東北地方

東北地方おすすめ新電力会社~生活スタイル編~

磐梯山と猪苗代湖イメージ
記事URLとタイトルをコピーする
提供:株式会社サウスフィールドプランニング

東北地方のおすすめ新電力会社

はじめに
このページでは東北地方(※)にお住まいの方を対象に、電気料金がより安く(またはおトクに)なる新電力会社の情報を案内しています。
(※)青森県、岩手県、秋田県、宮城県、山形県、福島県、新潟県(離島を除く)
結論から言うと
東北地方の一般家庭や小規模事業所が利用できる主な格安新電力には
  • そらエネでんき ※現在は新規受付を停止中
  • まちエネ ※現在は新規受付を停止中
  • リミックスでんき ※現在は新規受付を停止中
などがあります。
どれがもっともお得になるか?は、
世帯人数や生活スタイル、電気の契約容量によっても異なりますので以下にそれぞれ詳しく解説します。

ロシアによるウクライナ侵攻の影響で電力市場の高騰が続いており、小売電気事業からの撤退(てったい)や事業譲渡、料金プランの値上げに踏み切る新電力会社が2022年3月以降続出しています。

現在の新電力業界は大荒れのため、もう少し状況が落ち着く2023年春頃をめどに改めて当ページを編纂(へんさん)しなおします。

それまで当ページの内容は2022年3月以前の過去情報として参考にしていただきますようお願いいたします。

スポンサーリンク

【緊急情報】

ウクライナ侵攻や円安などの影響で原油や天然ガスの輸入価格が高止まりしているため新電力各社は経営状況がひっ迫し、次々と新規受付の停止や事業撤退に追い込まれています。
そしてついには電気契約の内容を変更し、料金の値上げに踏み切る新電力会社も現れ始めました。(楽天でんきやグランデータなど)
そこで以下のページ内で今後の値上げを発表している新電力会社と、そこからの避難先となる電力会社(≒小売電気事業者)の最新情報をまとめて紹介しています。参考にしてください。
街並みイメージ

2016年4月の電力小売り全面自由化により、東北地方にお住まいの方も東北電力の電気料金メニューだけでなく、さまざまな新電力会社の料金プランを選べるようになりました。

ただ、新電力会社の数があまりに多いことから「どこを選べば本当にお得になるのか?よくわからない」と迷ってしまう人も多いようです。

そこでこのページでは、東北地方にお住まいの方が申し込める新電力の中から世帯人数や生活スタイルに見合った料金プランをご紹介します。

家族のパターン
新電力会社の乗り換え申し込みはインターネットから10分程度で手続きできます。
その際に利用中の電力会社への解約の連絡は必要ありません。
解約手続きは申し込んだ電力会社が代行してくれます。
ただし引っ越しにおける新規申し込みの場合は、解約手続きはご自身で行う必要があります。
この記事の監修担当
南部修一
南部修一
※1974年生まれ 電力自由化、太陽光発電、再生可能エネルギー関連情報の広報を担当

1~2人暮らしのおすすめ新電力

1人暮らしや共働きなどで家を留守にすることの多い世帯では、毎月の電気代は3,000~4,000円程で済むこともあるでしょう。

そういったケースでは格安の新電力に乗り換えても月に200~300円程度しか安くならない(※注)こともあり、電力会社の乗り換えや光熱費の見直しにはあまり関心を持てないかもしれません。
(※注)東北電力の従量電灯Bよりそう+eねっとバリューなどと比較した場合

しかし!
電気料金の安さばかりではなく各社の独自サービスに目を向けると、1~2人暮らしの方にとってもお得な新電力プランが見つかります。

清水
1~2人暮らしでも、ペットを飼っているなどしてエアコンをいつも利用している人は
3~4人世帯におすすめの新電力会社の方を参考にしてください。
あわせて読みたい特集ページ
1人暮らしでも損しない、おすすめ電力会社を案内する女性【完全解説】1人暮らしでも損しない!おすすめ電力会社の選び方

まちエネ|きほんプラン

『まちエネ』は三菱商事と(株)ローソンの合弁会社「MCリテールエナジー」が運営する新電力です。

まちエネ(きほんプラン)の利用客は毎月ごとにローソンの無料商品クーポンがもらえるほか、チケット販売サイト「ローソンチケット(ローチケ)」や映画館(ユナイテッド・シネマ、シネプレックス)の優待割引サービスも附帯しています。

さらに電気代の支払い額に応じてPontaポイントも貯まるなど(1%還元)単に電気料金が安いだけでなく、まちエネならではの特典や様々なメリットがあります。

まちエネ「きほんプラン」と東北電力「従量電灯B」の単価比較表
区分 まちエネ
きほんプラン
東北電力
従量電灯B
基本料金/月 10Aにつき
330円
10Aにつき
330円
1kWhあたりの電力量単価 120kWhまで 18.5円
(0.4%安)
18.58円
121~300kWhまで 24.17円
(4.5%安)
25.33円
300kWh超 25.35円
(13.4%安)
29.28円
(注)実際の電気料金には上記の電力量単価に燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金の単価が加算されます
まちエネTOPページキャプチャーまちエネの電気契約のメリット&デメリットを徹底解説!
(注)ウクライナ侵攻などの世界情勢による燃料費高騰のあおりを受け、3月17日より新規申し込みの受付を停止しています(再開日未定)

リミックスでんき|電気代割引プラン

株式会社リミックスポイントの「電気代割引プラン」は、東北電力の従量電灯B/Cと比べて基本料金と従量料金が一律5%割引になります。

リミックスでんき「電気代割引プラン」と東北電力「従量電灯B」の単価比較表
区分 リミックスでんき
電気代割引プラン
東北電力
従量電灯B
基本料金/月 30A 940.5円
(5%安)
990円
40A 1,254円
(5%安)
1,320円
50A 1,567.5円
(5%安)
1,650円
60A 1,881円
(5%安)
1,980円
1kWhあたりの電力量単価 120kWhまで 17.65円
(5%安)
21.04円
121~300kWhまで 24.06円
(5%安)
25.51円
300kWh超 27.81円
(5%安)
29.28円
(注)実際の電気料金には電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます

解約違約金や契約手数料などの設定もなく、30アンペア契約の場合、月々の電気代が1万円程度までなら東北電力エリア最安水準の電気代を実現できます。

ただし、リミックスでんきは20アンペア以下での利用はできません。あらかじめご留意ください。

(注)ウクライナ侵攻などの世界情勢による燃料費高騰のあおりを受け、4月7日より新規申し込みの受付を停止しています(再開日未定)
あわせて読みたい参考記事
1人暮らしイメージリミックスでんきは1人暮らしにもお得?デメリットは?

他社サービスとのコラボプラン

1人~2人暮らしでさほど電気を使わない場合、どんなに安い新電力に乗り換えても月あたり200~300円安くなる程度で実際の電気代はあまり変わり映えしませんが、、、

他社サービスとのコラボプラン(セットプラン)を利用すると、月々の電力使用量が少ない方ほど相対的によりお得になります。

清水
他社サービスとのセット契約でお得になる新自由料金メニューは別ページにまとめて案内しています。
メニュー他社サービスとセットでお得になる電気ガス料金メニューの一覧
イメージ画像

世帯人数3~4名以上のおすすめ新電力会社

4人家族イメージ

家族の人数が3~4名以上になると誰かしら家に居ることも増え、ひと月の電気代が1万円を超えることはよくあります。

冬場になれば月額1万5,000円~2万円を超えることもあるでしょう。(ペットを飼っていればなおさらです)

その場合、東北電力の従量電灯Bよりそう+eねっとバリューを利用しているなら次にお勧めする新電力会社のプランに切り替えることで
春秋の電気代は月あたり500円前後、夏冬なら月額1,000円以上安くなります。

数万円のお得イメージ

東北電力から別の小売電気事業者(新電力会社)に乗り換えても電気の安定供給や保守点検サービスなどは、これまでと変わらず東北電力ネットワーク株式会社が管轄することになります。

ですので災害時などに電気供給サービスが悪くなるといった心配はいりません。
(経済産業省管轄の電力・ガス取引監視等委員会が常に目を光らせています)

そらエネでんき|得するプラン

株式会社スマートテックの運営する新電力ブランドの一つ『そらエネでんき』は、固定価格買取制度(FIT)の終了した太陽光発電所の電気をメインに販売しています。

そらエネでんきには燃料費調整制度による毎月の単価調整がなく、常に安定した販売価格になるところが最大の特長です。

ほとんどの小売電気事業者は毎月ごとに単価調整を行っており、2021年中旬から2022年初旬にかけて毎月の値上がりが続いています。
それに対して、そらエネでんきの販売単価は毎月一定のため、現在の電気料金は他社と比べてかなり安くなっています。
そらエネでんき「得するプラン」と東北電力「従量電灯B」の単価比較表
区分 そらエネでんき
得するプラン
東北電力
従量電灯B
基本料金/月 30A(3kVA) 450円
(54.5%安)
990円
40A(4kVA) 600円
(54.5%安)
1,320円
50A(5kVA) 750円
(54.5%安)
1,650円
60A(6kVA) 900円
(54.5%安)
1,980円
1kWhあたりの電力量単価 120kWhまで 一律22.8円
(寄付するプランは23.8円)
18.58円
121~300kWhまで 25.33円
300kWh超 29.28円
燃調費単価
(9月)
適用なし 1kWhにつき
3.47円
(注)実際の電気料金にはどちらも電力使用量(kWh数)に応じて再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます
(注)申し込み多数のため2月1日以降の新規受付を停止しています

そらエネでんきには「得するプラン」と「寄付するプラン」があり、どちらも電気容量30~60A(アンペア)で利用できる一般向けのシンプルな従量電灯プランとなっています。

解約違約金や契約解除手数料などの利用客にとって不利な条件は一切なく、どなたでも安心して利用できる格安新電力です。

あわせて読みたい参考記事
そらエネでんきTOPページそらエネでんき3つのメリット&デメリット
清水
安価に提供できる卒FIT太陽光の電気には限りがあるため、契約者数が一定数を超えると新規受付は休止される可能性もあります。
そうなる前に早めに申し込んでおきましょう。
そらエネでんき公式サイトはこちら
(注)申し込み多数のため新規受付は一時停止中です(再開日未定)

エルピオでんき|スタンダードプランS

エルピオでんきは千葉県の老舗LPガス販売会社が運営する格安新電力です。

30~60アンペアの範囲で利用できる「スタンダードプランS」は一本単価のシンプルな従量電灯プランになります。

東北電力の従量電灯Bの電気代が月10,000~15,000円だとすると、エルピオでんきに乗り換えることで月あたり400円~1,300円ほどの節約につながります。

エルピオでんき「スタンダードプランS」と東北電力「従量電灯B」の単価比較表
区分 エルピオでんき
スタンダードプランS
東北電力
従量電灯B
基本料金/月 30A
(3kVA)
743.52円
(24.8%安)
990円
40A
(4kVA)
937.04円
(29%安)
1,320円
50A
(5kVA)
1,171.29円
(29%安)
1,650円
60A
(6kVA)
1,497.22円
(24.3%安)
1,980円
1kWhあたりの電力量単価 120kWhまで 一律23.42円 18.58円
121~300kWhまで 25.33円
300kWh超 29.28円
(注)実際の電気料金には電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます

エルピオでんきは電気料金が安いだけでなく、電気のトラブル駆けつけサポート(出張費・60分以内の作業費)も無料で利用できます。

(注)ウクライナ侵攻などの世界情勢による燃料費高騰の影響を受け、2022年4月30日をもって供給停止および小売電気事業からの撤退を表明しています
あわせて読みたい
エルピオでんきトップページキャプチャーエルピオでんきの評判とメリット&デメリットを徹底調査!

まちエネ|きほんプラン

サービス説明・かんたん紹介はこちらから
あわせて読みたい参考記事
青空とチューリップENEOS・東京ガス・まちエネ・楽天でんきの比較結果|どれがおすすめ?
(注)ウクライナ侵攻などの世界情勢による燃料費高騰のあおりを受け、現在は電気契約の新規申し込みの受付を停止しています(再開日未定)

リミックスでんき

リミックスでんきの一般家庭向け料金プランは大きく分けて3種類あります。

そのうち「電気代割引プラン」は東北電力の「従量電灯B/C」や「よりそう+eねっとバリュー」と比べて、基本料金と従量料金が一律5%割引になり
仮想通貨付与プラン」ではその5%の割引分がビットコインで還元されます。

電気の契約容量が30~40アンペアのご家庭は、電気代割引プランまたは仮想通貨付与プランを選びましょう。

(注)ウクライナ侵攻などの世界情勢による燃料費高騰のあおりを受け、4月7日より新規申し込みの受付を停止しています(再開日未定)
電気代割引プランまたは仮想通貨付与プランの申し込みフォーム↓

50~60アンペアのご家庭は、基本料金が無料になる「基本料金0円使い得ファミリー・個人プラン」を選んだ方がよりお得になります。

リミックスでんきと東北電力(従量電灯B)の単価比較表
区分 リミックスでんき 東北電力
従量電灯B
使い得ファミリー・個人プラン 電気代割引プラン
基本料金/月 30A
(3kVA)
0円
(100%安)
940.5円
(5%安)
990円
40A
(4kVA)
1,254円
(5%安)
1,320円
50A
(5kVA)
1,567.5円
(5%安)
1,650円
60A
(6kVA)
1,881円
(5%安)
1,980円
1kWhあたりの電力量単価 120kWhまで 一律26.3円 17.65円(5%安) 18.58円
121~300kWhまで 24.06円(5%安) 25.33円
300kWh超 17.65円(5%安) 29.28円
(注)実際の電気料金には電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます

どのプランを選んでも解約違約金はかかりません。誰でも気軽に利用できます。

基本料金0円使い得プランの申し込みフォーム↓
あわせて読みたい参考記事
電気料金プランの一覧【完全解説】リミックスポイントの電気契約メニューの選び方

オール電化住宅でも利用できる新電力会社

オール電化住宅
はじめに知っておきたい参考情報
オール電化プランのある新電力
  1. idemitsuでんき
  2. J:COM電力
  3. ミツウロコでんき
  4. Looopでんき
    ※2022年4月1日以降の新規受付を停止しています
清水
東北地方でオール電化向けプランに対応している主な新電力は今のところ4社ありますね。
こうた
この4社の中でどれがオススメかな?
清水
idemitsuでんきミツウロコでんきの電化住宅向けプランは東北電力よりそう+ナイト8・10からの乗り換えに対応していますけど・・・
料金単価がわずかに安くなる程度なので、実際の電気代はほとんど変わらないんですよね。。
清水
J:COM電力のオール電化プランにしても、東北電力の同プランと比べて電力量単価が0.5~3%安く設定されている程度で申し込み対象は仙台エリア限定となっています。
それにj:comテレビやインターネットとのセット利用で契約手数料や解約手数料がそれぞれ3,300円もかかりますからオススメできないですね。
清水
結論を言うと、東北電力管内でオール電化プランの乗り換えによるメリットはほとんどありません。
コスト削減のためには”日々の節電”が一番でしょう。
あわせて読みたい参考情報
オール電化向けの新電力会社 一覧オール電化住宅でも乗り換えで電気代が安くなる新電力 一覧

事業所・商店や大家族におすすめ

飲食店の女性スタッフイメージ

個人経営の商店や飲食店、美容室などの事業所では固定費の削減のためにも、電力会社や料金プランの定期的な見直しをお勧めします。

東北電力の従量電灯Cを利用している事業所は、以下に案内する新電力プランに切り替えることで月々の電気料金を30%近く削減できることもあります。

清水
商店や事業所だけでなく2~3世帯同居のご家庭でも7KVA以上の従量電灯Cを利用しているケースはよくあります。
その場合も新電力プランに切り替えるだけで電気代はかなりお安くなりますよ♪

リミックスでんき|使い得ビジネスプラン

リミックスでんき(株式会社リミックスポイント)の「基本料金0円使い得ビジネスプラン」は、電気容量6KVA~50KVA未満の範囲で利用できる従量電灯プランです。
個人・法人どちらの場合でも解約違約金の設定はありません。

使い得ビジネスプランは電気の使用量に応じて3段階で従量単価が安くなり、さらに基本料金も無料になることから、契約容量(kVA数またはkW数)や月間電力使用量(kWh数)が大きい需要家ほどお得になります。

リミックスでんき「使い得ビジネスプランと」と東北電力「従量電灯C」の単価比較表
区分 リミックスでんき
使い得ビジネスプラン
東北電力
従量電灯C
基本料金/月 0円
(100%安)
1kVAにつき
330円
1kWhあたりの電力量単価 120kWhまで 28円 18.58円
121~300kWhまで 27円 25.33円
300kWh超 25円
(14.6%安)
29.28円
(注)実際の電気料金には電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます
(注)ウクライナ侵攻などの世界情勢による燃料費高騰のあおりを受け、2022年4月1日より新規申し込みの受付を停止しています(再開日未定)
あわせて読みたい参考記事
リミックスでんきTOPページキャプチャーリミックスでんきの評判は?運営会社やサービス内容を詳しく解説!

実際に電気代はどれくらい安くなるか?
当サイトの一括比較シミュレーターで正確な電気料金をご確認ください。

正確さNo.1電気代比較サービス
NPCプランでは全国のべ400社の電力会社の料金プランをスピーディーに比較できます。
※ご利用は無料、メールアドレスなど個人情報の入力は一切不要です
計算プログラムには再エネ賦課金や燃料費調整額も含まれ、毎月ごとに最新単価に更新していますので、他のどの比較サイトよりも正確かつ具体的な電気料金を確認できます。

Looopでんき|ビジネスプラン

Looopでんき(株式会社Looop)は基本料金無料&一本単価のシンプルな電気料金プランの先駆けとして知られる新電力会社です。

東北電力の従量電灯Cの基本料金は1KVAあたり330円
電気の契約容量が10kVAなら基本料金だけで月3,300円にもなりますが
Looopでんきのビジネスプランは基本料金が一切かかりません。

1kWhあたりの電力量単価は一律27.5円
東北電力・従量電灯Cの単価と比べると3段目(300kWh以降)から安くなります。

Looopでんき「ビジネスプラン」と東北電力「従量電灯C」の単価比較表
区分 Looopでんき
ビジネスプラン
東北電力
従量電灯C
基本料金/月 0円
(100%安)
1kVAにつき
330円
1kWhあたりの電力量単価 120kWhまで 一律27.5円
(※)オプション割(Looopでんきプラス)の適用で、1kWhあたり1円~最大5円引きになります
18.58円
121~300kWhまで 25.33円
300kWh超 29.28円
(注)実際の電気料金には電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます
あわせて読みたい参考記事
Looopでんき「ビジネスプラン」Looopでんき『ビジネスプラン』のメリット&デメリットを徹底解説!
こうた
事業所向けプランの基本料金はやたら高くなることが多いけど、
Looopでんきだとそれがまるまる無料になるのはやっぱりスゴイよね!

Looopでんきには東北電力の「低圧電力」に相当する「動力プラン」も用意されており、こちらも東北電力より安くなる可能性があります。

飲食店や商店、マンションオーナーなどは「従量電灯」と「低圧電力」の両方をLooopでんきに変更することで大幅なコスト削減も期待できるでしょう。

こちらの記事も参考にどうぞ
Looopでんき「動力プラン」低圧電力をLooopの動力プランに変更した方が良い理由

東北電力から一度も乗り換えたことがない方は、まずはLooop公式の電気料金シミュレーションから削減予想額を確認してみることを強くお勧めします。

(注)ウクライナ侵攻などの世界情勢による燃料費高騰のあおりを受け、2022年4月1日より新規申し込みの受付を停止しています(再開日未定)

エルピオでんき|スタンダードプランL

エルピオでんきのスタンダードプランLは契約容量6KVA~50KVA未満の範囲で利用できる、3段単価のオーソドックスな従量電灯プランです。

料金単価が安いのはもちろんですが、電気トラブル駆けつけサポート(60分無料)や継続利用客向けのキャッシュバック特典、エルピオクラブ(月額440円)などなど、多彩な顧客サービスがエルピオでんきの最大の特長です。

途中解約しても解約手数料などは一切かからず、どなたでも気軽に利用できます。

エルピオでんき「スタンダードL」と東北電力「従量電灯C」の単価比較表
区分 エルピオでんき
スタンダードL
東北電力
従量電灯C
基本料金/月 1kVAにつき
254.62円
(22.8%安)
1kVAにつき
330円
1kWhあたりの電力量単価 120kWhまで 20.87円
(12.3%高)
18.58円
121~300kWhまで 23.42円
(7.5%安)
25.33円
300kWh超 25.15円
(14.1%安)
29.28円
(注)実際の電気料金には電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます
あわせて読みたい参考記事
エルピオでんきトップページキャプチャーエルピオでんきの評判とメリット&デメリットを徹底調査!
(注)ウクライナ侵攻などの世界情勢による燃料費高騰の影響を受け、2022年4月30日をもって供給停止および小売電気事業からの撤退を表明しています
イメージ画像
清水
最後にもう一度、世帯人数別おすすめ新電力会社をご案内します。
世帯人数別おすすめ新電力
  1. 1~2人暮らしにおすすめ
  2. 世帯人数3~4名以上の家庭におすすめ
  3. 事業所・商店や大家族におすすめ

【緊急情報】

ウクライナ侵攻や円安などの影響で原油や天然ガスの輸入価格が高止まりしているため新電力各社は経営状況がひっ迫し、次々と新規受付の停止や事業撤退に追い込まれています。
そしてついには電気契約の内容を変更し、料金の値上げに踏み切る新電力会社も現れ始めました。(楽天でんきやグランデータなど)
そこで以下のページ内で今後の値上げを発表している新電力会社と、そこからの避難先となる電力会社(≒小売電気事業者)の最新情報をまとめて紹介しています。参考にしてください。
記事URLとタイトルをコピーする

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。