北陸地方

北陸電力ほくリンクは本当におトク?新電力とどっちが良い?

北陸電力ポイントービス「ほくリンク」イメージ画像
記事URLとタイトルをコピーする

ほくリンク「電気deポイントプラス」とは?

富山・石川・福井の3県で猛烈アピール中の北陸電力「電気deポイントプラス」

北陸電力のWEB会員サイト「ほくリンク」に登録し、新自由料金メニューに変えることで月々の電気代にポイントがつくようになる北陸電力のWEBサービスです。

北陸電力も顧客の囲い込み、新電力への流出防止に相当な力を入れているようで、家でテレビを観ているとほくリンクのCMがしょっちゅう流れています。

北陸電力イメージキャラクター「りくこ」MV
(再生回数まだわずか1,900回程、このMVは渾身の力作らしいのでぜひ見てあげて下さい)
YouTubeチャンネル「りくこの部屋」

でも、北陸電力の電気deポイントプラスは本当にお得なのでしょうか?

ほくリンクに加入すると、どれくらいお得になるのか?

ちょっと気になりませんか??

女性のイメージ画像

結論から言えば・・・、

ほくリンクの電気deポイントプラスに登録しても、もらえるポイントは大したお得にはなりませんし、電気代が安くなるようなこともありません。
「電気deポイントプラス」を利用するためにはWEB登録をしたり、従量電灯ネクストなどに切り替えるといった多少の手間もかかります。

同じ手間をかけるなら格安新電力に切り替えた方がよっぽどお得です。

新電力会社に変えるとどれだけお得になるか?は、この記事の後半で説明しますので、
まずはその前に「電気deポイントプラスがお得ではない根拠」について、詳しく解説してみましょう。

この記事の内容は、北陸電力の従量電灯B・C・ネクストで契約されている方を対象としています。
2016年4月以前から、北陸電力のオール電化住宅向けプランや深夜電力などの時間帯別料金プランを利用されている方には対象外の話になりますので、あらかじめご留意ください。

スポンサーリンク

ほくリンクでもらえるポイントはどれくらい?

北陸電力のWEB会員サービス「ほくリンク」および「電気deポイントプラス」に登録すると、電気代200円につき北陸電力の独自ポイントが付与されるようになります。

  • 登録から1年目は電気代200円につき1ポイント
  • 登録から2年目は電気代200円につき2ポイント
  • 登録から3年目は電気代200円につき3ポイント
北陸電力ほくリンクのポイント付与サービス案内イメージ画像

なお、ポイント対象となる電気代に再エネ賦課金と消費税は含まれません。
ですので、例えば月の電気代が10,000円だったら、約8,000円分に対してポイントが付与されます。

・・・つまり、

  • 1年目は約40ポイント
  • 2年目は約80ポイント
  • 3年目は約120ポイント

ひと月の電気代が1万円なら、上記のポイントが次月に付与されることになります。

こうた
こうた
じゃあ、もし電気代が3万円だったら、1年目は120ポイント、3年目は360ポイントもらえますよね!?
清水
清水
いえ、電気代が高いと、もらえるポイントも多くなるかというと、じつはそうでもないんですよ。

じつは、電気deポイントプラスには『ひと月にもらえるポイントは200ポイントまで』という上限があります。

ですから、月の電気代が3万円でも5万円でも、それに付与されるポイントは200ポイントまで。
たとえ3年目の電気代が10万円だったとしても、もらえるポイントは変わらず200ポイントにしかなりません。
こうた
え~!?それじゃあんまりお得じゃないよね。

・・・でも、新電力会社にすると、どうなると思いますか?

【新電力PR 2022年下半期】いま注目の新電力会社BEST8
CDエナジーダイレクトのロゴ画像
CDエナジーダイレクト
東京ガスのロゴ画像
東京ガス
ドコモでんきのロゴ画像
ドコモでんき
リミックスでんきのロゴ画像
リミックスでんき
まちエネ(三菱商事&LAWSON)のロゴ画像
まちエネ
ただいま広告募集中3 ただいま広告募集中4 ただいま広告募集中5

新電力会社にするとどれくらいお得になる?

北陸電力の従量電灯BやCの電気代が3万円なら、人気の新電力会社に乗り換えるとそれより約2,000~4,000円も安くなります。
これが「ほくリンク」だとわずか120円分、3年も使っていても200円分のポイントしかもらえません。
もうこれはどちらがお得なのか?
・・・言うまでもないですよね。
電気代がお得になって喜ぶ女性のイメージ画像

電気deポイントプラスもプランの切り替えは必要

また、先に説明したように「電気deポイントプラス」と「新電力会社」のどちらを利用するにしても、現在の契約プランは新しいプランに切り替える必要があります。

「電気deポイントプラス」に登録するためには
「従量電灯ネクスト」「くつろぎナイト12」「エルフナイト8」「エルフナイト10」「エルフナイト10プラス」のいずれかへの切り替えが必要です。

(従量電灯ネクストの料金単価は、従来の従量電灯BやCとまったく同じ、変わるのはプランの名称だけです。)

なお「節電とくとく電灯プラン」は、電気deポイントプラスのサービス対象外になります。

かかる手間は同じなのに新電力の方がお得になるなら、電気deポイントプラスは損をしているも同然というわけです。

電気代を損しているイメージ画像

ほくリンク電気deポイントプラスのデメリット

電気deポイントプラスがお得ではないという理由・根拠は、それだけではありません。

ほくリンクは貯まったポイントを、電気代の支払いに使うことができません。

東京電力や中部電力など、他の地域の大手電力会社のポイントサービスでは、Tポイントやponta、nanaco、waonなどなど、色々なポイントと交換することもできます。

ですが、北陸電力のほくリンクでもらえるポイントは、auまたはドコモのポイントとの交換のみ、もしくは地域の百貨店やスーパーなどで使える商品券との交換しかできません。
(1000ポイントで1000円分の商品券に交換可)

デパートのイメージ画像

また、電気deポイントプラスに登録してもスマートメーターの取り換え工事が行われるわけではありません。

なので、ほくリンクの会員サイトで料金・使用量がひと目でわかるといっても、紙の検針票のデータと変わらず1ヶ月分のデータをWEB上で見れるようになるだけ。

旧式の電力メーターからスマートメーターにすると、30分毎の電力使用量をほぼリアルタイムで確認できるようにもなりますが、じつは「電気deポイントプラス」に登録するだけでは最新のデータは確認できません。

損をして悲しんでいる女性のイメージ画像

スマートメーターは新電力切り替え世帯を優先して取り換え

富山・石川・福井の北陸電力エリアでも、今では電気代がより安くお得になる新電力会社はたくさん登場しています。

スマートメーターへの取り換え工事は、新電力会社に切り替える世帯を優先に行うように、電力業界内での取り決めがありますので、本当は新電力会社への切り替えを先にすべきなんです。

北陸電力株式会社はすでに販売部門と送配電部門の分社化を完了しています。

今も北陸電力の旧プラン(従量電灯B/C)を利用しているような方は、早めに新電力会社に切り替えておきましょう。

この記事の監修担当
南部修一
南部修一
※1974年生まれ 電力自由化、太陽光発電、再生可能エネルギー関連情報の広報を担当
@246anbem(NPCプラン@LINEアカウント)
当ページの内容について疑問のある方は、最下段のコメント欄で気軽にご質問ください。
メールフォームやLINEなどでも無料相談に応じています。
スポンサーリンク
あわせて読みたい参考情報

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。