四国地方

四国地方おすすめ新電力会社~生活スタイル編~

四国のひまわり畑イメージ
記事URLとタイトルをコピーする
提供:株式会社サウスフィールドプランニング

四国地方のおすすめ新電力会社

はじめに
このページでは四国地方(※)にお住まいの方を対象に、電気料金がより安くお得になる新電力会社の情報を案内しています。
(※)愛媛県、高知県、香川県、徳島県(離島は対象外です)
結論から言うと
四国地方の一般家庭や小規模事業所が利用できる主な格安新電力には
  • リミックスでんき
    ※2022年4月7日以降の新規受付を停止しています
  • Looopでんき
    ※2022年4月1日以降の新規受付を停止しています
などがあります。
どれがもっともお得になるか?は、
世帯人数や生活スタイル、電気の契約容量などによっても異なるため以下にそれぞれ詳しく解説します。

ロシアによるウクライナ侵攻の影響で電力市場の高騰が続いており、小売電気事業からの撤退(てったい)や事業譲渡、料金プランの値上げに踏み切る新電力会社が2022年3月以降続出しています。

現在の新電力業界は大荒れのため、もう少し状況が落ち着く秋ごろをめどに改めて当ページを編纂(へんさん)しなおします。

それまで当ページの内容は2022年3月以前の過去情報として参考にしていただきますようお願いいたします。

スポンサーリンク

【緊急情報】

ウクライナ侵攻や円安などの影響で原油や天然ガスの輸入価格が高止まりしているため新電力各社は経営状況がひっ迫し、次々と新規受付の停止や事業撤退に追い込まれています。
そしてついには電気契約の内容を変更し、料金の値上げに踏み切る新電力会社も現れ始めました。(楽天でんきやグランデータなど)
そこで以下のページ内で今後の値上げを発表している新電力会社と、そこからの避難先となる電力会社(≒小売電気事業者)の最新情報をまとめて紹介しています。参考にしてください。
街並みイメージ
家族のパターン
新電力会社の乗り換え申し込みはインターネットから10分程度で手続きできます。
その際に利用中の電力会社への解約の連絡は必要ありません。
解約手続きは申し込んだ電力会社が代行してくれます。
ただし引っ越しにおける新規申し込みの場合は、解約手続きはご自身で行う必要があります。
この記事の監修担当
南部修一
南部修一
※1974年生まれ 電力自由化、太陽光発電、再生可能エネルギー関連情報の広報を担当

1~2人暮らしのおすすめ新電力

1人暮らしや共働きなど、家を留守にすることの多い世帯の電気代は月々3,000~4,000円程で済むこともあるでしょう。

そういったケースでは格安新電力に乗り換えても電気代は月あたり100円~200円前後しか変わらず、金銭的なメリットはほとんどありません。(四国電力の従量電灯Aやおトクeプランとの比較です)

ですが、電気料金の安さだけでなく各社の独自サービスに目を向けると1~2人暮らしの方にもお得な新電力プランが見つかります。

清水
ペットを飼っているなどしてエアコンをいつも利用している人は
3~4人世帯におすすめの新電力会社の方を参考にしてください。
あわせて読みたい特集ページ
1人暮らしでも損しない、おすすめ電力会社を案内する女性【完全解説】1人暮らしでも損しない!おすすめ電力会社の選び方

リミックスでんき|電気代割引・仮想通貨付与プラン

株式会社リミックスポイントの「電気代割引プラン」は四国電力の「従量電灯A/B」と比べて基本料金(最低料金)と従量料金が一律5%割引になります。

電気使用量が多くても少なくても必ず5%お得になるため、従量電灯Aからの切り替えで損はありません。

リミックスでんき「電気代割引プラン」と四国電力「従量電灯A」の単価比較表
区分 リミックスでんき
電気代割引プラン
四国電力
従量電灯A
最低料金
最初の11kWhまで
390.83円
(5%安)
411.4円
1kWhあたりの電力量単価 12~120kWhまで 19.35円
(5%安)
20.37円
121~300kWhまで 25.64円
(5%安)
26.99円
300kWh超 28.97円
(5%安)
30.5円
(注)実際の電気料金には電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます
あわせて読みたい参考記事
1人暮らしイメージリミックスでんきは1人暮らしにもお得?デメリットは?

リミックスでんきでは「仮想通貨付与プラン」といったユニークな電気契約を選ぶこともでき、このプランでは5%割引分が日本円ではなくビットコインで還元されます。

ビットコインや暗号資産に興味はあるけど、わざわざ自分で買うのはちょっと抵抗があるという方におすすめです。

仮想通貨付与プランについては以下の記事内で詳しく解説しています。あわせて参考にして下さい。

仮想通貨(暗号資産)リミックスでんき 仮想通貨付与プランのメリットとは?

どちらのプランも解約違約金はかかりません。いつでも気軽に切り替えできます。

(注)ウクライナ侵攻などの世界情勢による燃料費高騰のあおりを受け、2022年4月7日より新規申し込みが停止されます(再開日未定)

他社サービスとのコラボプラン

1人~2人暮らしでさほど電気を使わない場合は、どんなに安い新電力に乗り換えても月あたり200~300円安くなる程度ですが、、、

他社サービスとのコラボプラン(セットプラン)を利用すると、月々の電力使用量が少ない方ほど相対的によりお得になります。

清水
他社サービスとのセットでお得になる新自由料金メニューは別ページにまとめて案内しています。
メニュー他社サービスとコラボでお得になる電気ガス料金メニューの一覧
イメージ画像

世帯人数3~4名におすすめの新電力会社

4人家族イメージ

家族の人数が多くなると誰かしら家に居ることも増え、電気代は1万円を超える月も多くなります。
冬場には月15,000円を超えることもあるでしょう。(ペットを飼っていればなおさらです)

その場合、四国電力の従量電灯Aおトクeプランを利用している方は、ここでお勧めする新電力プランに切り替えると春秋の電気代は月600~800円以上、夏冬なら月1,600~2,000円以上安くなります。

数万円のお得イメージ

四国電力から別の小売電気事業者(新電力会社)に変えても電気の安定供給や保守点検サービスなどは、これまでと変わらず四国電力送配電が管轄します。

ですので災害時などに電気供給サービスが悪くなるといった心配はいりません。
(経済産業省管轄の電力・ガス取引監視等委員会が常に目を光らせています)

エルピオでんき|使った分だけSプラン

千葉県の老舗LPガス販売会社が運営するエルピオでんき「使った分だけSプラン」は、電気の最大需要容量6KVA未満で利用できる一本単価の従量電灯プランです。

四国電力の従量電灯Aやおトクeプランの電気代が月10,000~15,000円だとすると、使った分だけSプランの電気代はそれよりも月600円~1,600円ほど安くなります。

エルピオでんき「使った分だけSプラン」と四国電力「従量電灯A」の単価比較表
区分 エルピオでんき
使った分だけSプラン
四国電力
従量電灯A
最低料金
最初の11kWhまで
330円
(19.7%安)
411.4円
1kWhあたりの電力量単価 12~120kWhまで 一律23.94円 20.37円
121~300kWhまで 26.99円
300kWh超 30.5円
(注)実際の電気料金には電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます

エルピオ利用客には電気のトラブル駆けつけサポート(出張費と60分以内の作業費が無料)ももれなく附帯し、さらにエルピオクラブの優待サービス新規契約で5,000円分のキャッシュバックなどの特典もあります。

(注)ウクライナ侵攻などの世界情勢による燃料費高騰の影響を受け、2022年4月30日をもって供給停止および小売電気事業からの撤退を表明しています
あわせて読みたい参考記事
エルピオでんきトップページキャプチャーエルピオでんきの評判とメリット&デメリットを徹底調査!

サニックスでんき|サニックステラセーバーS

福岡県博多に本社を置く株式会社サニックスの新電力プラン「サニックステラセーバーS」は、電気の最大需要容量が6KVA未満の需要家向けの従量電灯プランです。

基本料金+一本単価のシンプルな料金設定で、月間電力使用量が370kWh(四国電力・従量電灯Aの電気代に換算して約1万円)を超える範囲では四国電力エリア最安レベルの電気代を実現できます。

サニックスでんき「サニックステラセーバーS」と四国電力「従量電灯A」の単価比較表
区分 サニックスでんき
サニックステラセーバーS
四国電力
従量電灯A
最低料金
最初の11kWhまで
基本料金
176円/月
411.4円
1kWhあたりの電力量単価 12~120kWhまで 一律22.91円
(0kWh~)
20.37円
121~300kWhまで 26.99円
300kWh超 30.5円
(注)実際の電気料金には電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます
実際の電気代がいくらになるか?は、当サイトの一括比較シミュレーターで確認できます。
正確さNo.1電気代比較サービス
NPCプランでは全国のべ400社の電力会社の料金プランをスピーディーに比較できます。
※ご利用は無料、メールアドレスなど個人情報の入力は一切不要です
計算プログラムには再エネ賦課金や燃料費調整額も含まれ、毎月ごとに最新単価に更新していますので、他のどの比較サイトよりも正確かつ具体的な電気料金を確認できます。

Looopでんき|おうちプラン

四国地方の電力販売量ランキングでもBEST5に入る「Looopでんき」は基本料金0円&一本単価のシンプルな電気料金プランの先駆けとしても知られる新電力会社です。

太陽光発電のFIT売電をしている家庭は「Looopでんき+ソーラー割」という特約に申し込むことで電力量単価が1円/kWh引きになり、先に紹介したエルピオでんきなどよりも安価な電気代を実現できます。

Looopでんき「おうちプラン」と四国電力「従量電灯A」の単価比較表
区分 Looopでんき
おうちプラン
四国電力
従量電灯A
最低料金
最初の11kWhまで
なし 411.4円
1kWhあたりの電力量単価 12~120kWhまで 一律24.4円
(0kWh~)
(※)オプション割(Looopでんきプラス)の適用で、1kWhあたり1円~最大5円引きになります
20.37円
121~300kWhまで 26.99円
300kWh超 30.5円
(注)実際の電気料金には電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます
こうた
まずはLooopでんき公式シミュレーションを試してみよう!
Loooでんき+ソーラー割の電気代がどれくらいお得になるか?簡単にチェックできるよ。
(注)ウクライナ侵攻などの世界情勢による燃料費高騰のあおりを受け、2022年4月1日より新規申し込みの受付を停止しています(6月頃に再開予定)
こちらの記事も参考にどうぞ
太陽光発電イメージLooopでんきのメリット&デメリットを小売電気アドバイザーが徹底解説!

世帯人数5名以上の家庭におすすめ

2世帯家族イメージ

家族の人数が5名以上になると、電気代は毎月1万5千円を超えることも珍しくありません。

その場合、四国電力の従量電灯Aおトクeプランから次に案内する新電力プランに切り替えると、電気代は月あたり2,000円以上、年間で2万円以上安くなります。

清水
なお、四国電力の従量電灯Bなどの電気容量7kVA以上の料金プランを利用している方は『事業所・商店や大家族におすすめの新電力』を参考にしてください。

エルピオでんき|使った分だけSプラン

サービス説明・かんたん紹介はこちらから
あわせて読みたい参考記事
エルピオでんきTOPページキャプチャー画像エルピオでんきの最新キャンペーンと電気料金比較表
(注)ウクライナ侵攻などの世界情勢による燃料費高騰の影響を受け、2022年4月30日をもって供給停止および小売電気事業からの撤退を表明しています

サニックスでんき|サニックステラセーバーS

サービス説明・かんたん紹介はこちらから
各社の電気代を正確に比較できるNPCプラン電気料金シミュレーター
電気料金一括比較かんたんシミュレーター
電気料金一括比較かんたんシミュレーター
12ヶ月分の年間電気代比較シミュレーター
12ヶ月分の年間電気代比較シミュレーター

オール電化住宅のおすすめ新電力プラン

はじめに知っておきたい参考情報
オール電化プランのある新電力
  1. idemitsuでんき
    (オール電化プラン)
  2. Looopでんき
    (※)2022年4月1日以降の新規受付を停止しています
    (スマートタイムプラン)
清水
四国電力エリアでオール電化住宅向けプランのある新電力は、idemitsuでんきLooopでんきなどがあります。
オール電化向けの新電力会社 一覧オール電化住宅でも電気代が安くなる新電力 一覧
清水
出光興産(idemitsuでんき)のオール電化プランは四国電力のでんかeプランよりもわずかに安くなる程度なので
現行の電化住宅向けプランを切り替えるならLooopでんきのスマートタイムプランに注目です。
スマートタイムプランの解説と電気料金シミュレーション
Looopでんき『スマートタイムプラン』のメリット&デメリットLooopでんき『スマートタイムプラン』のメリット&デメリット
(注)ウクライナ侵攻などの世界情勢による燃料費高騰のあおりを受け、2022年4月1日より新規申し込みの受付を停止しています(6月頃に再開予定)
イメージ画像

事業所・商店や大家族におすすめ

飲食店の女性スタッフイメージ

個人経営の商店や飲食店、美容室などの事業所では、固定費の削減のためにも電力会社や料金プランの定期的な見直しをお勧めします。

とくに四国電力の従量電灯Bなど、7KVA(または6kW)以上の従量電灯プランを利用している方は電気代が大幅に安くなる可能性大です。

以下にオススメする新電力プランに切り替えると信じられないかもしれませんが、毎月の電気料金を20%以上削減できることも!

清水
2~3世帯住宅でも7KVA以上の従量電灯Bを契約しているケースはよくあります。
その場合も新電力プランに切り替えるだけで電気代はかなりお安くなりますよ♪

エルピオでんき|使った分だけLプラン

エルピオでんきは千葉県の老舗LPガス販売会社が運営する、全国でも人気の格安新電力です。

「使った分だけLプラン」は基本料金無料&一本単価のシンプルな従量電灯プランで、同時に使用する電気の最大需要容量が6KVA~50KVA未満の場合に利用できます。

四国電力の従量電灯Bの基本料金は1KVAあたり374円、電気容量10kVAの場合には基本料金だけで月3,740円にもなりますが、
エルピオでんきなら基本料金は一切かかりません。

1kWhあたりの電力量単価は一律24.44円、四国電力・従量電灯Bの単価と比べると3段目(300kWh以降)から安くなります。

エルピオでんき「使った分だけLプラン」と四国電力「従量電灯B」の比較表
区分 エルピオでんき
使った分だけLプラン
四国電力
従量電灯B
基本料金/月 無料
(100%安)
1kVAにつき
374円
1kWhあたりの電力量単価 120kWhまで 一律24.44円 16.97円
121~300kWhまで 22.5円
300kWh超 25.42円
(注)実際の電気料金には電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます

エルピオでんきには『電気のトラブル駆けつけサポート』(出張費と60分以内の作業費無料)『エルピオクラブ』などの顧客サービスも充実しています。
新規申し込み客には1万円のキャッシュバック特典があるところにも注目です。

(注)ウクライナ侵攻などの世界情勢による燃料費高騰の影響を受け、2022年4月30日をもって供給停止および小売電気事業からの撤退を表明しています

リミックスでんき|使い得ビジネスプラン

リミックスでんきの「基本料金0円使い得ビジネスプラン」は月間の電気使用量に応じて単価が3段階で安くなっていく従量電灯プランです。
(同時に使用する電気の最大需要容量が6KVA~50KVA未満の需要家が利用できます)

月間120kWhを超える単価はエルピオでんきよりも安く、電気の契約容量(kVA数またはkW数)や月間電力使用量(kWh数)が大きい需要家ほどお得になります。

リミックスでんき「使い得ビジネスプラン」と四国電力「従量電灯B」の比較表
区分 リミックスでんき
使い得ビジネスプラン
四国電力
従量電灯B
基本料金/月 無料
(100%安)
1kVAにつき
374円
1kWhあたりの電力量単価 120kWhまで 26.5円 16.97円
121~300kWhまで 24.5円 22.5円
300kWh超 23円
(9.5%安)
25.42円
(注)実際の電気料金には電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます

使い得ビジネスプランに解約違約金の設定はありません。
個人・法人どちらも気軽に利用できます。

リミックスでんきTOPページキャプチャーリミックスでんきの評判は?運営会社やサービス内容を詳しく解説!
(注)ウクライナ侵攻などの世界情勢による燃料費高騰のあおりを受け、2022年4月1日より新規申し込みの受付を停止しています(再開日未定)

Looopでんき|ビジネスプラン

Looopでんき(株式会社Looop)は基本料金無料&一本単価のシンプルな電気料金プランの先駆けとして知られる新電力会社です。

ビジネスプランの電力量単価は1kWhあたり一律25.4円、四国電力の従量電灯Bの単価と比べると3段目(300kWh以降)から安くなりますが、

太陽光発電のFIT売電をしている方や、自宅で電気自動車の充電を行っている方などは「Looopでんき+(プラス)」という特割の適用により、エリア最安水準の電気代を実現できます。

Looopでんき「ビジネスプラン」と四国電力「従量電灯B」の比較表
区分 Looopでんき
ビジネスプラン
四国電力
従量電灯B
基本料金/月 無料
(100%安)
1kVAにつき
374円
1kWhあたりの電力量単価 120kWhまで 一律25.4円
(※)オプション割(Looopでんきプラス)の適用で、1kWhあたり1円~最大5円引きになります
16.97円
121~300kWhまで 22.5円
300kWh超 25.42円
(注)実際の電気料金には電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます
あわせて読みたい参考記事
Looopでんき「ビジネスプラン」Looopでんき『ビジネスプラン』のメリット&デメリットを徹底解説!
こうた
事業所向けプランの基本料金は、やたらと高くなることが多いけど、
Looopでんきだとそれがまるまる無料になるってのは、やっぱりスゴイね!
※昨今の燃料費高騰のあおりを受け、現在は新規申し込みの受付を停止しています

ちなみにLooopでんきには四国電力の「低圧電力」に相当する「動力プラン」も用意されています。

この動力プランも四国電力の電気代よりも安くなる可能性があり、従量電灯と低圧電力の両方をLooopでんきに乗り換えることで大幅なコスト削減が期待できます。

Looopでんき「動力プラン」低圧電力をLooopの動力プランに変更した方が良い理由
(注)ウクライナ侵攻などの世界情勢による燃料費高騰のあおりを受け、2022年4月1日より新規申し込みの受付を停止しています(6月頃に再開予定)
イメージ画像

実際の電力販売量ランキング

ランキングのイメージ画像

四国地方で申し込むことのできる電力会社(小売電気事業者)の中で、実際の電力販売量が多い電力会社をランキング形式でご紹介します。

電力販売量ランキング上位7社

四国地方(低圧・電灯)
順位 企業名 販売量
(千kWh)
1位 四国電力 1,714,341
2位 SBパワー
ソフトバンクでんき
192,007
3位 ハルエネ
(一般家庭は受付停止中)
142,832
4位 Looop
Looopでんき
53,380
5位 イーレックス
エバーグリーン・リテイリングなど)
47,025
6位 HTBエナジー
HISでんきなど)
42,926
7位 PinT 36,078
一般社団法人エネルギ―情報センター 2019年11月の実績値データより
清水
最後にもう一度、四国地方のおすすめ新電力会社を世帯人数別にご案内します。
世帯人数別おすすめ新電力
  1. 1~2人暮らしにおすすめ
  2. 世帯人数3~4名の家庭におすすめ
  3. 世帯人数5名以上の家庭におすすめ
  4. オール電化住宅におすすめ
  5. 事業所・商店や大家族におすすめ

【緊急情報】

ウクライナ侵攻や円安などの影響で原油や天然ガスの輸入価格が高止まりしているため新電力各社は経営状況がひっ迫し、次々と新規受付の停止や事業撤退に追い込まれています。
そしてついには電気契約の内容を変更し、料金の値上げに踏み切る新電力会社も現れ始めました。(楽天でんきやグランデータなど)
そこで以下のページ内で今後の値上げを発表している新電力会社と、そこからの避難先となる電力会社(≒小売電気事業者)の最新情報をまとめて紹介しています。参考にしてください。
記事URLとタイトルをコピーする

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。