Looopでんき

Looopの電気代は高騰しない?市場連動型プランとの関係や影響は?

記事URLとタイトルをコピーする
ロシアによるウクライナ侵攻の影響で電力市場の高騰が続いており、新規受付の停止や小売電気事業から撤退(てったい)する新電力会社が続出しています。
(Looopでんきも6月以降の従量電灯プランを値上げしています)
現在の新電力業界は大荒れのため、もう少し状況が落ち着く秋ごろをめどに改めて当ページを編纂(へんさん)しなおします。
それまで当ページの内容はあくまでも過去情報として参考にしていただきますようお願いいたします。
イメージ画像
この記事の監修担当
南部修一
南部修一
※1974年生まれ 電力自由化、太陽光発電、再生可能エネルギー関連情報の広報を担当
@246anbem(NPCプラン@LINEアカウント)
当ページの内容について疑問のある方は、最下段のコメント欄で気軽にご質問ください。
メールフォームやLINEでも相談に応じています。
スポンサーリンク

2021年1月は電力市場が異常事態に

2020年12月から2021年1月にかけて、沖縄を除く日本全国で電力需給ひっ迫が2週間以上も続く異常事態が発生しました。

それにより日本卸電力取引所(JEPX)のスポット取引価格は、なんと例年の20倍以上にも高騰(※)しています。
(※)2021年1月上旬の価格です

その影響を受けて多くの新電力会社が巨額の赤字を計上する羽目となり、高騰が落ち着いた今も経営危機に瀕している事業者は少なくありません。

また、事業者だけでなく「市場連動型プラン」と呼ばれる電気契約メニューの利用客も、12月や1月の電気料金が例年と比べて数倍以上になるといった悪影響を被っています。

そういった状況の中で「Looopでんきは大丈夫か?」といった不安や心配の声もあるようですが、、、、

スポンサーリンク

Looopでんきは大丈夫?

結論から言えば

『心配はまったく無用』です。

女性からの大丈夫イメージ

Looopでんきの買電契約メニューは5種類ありますが、すべて固定単価型の料金プランになります。(2021年2月現在)

どれも市場連動型プランとは異なり、市場(=日本卸電力取引所の影響で急に電気代が高騰するようなことはありません。

(注)昨今のエネルギー価格高騰の影響を受け、楽天でんきに続いてLooopでんきも6月1日以降の電気料金メニュー(おうちプラン・ビジネスプラン)の値上げを発表しました(2022年4月28日追記)
イメージ画像

ちなみに市場連動型プランを採用している新電力会社はそう多くはなく、
2020年12月時点でそれを提供していた主な新電力会社とプラン名称は以下の通りです。

  • 自然電力(SEデビュー・SE30・SE100)
  • ハチドリ電力(HACHIDORIプラン)
  • ダイレクトパワー(ダイレクトS/M)
  • テラエナジー(テラエナジーでんき)
  • アークエルエナジー(DPプラン)
  • ジニーエナジー(みどりプラン)
  • エルピオでんき(市場連動プラン)

(※)今のところ市場連動型プランの新規受付はどこも停止しています

これらの市場連動型プランを契約している需要家の数は、全体のおよそ1~2%程度と推測されています。

つまり裏返せば98%以上の家庭や事業所に影響はないということです。

「市場価格高騰」の影響を受ける可能性がある人は1.86%
資源エネルギー庁「電力需要実績」(2020年9月)を元にした同社の試算によると、市場連動型プランを取り扱う小売事業者の供給量シェアは1.86%、想定契約件数約80万件に留まっている。
そのため、現在、新電力の料金プランで契約する大多数は、電力取引価格高騰の影響はない。
なお、ご自宅で市場連動型プランを利用しているかどうかが分からない方や、
少しでも早く市場連動型プランを切り替えたい方は以下の解説記事を参考にしてください↓↓↓
スポンサーリンク

独自調整単価による値上げの心配はない

市場連動型プランではなくても「ハルエネ」や「エフエネ」「みんな電力」などように独自の調整単価を採用している新電力会社では、大幅な値上がりの可能性があります。

しかし株式会社Looopは大手電力会社とまったく同じ燃料費調整制度を採用しているため、そういった心配も不要です。

燃料費調整額単価によるLooopの毎月の価格の上げ下げは、各地域の大手電力と変わらず、Looopでんきだけが相対的に高くなることはありません。

(注)ただし「再エネどんどん割」は特殊なプランのため上記の対象外になります
再エネどんどん割の解説記事はこちら
Looopでんき「再エネどんどん割」

ちなみにLooopでんきと大手電力会社の今月と来月の燃料費調整額単価および過去1年間の単価の推移データは、以下のリンク先から確認できます。

興味がある方は参考にしてください。

今後の値上げの心配は?

市場高騰のあおりによる経営状況の悪化と、それに伴う今後の値上げを心配される声もありますが、
電力自由化のブームに乗って雨後のタケノコのように現れた新電力とLooopを同列に見てはいけません。

株式会社Looopはこれまでも同じような危機を何度も乗り越えながら、着実に実績を積み重ねている新電力のパイオニア的存在です。

Looopでんき公式HP「Looopの歩み」より一部抜粋

2011年4月 株式会社Looop設立
同年12月 山梨県北杜市にて第一基目となる自社発電所が完成し、売電事業開始
2014年12月 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー2014ジャパンの日本代表候補に選出
2016年5月 低圧向け申し込み件数1万件達成
2018年3月 Looopでんき申込件数10万件突破
2020年3月 Looopでんき契約者数20万件突破

2018年9月には中部電力株式会社との資本業務提携も行い、より安定した電源確保の動きも見られます。

Looopでんきの電源構成グラフ(2019年度実績と2020年度の計画地)
Looopでんきの電源構成(2019年)

さらには市場高騰のあおりを受けて経営危機に瀕している同業他社に対し、2021年1月8日には以下のプレスリリースも発表しています。

こういった提案ができるということは、つまり株式会社Looopは市場高騰によるダメージをあまり受けていない可能性が高いということです。

そしてこれらの理由をもって、燃料費調整額以外による値上げをLooopだけが実施することはほぼありえないと言えるわけです。

(注)昨今のエネルギー価格高騰の影響を受け、楽天でんきに続いてLooopでんきも6月1日以降の電気料金メニュー(おうちプラン・ビジネスプラン)の値上げを発表しました(2022年4月28日追記)

どうしても不安な方へ ~結論~

Looopでんきの買電契約メニューは5種類ありますが、どれも突然に値上がりするようなことはありません。

利用客にとってわかりやすいシンプルな電気契約、それがLooopでんきの最大の特長です。

どうしても気になる方のために、各プランごとに詳しい解説記事も用意していますので、併せて参考にしてください。

(注)ウクライナ侵攻などの世界情勢による燃料費高騰のあおりを受け、2022年4月1日より新規申し込みの受付を停止しています(再開日未定)
株式会社Looopは電力自由化になる以前から、電力業界の保守的な体制を打ち破り、日本の新しい電力の在り方を模索するかのような積極的なチャレンジを次々と重ねています。
これからの日本の電力業界の在り方を考えれば、Looopでんきは非常に応援しがいのある新電力といえるでしょう。

【緊急情報】

ウクライナ侵攻や円安などの影響で原油や天然ガスの輸入価格が高止まりしているため新電力各社は経営状況がひっ迫し、次々と新規受付の停止や事業撤退に追い込まれています。
そしてついには電気契約の内容を変更し、料金の値上げに踏み切る新電力会社も現れ始めました。(楽天でんきやグランデータなど)
そこで以下のページ内で今後の値上げを発表している新電力会社と、そこからの避難先となる電力会社(≒小売電気事業者)の最新情報をまとめて紹介しています。参考にしてください。
【新電力PR 2022年下半期】いま注目の新電力会社BEST8
CDエナジーダイレクトのロゴ画像
CDエナジーダイレクト
東京ガスのロゴ画像
東京ガス
ドコモでんきのロゴ画像
ドコモでんき
リミックスでんきのロゴ画像
リミックスでんき
まちエネ(三菱商事&LAWSON)のロゴ画像
まちエネ
ただいま広告募集中3 ただいま広告募集中4 ただいま広告募集中5

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。