北陸地方

北陸電力 切り替えおすすめ新電力プラン【完全ガイド2023】

北陸電力からの乗り換えおすすめプラン【完全ガイド】

当ページは各社の最新の料金改定をまだ反映していません。
ここに記載されている内容は、2024年夏頃までをめどに編纂(へんさん)しなおします。

それまで当ページの内容は2024年2月以前の過去情報として参考にしていただきますようお願いいたします。

このページでは北陸電力株式会社の一般向け電気料金メニューを対象に、切り替えによって電気代が安くなる新電力プラン(または最適なプラン)を案内しています。
石川県、富山県、福井県の嶺北と敦賀市、岐阜県の一部地域における一般家庭および小規模事業所向け料金プランの見直しや、電力会社の乗り換え時の参考にしてください。
各メニュー名をクリックすると、それぞれの切り替え対象プランと単価比較表を確認できます。
そもそも新電力ってなに?その定義は?
そもそも新電力ってなに?その定義は?
新電力会社のメリット&デメリットとは?
新電力会社のメリット&デメリット

北陸電力の従量電灯メニュー

各メニュー名をクリックしてください
従量電灯B

従量電灯Bの切り替えおすすめ新電力は?

従量電灯B』は、契約電流10~60アンペアの範囲で、個人法人問わず誰でも利用できる電気料金メニューです。
従量電灯Bからの切り替えおすすめプランは、契約電流(A(アンペア)数)によって異なります。
30アンペア以下の場合
清水
従量電灯Bを10A~30Aで契約されている方には、オクトパスエナジー「グリーンオクトパス」への切り替え・ご利用をお勧めします。
オクトパスエナジー(グリーンオクトパス)
OCTOPUS ENERGY
オクトパスエナジーは、イギリスに本社を置く大手グローバル新電力会社です。
日本では東京ガス株式会社とタッグを組み、沖縄をのぞく全国で小売電気事業を手がけています。
「グリーンオクトパス」プランは従量電灯Bと同じく、基本料金と3段単価の従量料金で構成されるオーソドックスな料金プランですが、実質再エネ100%の電気とみなされる、非常にお得なプランとなっています。

グリーンオクトパスと従量電灯Bの料金単価比較表

区分 オクトパスエナジー
グリーンオクトパス
北陸電力
従量電灯B
基本料金/月 10Aにつき
9.94円×使用日数
※日割り計算(30日だと298.2円)
10Aにつき
302.5円
1kWh(キロワットアワー)あたりの電力量単価 120kWhまで 17.96円
(41.7%安)
30.83円
121~300kWhまで 21.19円
(40%安)
34.72円
300kWh超 21.94円
(39.8%安)
36.43円
燃料費調整額
(4月検針分)
1kWhにつき
0.72円
1kWhにつき
-9.67円
(注)どちらも実際の電気料金には、上記の電力量単価に再生可能エネルギー発電促進賦課金の単価が加算されます
清水
オクトパスの電気代は今のところ、月々の使用量にかかわらず従量電灯Bよりも必ず安くなる上に、上記リンク先からの申し込みで5,000円分の割引特典と友達紹介URLが発行されます。
こうた
ただ、毎月の電気使用量が100kWh(キロワットアワー)以下に収まるようなら、次に紹介する基本料金無料タイプの新電力プランのほうがお得になるかも。
40~60アンペアのおすすめプラン
Looopでんき(スマートタイムONE)
Looopでんき
Looopでんきは基本料金無料のシンプルな電気料金プランをどこよりも早く採用したことで知られ、業界内外で広く注目を集めている人気新電力です。
Looopの電力販売量の実績は数ある新電力会社の中でもトップクラス!(新電力BEST30入り)
運営元の株式会社Looopは自然エネルギーによる電力供給の拡大など、先進的な電力事業への取り組みに励んでいる模様です。

Looopでんきの口コミ情報

Looopでんきと従量電灯Bの料金単価比較表

区分 Looopでんき
スマートタイムONE
北陸電力
従量電灯B
ひと月の基本料金 40A 0円
(100%安)
1,210円
50A 0円
(100%安)
1,512.5円
60A 0円
(100%安)
1,815円
1kWh(キロワットアワー)あたりの電力量単価 120kWhまで 従量単価はJEPXのエリアプライスに比例して30分毎に変動します 30.83円
121~300kWhまで 34.72円
300kWh超 36.43円
燃料費調整額
(4月検針分)
なし 1kWhにつき
-9.67円
(注)実際の電気料金には上記の電力量単価に再生可能エネルギー発電促進賦課金の単価が加算されます
清水
注意点として、Looopでんきは”市場連動型プラン”になります。
夏や冬の電力量単価は高くなりがちなので、その時期だけは毎月の料金チェックを忘れないようにしてくださいね。
こうた
まあ、毎月の料金チェックが面倒な人は、オクトパスエナジーを選んだほうが良いかもね。

オクトパスやLooopでんき、北陸電力の月々の支払い額がわかる!

従量電灯C
『従量電灯C』は電気の最大需要容量が6kVA(キロボルトアンペア)~50KVA未満の範囲で、個人法人問わず誰でも利用できる電気料金メニューです。

従量電灯Cの切り替えおすすめ新電力プラン

従量電灯Cの切り替えを検討するなら、基本料金無料タイプの新電力プランを選ぶと良いでしょう。
たとえば「Looopでんき」なら契約容量(kVA数)にかかわらず毎月の基本料金が無料になるため、従量電灯Cの電気代と比べて10%~20%以上安くなる可能性もあります。
Looopでんき(スマートタイムONE)
さあ今こそ電気料金を見直そう!Looopでんき
Looopでんきは700社以上ある小売電気事業者の中でもBEST30の販売量を誇る人気新電力です。
月々の基本料金は最大需要容量kVA(キロボルトアンペア)数)にかかわらず一切かかりません。
従量単価は30分毎に変動するダイナミックプライシングになっており、春秋シーズンの電気代は驚くほど安くなることも!

Looopでんきの口コミ情報

Looopでんきと従量電灯Cの単価比較表

区分 Looopでんき
スマートタイムONE
北陸電力
従量電灯C
基本料金/月 0円
(100%安)
1kVAにつき
302.5円
1kWh(キロワットアワー)あたりの電力量単価 120kWhまで 従量単価はJEPXのエリアプライスに比例して30分毎に変動します 30.83円
121~300kWhまで 34.72円
300kWh超 36.43円
燃料費調整額
(4月検針分)
なし 1kWhにつき
-9.67円
(注)実際の電気料金には上記の電力量単価に再生可能エネルギー発電促進賦課金の単価が加算されます
あわせて読みたい参考記事
こうた
従量電灯Cは契約容量(kVA数)の大きな需要家ほど電気代が割高になっちゃうからね。
とくにこだわりがないのなら、なるべく別プランに切り替えた方が良いよ。

従量電灯CやLooopでんきの月々の支払い額もわかる!

従量電灯ネクスト
従量電灯ネクスト』は電気の最大需要容量が50KVA(キロボルトアンペア)未満の範囲で利用できる、北陸電力の新自由料金メニュー(電灯契約)の一つです。
従量電灯ネクストの料金設定は従量電灯B,Cと比べて、1kWh(キロワットアワー)あたりの電力量単価が0.01円安くなっているだけで、実際の電気代はどちらもほとんど変わりません。
また、従量電灯ネクストには燃料費調整額の上限や、口座振替割引(月額▲55円)の適用はありません。
こうた
従量電灯B,Cとネクストの違いは、ネクストは口座振替割引が無くなる代わりに、そのぶん北陸電力のWEB会員サイト(ほくリンク)でポイントが付くことくらいだよ。

従量電灯ネクストと従量電灯B,Cの料金単価比較表

区分 従量電灯ネクスト 従量電灯B,C
基本料金/月 10A(1kVA)につき
302.5円
10A(1kVA)につき
302.5円
1kWh(キロワットアワー)あたりの電力量単価 120kWhまで 30.82円 30.83円
121~300kWhまで 34.71円 34.72円
300kWh超 36.42円 36.43円
燃料費調整額
(4月検針分)
1kWhにつき
-9.67円
1kWhにつき
-9.67円
備考 ほくリンク会員登録で電気代200円につき1~3ポイント付与 口座振替割引(▲55円/月)あり
(注)どちらも実際の電気料金には、上記の電力量単価に再生可能エネルギー発電促進賦課金の単価が加算されます

従量電灯ネクストの切り替えおすすめ新電力プランは?

従量電灯ネクストの料金設定は従量電灯B,Cとほぼ同額です。
そのため、従量電灯ネクストを60アンペア(6kVA)以下で契約している方は「従量電灯Bの切り替えおすすめプラン」を
7kVA以上で契約している方は「従量電灯Cの切り替えおすすめプラン」を参考にしてください。
使っておとくライト
使っておとくライト』は電気の最大需要容量が50KVA(キロボルトアンペア)未満の範囲で利用できる、北陸電力の新自由料金メニュー(電灯契約)の一つです。
月間の電気使用量120kWh(キロワットアワー)までが定額料金、120kWhを超える分から従量課金の料金プランになります。

使っておとくライトの切り替えおすすめ新電力は?

こうた
北陸電力の「使っておとくライト」よりも、電気代のお得な新電力プランはたくさんあるよ。
オススメは契約容量(kVA数)で変わってくるけど、今のところ「オクトパスエナジー」や「Looopでんき」に注目だね。

使っておとくライトと新電力の料金比較表

区分 北陸電力
使っておとくライト
オクトパスエナジー
グリーンオクトパス
Looopでんき
スマートタイムONE
基本料金/月 3kVA(30A)まで 4,325.5円 10A(1kVA)につき
9.94円×使用日数
※日割り計算(30日だと298.2円)
0円(無料)
基本料金/月
3kVAを超える1kVAにつき
302.5円
電力量料金 月間120kWhまで 基本料金に含まれます 1kWh(キロワットアワー)あたり
17.96円
従量単価はJEPXのエリアプライスに比例して30分毎に変動します
月間121~300kWhまで 1kWh(キロワットアワー)あたり
35.75円
1kWh(キロワットアワー)あたり
21.19円
月間300kWh超 1kWh(キロワットアワー)あたり
21.94円
燃料費調整額
(4月検針分)
1kWhにつき
-9.67円
1kWhにつき
0.72円
なし
(注)どれも実際の電気料金には上記の電力量単価に再生可能エネルギー発電促進賦課金の単価が加算されます
こうた
どっちの電気代もかなり安くなるけど、実際いくらになるのか?
ウチの電気代比較シミュレーションを使うと一発でわかるよ!

オクトパスやLooopでんき、北陸電力の月々の支払い額がわかる!

時間帯別電灯メニュー

くつろぎナイト12
北陸電力の『くつろぎナイト12』は、電気を使用する時間帯によって電力量単価が異なる時間帯別電灯プランです(休日の料金は平日と比べて割安に、夜間時間の料金は昼間時間に比べて割安に設定されています)。

くつろぎナイト12の切り替えおすすめ新電力は?

清水
北陸電力くつろぎナイト12からの切り替えを想定した新電力には、コスモでんきやidemitsuでんきなどがあります。
こうた
ここではidemitsuでんきの『オール電化プラン』を紹介するね。
idemitsuでんき(オール電化プラン)
idemitsuでんき(出光興産)は700社以上ある新電力の中でも数少ない、オール電化住宅向けプランを全国展開している総合エネルギー企業です。
北陸電力くつろぎナイト12と比べて基本料金が4%~6%安くなる程度ですが、idemitsuでんきに切り替えることで堅実な節約につながります。
ガソリン割引や電気自動車オーナー向け割引などもあり、マイカーを所有されている方によりお得な新電力と言えるでしょう。

idemitsuでんき 口コミ情報

idemitsuでんき「オール電化プラン」と北陸電力「くつろぎナイト12」比較表
区分 idemitsuでんき
オール電化プラン
北陸電力
くつろぎナイト12
基本料金/月 契約容量10kVAまで 2,145円
(110円安)
2,255円
10kVAを超える1kVAにつき 291.5円
(11円安)
302.5円
1kWh(キロワットアワー)あたりの電力量単価 昼間時間 39.87円 39.87円
ウィークエンド時間(休日時間) 33.8円 33.8円
夜間時間 26.98円 26.98円
燃料費調整額
(4月検針分)
1kWhにつき
-9.67円
1kWhにつき
-9.67円
(注)どちらも実際の電気料金には、上記の電力量単価に再生可能エネルギー発電促進賦課金の単価が加算されます
【昼間時間】平日8時~20時
【ウィークエンド】土日祝日8時~20時
【夜間時間】毎日20時~翌8時
清水
両プランの単価比較やシミュレーションはちょっと長くなるので、詳しい解説は以下のページを参考にどうぞ↓↓↓
あわせて読みたい参考記事

世帯人数&生活スタイル別おすすめ

旧オール電化向けメニュー(新規申し込みは不可)

各メニュー名をクリックしてください
エルフナイト(8・10・10プラス)
エルフナイト(8・10・10プラス)』は2016年の電力小売り自由化前からある、オール電化住宅向けの旧料金プランです。
(注)新規加入の受付は2016年7月末をもって終了しています

エルフナイト(8・10・10プラス)の切り替えおすすめプランは?

こうた
エルフナイトからの切り替えを想定した新電力プランは、残念ながら見当たらないね。
清水
昼間時間や土日祝日に電気をたくさん使っている家庭なら、「くつろぎナイト12」に切り替えた方がお得になることもありますけど・・・
エルフナイトは新規加入受付を終了していますので、別のプランに切り替えてしまうと2度と元に戻すことはできません。
こうた
エルフナイト(8・10・10プラス)を契約している人は、こまめな節電や昼間の電気の使い方に気を配ったほうが良いかも。
清水
別のプランに切り替えた方が良いと思われる場合でも、事前に北陸電力に相談されることをオススメします。
あわせて読みたい参考記事
深夜電力(A・B・C・D)

深夜電力の切り替えおすすめ新電力プランは?

清水
深夜電力A・B・C・D」からの切り替えで、電気代が安くなるような新電力プランはありません。
こうた
深夜電力は自由化前からある電気料金プランの一つで、新規受付はすでに終了してるんだよね。
一度でも契約を止めると2度と元に戻すことはできないから気をつけてね。
あわせて読みたい参考記事
ただし、深夜電力とは別に従量電灯Bや従量電灯Cなどを契約している場合、電灯契約については新電力プランに変更できます。
従量電灯B/Cは比較的割高な料金設定になるため、この機会に新電力プランへの切り替えを検討しましょう。
割引プラン(エルフプランS・Vなど)
北陸電力の『エルフプラン』は2016年の電力小売り自由化前からある、オール電化住宅向けの割引オプションメニューです。

割引プラン(エルフプランS・Vなど)の切り替えおすすめは?

清水
エルフプランS・Vなどからの切り替えを想定した新電力プランは、今のところ見当たりません。
こうた
エルフプランの新規加入の受付は2016年7月の時点で終了してるからね。
一度でも別のプランに切り替えると、もう2度と元には戻すことはできないから気をつけてね。
清水
エルフプランを現在も契約されている方は、こまめな節電や昼間の電気の使い方に気をつけることで電気代を削減しましょう。
あわせて読みたい参考記事

その他の電気契約メニュー

各メニュー名をクリックしてください
低圧電力・低圧電力II
北陸電力の「低圧電力・低圧電力Ⅱ・低圧電力ネクスト」は、三相3線式200ボルトで動力機(モーター)を使用する需要家向けの電気契約メニューです。

低圧電力の切り替えおすすめ新電力は?

北陸電力の低圧電力・低圧電力Ⅱ・低圧電力ネクストよりも電気代がお得になる可能性のある新電力プランには、「Looopでんき」のスマートタイムONE「シン・エナジー」の低圧動力ワイドなどがあります。
(注)必ずしも安くなるとは限りません
ひと月の電気使用量kWh(キロワットアワー)数)が契約電力kW(キロワット)数)を50倍した数よりも少ないようなら、Looopでんき「スマートタイムONE動力」を選びましょう。
清水
たとえば5kW契約の場合、ひと月の電気使用量が250kWh(キロワットアワー)以内に収まるような方には、Looopでんきのご利用をおすすめします。
Looopでんき(スマートタイムONE動力)
Looopでんき
Looopでんきは基本料金無料のシンプルな電気料金プランをどこよりも早く採用したことで知られ、業界内外で広く注目を集めている人気新電力です。
株式会社Looopの電力販売量の実績は数ある新電力会社の中でもトップクラス!
2019年には中部電力とも資本提携し、自然エネルギーによる電力供給の拡大など、先進的な電力事業への取り組みに励んでいる模様です。
Looopでんきと北陸電力の低圧電力・低圧電力IIの単価比較表
区分 Looopでんき
(スマートタイムONE動力)
北陸電力
(低圧電力)
北陸電力
(低圧電力II)
1kW(キロワット)あたりの基本料金/月 539円 1,226.5円 1,050.5円
1kWh(キロワットアワー)あたりの電力量単価 夏季 従量単価はJEPXのエリアプライスに比例して30分毎に変動します 26.09円 32.21円
その他季 25.03円
燃料費調整額
(4月検針分)
なし 1kWhにつき
-9.67円
1kWhにつき
-9.67円
(注)どれも実際の電気料金には上記の電力量単価に再生可能エネルギー発電促進賦課金の単価が加算されます
こうた
Looopでんきの毎月の基本料金は、北陸電力の低圧電力と比べておよそ半額になるからね!
イメージ画像
Looopとは反対に、月々の電気使用量kWh(キロワットアワー)数)が契約電力kW(キロワット)数)を50倍した数よりも多いようなら、シン・エナジーの「低圧動力ワイド」を選ぶと良いでしょう。
シン・エナジー(低圧動力ワイド)
シン・エナジー
シシン・エナジーは700社以上ある新電力の中でも、一時は電力販売量ランキングBEST30に入ったことのある実力企業です。
『低圧動力ワイド』の基本料金と電力量単価は、どちらも北陸電力の低圧電力と比べて安価に設定されています。
ただし、月間の電力使用量(kWh数)が契約電力数×100を超える分の電力量単価は割高になるため電気の使い過ぎにはご注意ください。
シン・エナジーと北陸電力の低圧電力・低圧電力IIの単価比較表
区分 シン・エナジー
(低圧動力ワイド)
北陸電力
(低圧電力)
北陸電力
(低圧電力II)
1kW(キロワット)あたりの基本料金/月 1,126.38円 1,226.5円 1,050.5円
1kWhあたりの電力量単価 夏季 12.48円
(※)月間電力使用量が契約電力数×100を超えた分の単価は15.1円
26.09円 32.21円
その他季 11.42円
(※)月間電力使用量が契約電力数×100を超えた分の単価は14.08円
25.03円
燃料費調整額
(4月検針分)
1kWhにつき
-2.63円
1kWhにつき
-9.67円
1kWhにつき
-9.67円
(注)どれも実際の電気料金には上記の電力量単価に再生可能エネルギー発電促進賦課金の単価が加算されます
シンエナジーの評判は?シンエナジーの評判は?2017年から最近の口コミまで徹底調査!
こうた
ただ、シン・エナジーとLooopでんきはどちらも「市場連動型プラン」といって、冬場の調整額なんかは高くなる可能性もあるから注意してね。
清水
低圧電力を見直しするときには、契約電力(kW(キロワット)数)と月々の電気使用量(kWh(キロワットアワー)数)からベストプランを判断しましょう。
低圧電力の電気代を一括比較するなら
業務用エアコンのイメージ画像低圧電力や動力プランの電気料金一括比較シミュレーター
アクアECOプラン
アクアECOプラン』は、環境価値や環境保全に関心のある方向けのオプションサービスです。
アクアECOプランという電気料金メニューが、それ単体で販売されているわけではありませんので誤解されないように。
アクアECOプランを契約すると、北陸電力の既存メニューの従量単価に1kWh(キロワットアワー)あたり2.2円が上乗せされますが、水力電源100%&CO2排出量実質ゼロの電気利用客として認定されます。

アクアECOプランの切り替えおすすめ新電力は?

アクアECOプランは地球環境に思いを寄せる方向けのオプションサービスになるため、当サイトではとくに他社への乗り換えをおすすめすることはありません。
ただ、”実質的に再生可能エネルギー発電100%”とみなされる電気料金プランは、北陸電力以外にも色々とあります。
清水
たとえばコスモでんきやidemitsuでんき、ENEOSでんきなど、石油元売り大手企業が手がける新電力会社も、実質再エネ100%&CO2排出実質ゼロの電気料金プランを販売しています。
こうた
各プランの料金単価は以下のページでチェックしてね↓
あわせて読みたい関連記事
イメージ画像
この記事の監修担当
SFP

新エネルギーメディア事業部 編集班
小売電気事業・都市ガス小売事業・太陽光発電事業・家庭向け蓄電池販促事業などの広報を担当
NPCプランイメージイラスト
当ページの内容について疑問のある方は、最下段のコメント欄またはメールフォームから気軽にご質問ください。
事業所や一般家庭を対象に、電気やガスの切り替えに関する有料相談にも応じています。
本気(マジ)でお得な切り替え先案内サービスはこちら(5,000円/1件)

北陸電力以外の大手電力会社を乗り換える場合

清水
北陸電力以外の大手電力会社の乗り換えおすすめ新電力は、以下のページを参考にしてください。
東京電力EP
東電からの乗り換えおすすめプラン【完全ガイド】
関西電力
関西電力からの乗り換えおすすめプラン【完全ガイド】
中電ミライズ
中部電力ミライズからの乗り換えおすすめプラン【完全ガイド】
九州電力
九州電力からの乗り換えおすすめプラン【完全ガイド】
東北電力
東北電力からの乗り換えおすすめプラン【完全ガイド】
北海道電力
北海道電力からの乗り換えおすすめプラン【完全ガイド】
中国電力
中国電力からの乗り換えおすすめプラン【完全ガイド】
四国電力
四国電力からの乗り換えおすすめプラン【完全ガイド】
沖縄電力
沖縄電力からの乗り換えおすすめプラン【完全ガイド】
正確さNo.1シミュレーション
当サイトでは全国の電力会社100社以上の従量電灯や低圧電力、そして全国5エリアの都市ガスメニューそれぞれの実際の支払い額を月ごとに比較チェックできます。
NPC電気ガス料金比較シミュレーターには2023年6月~2024年5月検針分の燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金(そくしんふかきん)が含まれます。
そのため今月と来月そして過去10ヶ月の実際の電気代や都市ガス料金を正確に一括(いっかつ)比較できます。

電気ガス比較サービス

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です