません。その点あらかじめご留意ください。

プレミアムバリュープランの切り替えおすすめ新電力は?

こうた
プレミアムバリュープランからの切り替えを想定した新電力プランは、今のところ見当たらないね。
清水
「Looopでんき」に限って言えば、プレミアムバリュープランよりもお得になることは多いんですけどね。
それでも夏冬は高くなることもありますから、まずはNPCプランのシミュレーションで比較してみましょう。

沖縄電力やLooopでんきの各月の実際の支払い額がわかる!

沖縄電力のオール電化メニュー

各メニュー名をクリックしてください
時間帯別電灯
時間帯別電灯』は電気給湯器等(電気温水器やエコキュートなど)を設置している一般家庭向けの電気料金プランです。
夜間時間(23時~翌7時)の電力量単価は比較的安くなりますが、昼間時間(7時~23時)の単価は月間の電気使用量kWh(キロワットアワー)数)が増えるに従い、3段階で割高になる特徴があります。

時間帯別電灯の切り替えおすすめプランは?

時間帯別電灯からの切り替えを想定した他社プランは、今のところ見当たりません。
ですが、7時~23時の電気使用量だけで毎月500kWh(キロワットアワー)を超えるような家庭では、同じ沖縄電力の「Eeホームフラット」に切り替えたほうがお得になるケースもあります。

Eeホームフラットと時間帯別電灯の単価比較表

区分 Eeホームフラット 時間帯別電灯
基本料金/月 1,717.1円 925.1円
1kWh(キロワットアワー)あたりの電力量単価 昼間時間 46.19円 90kWhまで 43.63円
91~230kWhまで 50.06円
230kWh超 52.35円
生活時間
夜間時間 28.66円 29.53円
燃料費調整額
(12月検針分)
1kWhにつき
-14.86円
1kWhにつき
-14.86円
割引 ・Eeプラン割引
(全電化割引)
※基本料金+電力量料金から10%割引
・5時間通電機器割引
※1kWにつき220円割引
・通電制御型夜間蓄熱式機器割引
※1kWにつき165円割引
(注)実際の電気料金にはどちらも電力使用量(kWh数)に応じて再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます
昼間時間は平日(月~金)の10時~17時まで
生活時間は平日7時~10時と17時~23時ならびに休日7時~23時
夜間時間は毎日23時~翌7時
夏季は7月1日~9月30日まで
Eeプラン割引(全電化割引)の上限額は3,300円/月
清水
それと、昼間時間の電気使用量がそこまで多くなくても、給湯・厨房・冷暖房すべての住宅設備をオール電化にするなら、「Eeホームフラット」か「Eeホームホリデー」に切り替えるのもアリですね。
Eeホームホリデー
Eeホームホリデー』は電気給湯器等(電気温水器やエコキュートなど)の設置があり、平日(月曜~金曜)昼間時間(10時~17時)の電気使用量kWh(キロワットアワー)数)が比較的少ない需要家向けの季節別・時間帯別料金プランです。

Eeホームホリデーの切り替えおすすめプランは?

Eeホームホリデーからの切り替えを想定した他社プランは、現時点ではありませんが、、
オール電化住宅ではなく、かつ7時~23時の電気使用量が毎月およそ250kWh(キロワットアワー)以内に収まるような家庭では、同じ沖縄電力の「時間帯別電灯」に切り替えたほうがお得になります。

Eeホームホリデーと時間帯別電灯の単価比較表

区分 Eeホームホリデー 時間帯別電灯
基本料金/月 1,717.1円 925.1円
1kWh(キロワットアワー)あたりの電力量単価 昼間時間 52.92円
(夏季は56.41円)
90kWhまで 43.63円
91~230kWhまで 50.06円
230kWh超 52.35円
生活時間 44.24円
夜間時間 28.66円 29.53円
燃料費調整額
(12月検針分)
1kWhにつき
-14.86円
1kWhにつき
-14.86円
割引 ・Eeプラン割引
(全電化割引)
※基本料金+電力量料金から10%割引
・5時間通電機器割引
※1kWにつき220円割引
・通電制御型夜間蓄熱式機器割引
※1kWにつき165円割引
(注)実際の電気料金にはどちらも電力使用量(kWh数)に応じて再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます
昼間時間は平日(月~金)の10時~17時まで
生活時間は平日7時~10時と17時~23時ならびに休日7時~23時
夜間時間は毎日23時~翌7時
夏季は7月1日~9月30日まで
Eeプラン割引(全電化割引)の上限額は3,300円/月
清水
オール電化住宅以外で「Eeホームフラット」を契約している方は、まずは昼間時間(平日10時~17時)や生活時間(平日昼間時間をのぞく7時~23時)の電気使用量kWh(キロワットアワー)数)を確認してみましょう。
Eeホームフラット
Eeホームフラット』は電気給湯器等(電気温水器やエコキュートなど)の設置があり、平日(月曜~金曜)の昼間時間(10時~17時)に比較的多くの電気を使用している需要家向けの季節別・時間帯別料金プランです。

Eeホームフラットの切り替えおすすめプランは?

Eeホームフラットからの切り替えを想定した他社プランは、現時点ではありませんが、、
各自の電気の使い方や生活スタイルによっては、同じ沖縄電力の「Eeホームホリデー」に切り替えたほうが良いケースもあります。
また、オール電化ではない家庭では「時間帯別電灯」に切り替えたほうがお得になることもあります。

沖縄電力のオール電化向けプラン単価比較表

区分 Eeホームフラット Eeホームホリデー 時間帯別電灯
基本料金/月 1,717.1円 1,717.1円 925.1円
1kWh(キロワットアワー)あたりの電力量単価 昼間時間 46.19円 52.92円
(夏季は56.41円)
90kWhまで 43.63円
91~230kWhまで 50.06円
230kWh超 52.35円
生活時間 44.24円
夜間時間 28.66円 28.66円 29.53円
燃料費調整額
(12月検針分)
1kWhにつき
-14.86円
1kWhにつき
-14.86円
1kWhにつき
-14.86円
割引 ・Eeプラン割引
(全電化割引)
※基本料金+電力量料金から10%割引
・Eeプラン割引
(全電化割引)
※基本料金+電力量料金から10%割引
・5時間通電機器割引
※1kWにつき220円割引
・通電制御型夜間蓄熱式機器割引
※1kWにつき165円割引
(注)実際の電気料金にはどちらも電力使用量(kWh数)に応じて再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます
昼間時間は平日(月~金)の10時~17時まで
生活時間は平日7時~10時と17時~23時ならびに休日7時~23時
夜間時間は毎日23時~翌7時
夏季は7月1日~9月30日まで
Eeプラン割引(全電化割引)の上限額は3,300円/月
清水
もし昼間時間の電気使用量を減らす工夫ができるなら、「Eeホームホリデー」または「時間帯別電灯」への切り替えを検討してみるのも良いでしょう。

各プランの電気料金を月ごとに一括比較できる!

沖縄電力の旧オール電化メニュー(新規申し込みは不可)

各メニュー名をクリックしてください
Eeらいふ
Eeらいふ』は電気給湯器等(電気温水器やエコキュートなど)を設置している一般家庭向けの季節別・時間帯別料金プランです。
このプランは2017年3月31日をもって新規申し込みの受付を終了しています。

Eeらいふの切り替えおすすめプランは?

Eeらいふからの切り替えを想定した他社プランは、現時点ではありませんが、、
それぞれの電気の使い方や生活スタイル、および住宅設備によっては、同じ沖縄電力の「Eeホームホリデー」や「Eeホームフラット」または「時間帯別電灯」に切り替えたほうがお得になることもあります。

沖縄電力のオール電化向けプラン単価比較表

区分 Eeらいふ Eeホームホリデー Eeホームフラット
基本料金/月 1,717.1円 1,717.1円 1,717.1円
1kWh(キロワットアワー)あたりの電力量単価 昼間時間 53.79円
(夏季は57.28円)
52.92円
(夏季は56.41円)
46.19円
生活時間 44.55円 44.24円
(0.7%安)
夜間時間 29.53円 28.66円
(2.9%安)
28.66円
(2.9%安)
割引
・5時間通電機器割引
※1kWにつき220円割引
・通電制御型夜間蓄熱式機器割引
※1kWにつき165円割引
・Eeプラン割引
(全電化割引)
※基本料金+電力量料金から10%割引
・Eeプラン割引
(全電化割引)
※基本料金+電力量料金から10%割引
・Eeプラン割引
(全電化割引)
※基本料金+電力量料金から10%割引
(注)実際の電気料金には電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます
昼間時間は平日(月~金)の10時~17時まで
(※)Eeらいふの昼間時間は月~土の10時~17時まで(土曜も平日扱いになります)
生活時間は平日7時~10時と17時~23時ならびに休日7時~23時
夜間時間は毎日23時~翌7時
夏季は7月1日~9月30日まで
Eeプラン割引(全電化割引)の上限額は3,300円/月
清水
「Eeらいふ」には電気温水器またはエコキュートのオプション割引が適用されることに対し、「Eeホームホリデー」と「Eeホームフラット」にその割引はありません。
そのかわり、土曜日も休日扱いになり、電力量単価もEeらいふと比べてやや安く設定されています。(Eeらいふでは土曜日は平日扱いになります)
こうた
だけど、Eeらいふは別のプランに切り替えると2度と元には戻せないからね。
切り替えを検討するなら、まずは沖縄電力に相談したほうが良いよ。
あわせて読みたい参考記事
深夜電力A/B

深夜電力A・Bの切り替えおすすめプランは?

清水
深夜電力」から切り替えできる他社プランはありません。
こうた
深夜電力A・Bは自由化前からある電気料金プランの一つで、新規受付はすでに終了してるんだよね。
一度でも契約を止めると2度と元には戻せないから気をつけてね。
あわせて読みたい参考記事
ただし、深夜電力A/Bとは別に「従量電灯」や「グッドバリュープラン」などを契約している場合、それらについては新電力会社の料金プランへの切り替えも可能です。
イメージ画像
この記事の監修担当
SFP

新エネルギーメディア事業部 編集班
小売電気事業・都市ガス小売事業・太陽光発電事業・家庭向け蓄電池販促事業などの広報を担当
NPCプランイメージイラスト
当ページの内容について疑問のある方は、最下段のコメント欄またはメールフォームから気軽にご質問ください。
事業所や一般家庭を対象に、電気やガスの切り替えに関する有料相談にも応じています。
本気(マジ)でお得な切り替え先案内サービスはこちら(5,000円/1件)

沖電以外の大手電力会社から乗り換える場合

清水
沖縄電力以外の大手電力会社からの乗り換えおすすめ新電力プランは、以下のページを参考にしてください。
東京電力EP
東電からの乗り換えおすすめプラン【完全ガイド】
関西電力
関西電力からの乗り換えおすすめプラン【完全ガイド】
中電ミライズ
中部電力ミライズからの乗り換えおすすめプラン【完全ガイド】
東北電力
東北電力からの乗り換えおすすめプラン【完全ガイド】
九州電力
九州電力からの乗り換えおすすめプラン【完全ガイド】
北海道電力
北海道電力からの乗り換えおすすめプラン【完全ガイド】
中国電力
中国電力からの乗り換えおすすめプラン【完全ガイド】
四国電力
四国電力からの乗り換えおすすめプラン【完全ガイド】
北陸電力
北陸電力からの乗り換えおすすめプラン【完全ガイド】
正確さNo.1シミュレーション
当サイトでは全国の電力会社100社以上の従量電灯や低圧電力、そして全国5エリアの都市ガスメニューそれぞれの実際の支払い額を月ごとに比較チェックできます。
(ご利用は無料、メールアドレスなど個人情報の入力は一切不要です)
NPCプランのシミュレーターには2023年1月~2023年12月検針分の燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金(そくしんふかきん)が含まれます。
そのため今月と来月そして過去10ヶ月の実際の電気代や都市ガス料金を正確に一括(いっかつ)比較できます。

電気ガス比較サービス

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です