おすすめ電力会社

初めての引っ越し|電気ガス会社はどこが良い?【おすすめガイド2022】

初めての引っ越し
この記事の監修担当
南部修一
南部修一
※1974年生まれ 電力自由化、太陽光発電、再生可能エネルギー関連情報の広報を担当
@246anbem(NPCプラン@LINEアカウント)
当ページの内容について疑問のある方は、最下段のコメント欄で気軽にご質問ください。
メールフォームやLINEでも相談に応じています。
記事URLとタイトルをコピーする

引っ越し先の電気とガス会社 一番のおすすめは?

電気や都市ガスの小売り販売は2016年と2017年にそれぞれ完全自由化されており、今ではさまざまな企業の電気&ガスプランを選べます。
(その企業数なんと650社以上!)

ただ、引っ越し前や引っ越したばかりで電気やガスをどれくらい使用するのか?

よく分からないのによく知らない企業と契約ごとを行うのは禁物です。

生活スタイルがまだ定まっていない時は、いきなり格安プランを選ぼうとはせずに、自由化前からある大手電力会社や大手ガス企業を利用しましょう。

(その詳しい理由は目次④「電気&ガス 格安プラン選びの注意点」で解説しています)

そもそも新電力ってなに?その定義は?
そもそも新電力ってなに?その定義は?
新電力会社のメリット&デメリット
新電力会社のメリット&デメリット

不動産会社や管理会社のおすすめには注意!

引っ越しの際には、不動産会社や引っ越し業者などの代理店から聞いたことのない新電力やガス会社を勧められることもあると思います。

お得なキャッシュバック特典があるとか、インターネットとセットで安くなるなどと言ってきますが、そういった目先の特典に惑わされないように気をつけてください。

あわせて読みたい関連記事

不動産会社や物件の管理会社で勧められる新電力会社の中には契約手数料や解約時の手数料が設定されていたり
(※)一般的な電力&ガス会社では契約手数料や解約手数料などはありません

安くなると言っておきながら、使用量が少ない1人暮らし世帯だと、じつは大手よりも高くなるようなところが少なくありません。
(※)新電力会社から紹介料をもらうために平気でウソをつく営業マンもいます

はじめは大手の電力&ガス会社がおすすめ

どれほど「安い!お得!」と言ったところで、
電気やガスの使用量がさほど多くならない1人暮らし世帯などの支払い額は、大して変わらないのが実際です。

たとえば月の電気代が5,000円だとすると、大手と比較して月あたり50円とか、せいぜい100~200円安くなる程度です。

都市ガスの料金などは、それよりもっと代わり映えしません。

清水
ただし生活スタイルに見合った格安新電力プランを選ぶことで、1人暮らしでも月500円以上安くなることはあります。
そういった格安プランを知りたい方は、この後に案内する目次③「少しでも安いところを選ぶなら?」をご覧ください。

繰り返しになりますが、初めての引っ越しで生活パターンも決まっておらず、おおよその使用量もわからない時点では、新興の企業ではなく大手企業を選んだ方が無難です。

電気やガスの契約ごとはよくわからないという人でも、自由化前からある大手電力&ガス会社ならトラブルになるリスクはほとんどありません。

2月~4月の春季は引っ越し応援キャンペーンもありますので、まず初めは大手の電力&ガス会社を利用しましょう。

生活スタイルが定まり、大体の使用量を把握はあくできるようになってから、それに見合った新電力やお得な特典のある中小ガス販売会社をじっくり選ぶ

、、、これがベストです。

こうた
まずは大手の引っ越し応援キャンペーンでお得をゲット!
しばらく様子を見てから、新電力の乗り換えキャンペーンで特典をWゲット!!
賢い消費者の人たちはみんなそうしてるよ。
電力会社キャンペーン情報
大手電力10社キャンペーン一覧
新電力キャンペーン30社一覧
新電力30社キャンペーン一覧

3大都市圏の大手電力&ガス会社

東京・大阪・名古屋の3大都市圏に引っ越しされる方を対象に、
各エリアで安心して利用できる大手電力・ガス販売事業者をまとめてみました。

東京・関東エリアに引っ越しする場合

東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・茨城県・栃木県・群馬県に引っ越しされる方(またはすでにお住まいの方)は、以下の大手電力&大手ガス会社への申し込みを検討しましょう。

電気
東京電力エナジーパートナー株式会社
都市ガス
東京ガス株式会社
(注)東京ガスの管轄エリア外ではニチガスなどになります
プロパンガス(LPガス)
引っ越し先の物件で指定されている販売店
(※)賃貸物件ではプロパンガス販売店を自由に選ぶことはできません

なお、東京電力エナジーパートナーと東京ガスはそれぞれに”電気と都市ガスのセットプラン”を用意していますが、どちらを選んでも総合的なお得レベルはさほど変わりません。

あわせて読みたい参考記事

大阪・関西エリアに引っ越しする場合

大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県の近畿2府4県と、岡山県の一部地域に引っ越しされる方(またはすでにお住まいの方)は、以下の大手電力&大手ガス会社への申し込みを検討しましょう。

電気
関西電力株式会社
都市ガス
大阪ガス株式会社
プロパンガス(LPガス)
引っ越し先の物件で指定されている販売店
(※)賃貸物件ではプロパンガス販売店を自由に選ぶことはできません

なお、関西電力と大坂ガスはそれぞれに”電気と都市ガスのセットプラン”を用意していますが、一般的な賃貸住宅では関西電力のセットプランの方がよりお得な内容です。

電気と都市ガスをセットでまとめるなら、関西電力の”なっトクパック”を選びましょう。↓↓↓

(注)ただし、ガス温水床暖房やハウス空調、エネファームなどの専用ガス機器がある住宅では、大阪ガスのガスプランが最安になります

名古屋・中京エリアに引っ越しする場合

愛知県、三重県、岐阜県に引っ越しされる方(またはすでにお住まいの方)は、以下の大手電力&大手ガス会社への申し込みを検討しましょう。

電気
中部電力ミライズ株式会社
都市ガス
東邦ガス株式会社
(注)東邦ガスの管轄エリア外では大垣ガスやサーラエナジーなどになります
プロパンガス(LPガス)
引っ越し先の物件で指定されている販売店
(※)賃貸物件ではプロパンガス販売店を自由に選ぶことはできません

なお、中部電力ミライズと東邦ガスはそれぞれに”電気と都市ガスのセットプラン”を用意していますが、一般的な賃貸住宅では中部電力ミライズの”カテエネガスセット”の方がよりお得な内容です。

電気と都市ガスをセットでまとめるなら、東邦ガスのセットプランではなく中部電力ミライズを選びましょう。↓↓↓

中部電力ミライズの新生活応援ニャンペーン
(注)ただし、ガス温水床暖房や家庭用燃料電池(エネファーム)などがある住宅では、東邦ガスのガスプランおよびセットプランが最安になります

少しでも安いところを選ぶなら?

こうた
生活スタイルはもう決まってるし、おおよその使用量も分かってるから、
少しでも安いところを選びたいんだけど・・・
そういう時はどうすれば良いかな?

光熱費を少しでも安く抑えたい方は、大手電力会社や都市ガス販売大手ではなく「新電力」と呼ばれるエネルギー販売業者を選びましょう。

引っ越しでの新規申し込みに対応している新電力の中から、3大都市圏それぞれに最安水準となる電気&ガス料金プラン(※注)を厳選して紹介します。

(※注)1人暮らしや共働き世帯など、電気やガスの使用量が比較的少ない方を対象とした最安プランのご案内になります

1人暮らしでも損しない!おすすめ電力会社の選び方
1人暮らしにおすすめの電力会社と選び方
新電力の切り替えでいくら安くなる?
新電力の切り替えでいくら安くなる?

東京・関東エリアの格安プラン

 

東京電力エリアおよび東京ガスの供給地域(※)に引っ越しされる方には、以下の格安プランをお勧めします。

(※)東京ガス株式会社が規定する「東京地区等」に該当します
(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県それぞれの指定区域)

電気おすすめ(東京電力エリア版)

CDエナジーダイレクト(ベーシックでんき)
CDエナジーダイレクトは電気ガスそれぞれの業界2位となる中部電力と大阪ガスが合同出資する新電力企業です。
1人暮らしからファミリー世帯までどなたでも安心して利用でき、CDエナジー独自のプランや特典・サポート、キャンペーンなども充実しています。
あわせて読みたい参考記事
【完全解説】CDエナジーダイレクトの電気&ガスプランを徹底比較!【完全解説】CDエナジーダイレクトの電気&ガスプランを徹底比較!

都市ガスおすすめ(東京地区等)

レモンガス株式会社(わくわくプラン)
神奈川県に本社を構えるレモンガス株式会社「わくわくプラン」の都市ガス料金設定は関東エリア最安水準!(東京ガスの一般料金と比較して約5%ほど割安に設定されています)
さらに以下の専用フォームから新規申し込みすると12ヶ月の継続利用で最大1万円のキャッシュバック特典も!
あわせて読みたい参考記事

セットプランおすすめ(東京地区等)

CDエナジーダイレクト
電気と都市ガスをまとめるなら『CDエナジーダイレクト』のセットプランを選びましょう。
電気もガスも東京電力や東京ガスより安価になるだけでなく、独自特典やサポート、キャンペーンなども充実しています。
業界2位の中部電力と大阪ガスが合同出資する新エネルギー販売企業なので信頼性も申し分ありません。
あわせて読みたい参考記事

大阪・関西エリアの格安プラン

関西電力エリアおよび大阪ガスの供給地域(※)に引っ越しされる方には、以下の格安プランをお勧めします。
(※)大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県それぞれの指定区域

電気おすすめ(関西電力エリア版)

リミックスでんき(電気代割引プラン)
東京・六本木に本社を構える株式会社リミックスポイントの電気代割引プランは月々の使用量にかかわらず一律5%安くなり、1人暮らしの方にもお得な料金設定となっています。
リミックスポイントならではの仮想通貨付与プランにも注目です。
あわせて読みたい参考記事
1人暮らしイメージリミックスでんきは1人暮らしにもお得?デメリットは?
(注)ウクライナ侵攻などの世界情勢による燃料費高騰のあおりを受け、リミックスでんきは2022年4月7日より電気契約の新規受付を停止しています(再開日未定)
なお、電気温水器やエコキュート(電気給湯機)が設置されている電化住宅にお引越しの場合は、関西電力の「はぴeタイムR」に申し込みましょう。
(引っ越しの際に新規申し込みできるオール電化住宅向けプランは今のところ関西電力のみとなります)

都市ガスおすすめ(関西エリア版)

関電ガス(なっトクプラン)
関西エリアで選べる都市ガスプランには、大阪ガスの他にもミツウロコガスや大阪いずみcoopなどがありますが、現時点では関西電力の都市ガス(関電ガス・なっトクプラン)がもっとも安価になります。
(※)ただし、ガス温水床暖房やハウス空調、エネファームなどの専用ガス機器がある住宅では大阪ガスのガスプランが最安になります
なお、関西電力の都市ガスコラボプランには、eo光ユーザー向けの『関電ガス eo割』や、auユーザー向けの『関電ガス for au』もあります。

セットプランおすすめ(関西エリア版)

関西電力(なっトクパック)
電気や都市ガスの使用量がそれほど多くない1人暮らしや共働き世帯では、関西電力のセットプラン「なっトクパック」がもっともお得な内容になります。
電気と都市ガスをセットにするなら関西電力を選びましょう。↓↓↓
なお、eo光ユーザーの方には『関電ガス eo割』のセットプランもお勧めです。
あわせて読みたい参考記事

名古屋・中京エリアの格安プラン

中部電力エリアおよび東邦ガスの供給地域(※)に引っ越しされる方には、以下の格安プランをお勧めします。
(※)愛知県、岐阜県、三重県それぞれの指定区域

電気おすすめ(中部電力エリア版)

契約容量30アンペア以上の場合
リミックスでんき
リミックスでんきの電気契約メニューには、中部電力ミライズの従量電灯やカテエネポイントプランと比べて基本料金と従量料金が一律5%割引になる「電気代割引プラン」や、シンプルな一本単価で基本料金が無料の「基本料金0円使い得プラン」などがあります。
契約容量30~40アンペアの方は「電気代割引プラン」を、50~60アンペアの方には「基本料金0円使い得プラン」のご利用をお勧めします。
(注)ウクライナ侵攻などの世界情勢による燃料費高騰のあおりを受け、リミックスでんきは2022年4月7日より電気契約の新規受付を停止しています(再開日未定)
清水
リミックスでんきには他にも「仮想通貨付与プラン」といったユニークな電気契約もあります。
詳しくは解説記事を参考にしてください。
あわせて読みたい参考記事
リミックスでんきリミックスでんきの評判は?運営会社やサービス内容を詳しく解説!
仮想通貨付与プランまたは電気代割引プランの申し込みフォーム↓
基本料金0円使い得ファミリーorビジネスプランの申し込みフォーム↓
(※)注意点として、リミックスでんきには電化住宅向けのプランはありません(2021年4月時点)
エコキュート(電気給湯機)や電気温水器が設置されている電化住宅にお引越しの場合は、中部電力ミライズの「スマートライフプラン」に申し込みましょう。
引っ越しの際に新規申し込みできるオール電化住宅向けプランは今のところ中部電力のみになります。
契約容量20アンペア以下の場合
『まちエネ』(きほんプラン)
『まちエネ』は三菱商事と(株)ローソンの合弁会社のMCリテールエナジーが運営する新電力です。
きほんプラン利用客は毎月ごとにローソンの無料商品クーポンがもらえるほか、映画館の優待割引サービスや電気代の支払い額に応じてPontaポイントも貯まるなど(1%還元)、電気料金が安くなるだけでなく様々なメリットがあります。
あわせて読みたい参考記事
まちエネTOPページキャプチャーまちエネの電気契約のメリット&デメリットを徹底解説!
(注)ウクライナ侵攻などの世界情勢による燃料費高騰のあおりを受け、まちエネは3月17日より新規申し込みの受付を停止しています(再開日未定)
(注)まちエネにオール電化住宅向けのプランはありません(2021年4月時点)

【緊急情報】

ウクライナ侵攻や円安などの影響で原油や天然ガスの輸入価格が高止まりしているため新電力各社は経営状況がひっ迫し、次々と新規受付の停止や事業撤退に追い込まれています。
そしてついには電気契約の内容を変更し、料金の値上げに踏み切る新電力会社も現れ始めました。(楽天でんきやグランデータなど)
そこで以下のページ内で今後の値上げを発表している新電力会社と、そこからの避難先となる電力会社(≒小売電気事業者)の最新情報をまとめて紹介しています。参考にしてください。

都市ガスおすすめ(東邦ガスエリア)

ガスワン(都市ガスハッピープラン)
埼玉県に本社を構える株式会社サイサンの「ガスワン・都市ガスハッピープラン」は、ガス使用量があまり多くない単身世帯などにオススメです。
(東邦ガスの一般料金と比較して一律5.5%割安に設定されています)
安価な都市ガスプランには中部電力ミライズのカテエネガスやミツウロコガス、TOKAIガスなどもありますが、1人暮らしや共働き世帯にはガスワンが最安になります。

セットプランおすすめ(東邦ガスエリア)

中部電力ミライズ(カテエネガスセット)
電気や都市ガスの使用量がそれほど多くない1人暮らしや共働き世帯には、中部電力ミライズの”カテエネガスセット”がもっともお得な内容になります。
電気と都市ガスをセットにするなら、東邦ガスではなく中部電力ミライズを選びましょう。
なお、auユーザーの方には『auでんき+中電ガス for au』のセットプランもお勧めです。
(ただしauでんきと東邦ガスへの申し込みが必要です)

電気&ガス 格安プラン選びの注意点

引っ越しで新しく電力会社やガス会社を選ぶ際に、安いところを選べば安くなるわけではありません。

それは大きな誤解の元です。

正しくは「電気やガスの使用量、住んでいる地域や生活スタイルに見合ったプランを選ぶと安くなる」であり、

これを誤解している人は、代理店など営業マンの「安くなりますよ」という言葉を鵜呑みにして、実際には他社よりも高くなるプランを契約していたりもします。

詐欺営業のイメージ画像

繰り返しますが、電気やガスは必ずしも安いところを選べば安くなる、という単純なものではありません。

とくに電気は以下の5点に気をつけて選ぶ必要があります。

  1. お住まいの(引越し先の)地域
  2. 電化住宅 or 非電化住宅(電気給湯器の有無)
  3. 電気の契約容量(A数またはkVA数またはKW数)
  4. 月間電力使用量(kWh数)
  5. 契約種別(料金プランのタイプ)

不動産会社が勧めてくる新電力には注意しよう

お引越しをすると不動産会社や物件の管理会社から、電気ガス水道のライフラインの案内もありますが、

この時に聞いたことのない新電力会社や、〇〇〇でんきといったプランを案内されたときには注意が必要です。

仲介業者の「安くなる」などといった言葉は、安易に信じないように。

引越しの際に新電力会社を仲介するところで良い評判はまず見当たりません。

清水
一つの例として、Twitterで「グランデータ」という事業者を検索してみてください。
その悪評の多さにビックリすると思います。

そもそも不動産会社や管理会社は紹介手数料目当てに仲介しているだけであって

入居者にとって本当にメリットのある新電力プランを案内してくれるケースはほとんどありません。

電気やガスの契約ごとは他人任せにはせず、ご自分で選んだところに申し込みましょう。

あわせて読みたい参考記事

後から値上げされる心配は?

電気には「燃料費調整額単価」、ガスには「原料費調整制度」があり、どちらも料金単価の値上げや値下げを毎月ごとに実施しています。

新興企業の場合、燃料費調整額や原料費調整額の単価は各社で自由に設定できますが、これを大手企業と同額に設定しているところなら心配はいりません。

その場合は新興企業だけが値上げになるといった可能性は限りなく低いと思われます。

こうた
調整単価が同額になっていれば、毎月の価格変動も大手と同じだよ。
大手の値上げ幅よりも高くなることはないから安心してね。

また、自己都合でいつ解約しても、違約金や手数料などが発生しないこと。

そして「市場連動型プラン」ではなく固定単価型の料金プランであること。

こうした条件を満たしていれば不測の事態が起こっても、何か損をするようなことは原則ありえません。

万が一、急な値上げを発表されるようなことがあったとしても、無条件かつ速やかに、それよりも安価な他社プランに変更できます。

値上げ時のリスクがないプランの条件
  1. 燃料費調整額や原料費調整額が大手と同じであること
  2. 契約手数料や解約違約金やプラン変更手数料などがないこと
  3. 固定単価型の料金プランであること(市場連動型プランではないこと)

当ページで紹介している電力会社やガス会社のプランは(特に断りがない限り)上記の条件を満たしています。

清水
弊社(当サイト)では読者にとって、不利益になるような企業を紹介することは誓ってありません。
イメージ画像
【新電力PR 2022年上半期】いま注目の新電力会社BEST8
CDエナジーダイレクトのロゴ画像
CDエナジーダイレクト
東京ガスのロゴ画像
東京ガス
ドコモでんきのロゴ画像
ドコモでんき
LOOOPでんきのロゴ画像
Looopでんき
リミックスでんきのロゴ画像
リミックスでんき
まちエネ(三菱商事&LAWSON)のロゴ画像
まちエネ
ただいま広告募集中4 ただいま広告募集中5
記事URLとタイトルをコピーする

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。