TEPCO

東京ガスとTEPCOのセットプラン どっちがお得?

どっちがお得?
記事URLとタイトルをコピーする

東京ガスの供給エリア(東京地区等)にお住まいの方の中には

東京電力と東京ガスのどちらのセットプランを選んだ方が良いのか?

よく分からない、、と迷ってしまう人も多いようです。

イメージ画像
この記事の監修担当
南部修一
南部修一
※1974年生まれ 電力自由化、太陽光発電、再生可能エネルギー関連情報の広報を担当
@246anbem(NPCプラン@LINEアカウント)
当ページの内容について疑問のある方は、最下段のコメント欄で気軽にご質問ください。
メールフォームやLINEでも相談に応じています。
スポンサーリンク

電気と都市ガスをセットでまとめるなら?

「東京ガスと東京電力のどちらがお得?」という2択ならどちらを選んでも正直それほど大きな違いはありません。

両社の特徴や料金体系の違いは、このページの中頃でも詳しく紹介していますが、総合的なメリットで見れば、どちらもほぼ同じような内容です。

しいて言うなら、

ガスよりも電気を多く使用する方には東京ガスがおすすめ

電気よりもガスを多く使用する方にはTEPCO(東京電力EP)をおすすめします。

(注)ただし電気温水器やエコキュートのある電化住宅や、エネファームやエコウィルなどの専用ガス機器を設置している住宅、ガス床暖房で各種割引のあるご家庭などは対象外です

電力および都市ガスの小売自由化により、ガス販売会社の電気料金は従前の電力会社よりも安く、電力会社のガス料金は従前のガス販売会社よりも安いという、奇妙な逆転現象が起きています。

東電EP
(とくとくガスプラン)
東京ガス
(ファミリーセレクト)
・電気の使用量はあまり多くなく
・どちらかといえば都市ガスの使用量が多い方向き
※具体的にはガス代が月6,000円以上、電気代は月7,000円以下になることが多い方に向いています
・都市ガスの使用量は比較的少なく
・どちらかといえば電気の使用量が多い方向き
※具体的にはガス代は月6,000円以下、電気代は月7,000円以上になることが多い方に向いています

ただし、東京ガスや東京電力エナジーパートナー以外にも電気と都市ガスのセットプランを利用できる企業は色々あります。

2択ではなく、新規参入企業のセットプランを含めて選ぶと話はまた変わってきます。

人気の新電力&ガスセットプランBEST5

知名度や人気の高い企業を厳選し、各社の特徴を以下に分かりやすくまとめてみました。

東京電力EP・東京ガス・CDエナジーダイレクト・Looop・ENEOS・楽天エナジー セットプラン特徴
区分 電気代の特徴
(従量電灯プラン)
ガス代の特徴
(一般料金メニュー)
その他
東京電力EP 5社の中で一番高い
(ただし▲102円のセット割引あり)
東京ガスより一律3%安い
(初年度のみ8%安)
・くらしTEPCO webへログインすると50ポイント付与(毎月1回)
・ガス機器の修理サービス無料(10年以内・50万円まで)
・生活まわりトラブル24時間かけつけサポート無料(出張費と60分以内の作業費)
東京ガス 東京電力より0.5%~9%程安い
(▲0.5%のセット割含む)
5社の中で一番高い ・独自ポイント付与あり(電気支払い額の1.5%、ガス支払い額の0.5%)
CDエナジーダイレクト 東京電力より3%~10%程安い
(▲0.5%のセット割含む)
東京ガスより一律3.1%安い ・生活トラブルサポート(出張費のみ無料)
・中部電力カテエネポイント付与あり(電気料金の1%還元)
Looop 東京電力より6%~13%程安い
(▲2%のセット割含む)
(注)2022年6月の価格改定以降は割高になるケースがあります
東京ガスより0.5%~3%程安い
(ただしガス使用量15㎥~250㎥の範囲に限る)
・電気トラブル24時間かけつけサポート無料(出張費と60分以内の作業費)
・支払い方法はクレジットカード決済のみ
ENEOS 東京電力より0%~10%程安い 東京ガスより一律4%安い ・電気トラブル24時間かけつけサポート無料(出張費と60分以内の作業費)
・ENEOSカード払いで2ヶ月目から月額100円割引
・Tポイント付与あり(支払額の0.5%)
楽天エナジー 東京電力より1%~10%程安い(注)2022年6月の価格改定以降は割高になるケースが多くなります 東京ガスと同じ ・楽天スーパーポイント付与あり(電気&ガス料金の1%還元)
・楽天カード決済にするとポイント還元率が1%アップします

(※)上記7社の電気や都市ガスの切り替えの際の手数料や解約違約金などはありません
(ただし東電EPのプレミアムプランのみ解約違約金の設定があります)

イメージ画像
スポンサーリンク

これらの他にも、電気と都市ガスのセットプランを利用できる企業は数多くありますが、

当サイトでは

  1. 価格メリットの大きさ
  2. 生活まわりトラブル駆けつけサポートなどの充実度
  3. 契約手数料や解約違約金などがないこと
  4. 電力販売量の実績(ランキング50位以内)
  5. 利用客の実際の口コミ

以上の5項目を精査した上でおすすめセットプランを案内しています。

各社の詳しい解説記事もありますので参考にしてください。

あわせて読みたい解説記事

2022年最新のおすすめセットプラン

こうた
この中でどこが一番おすすめかな?

東京ガスの定める「東京地区等」エリアにお住まいの方にはCDエナジーダイレクトのセットプランをお勧めします。

CDエナジーダイレクトには生活周りのトラブル駆けつけサポートなどのオプションサービスも充実していますし、中部電力と大阪ガスが母体になるため電気や都市ガスの安定供給にも不安はありません。

実際にどれくらいお得になる?メリットまとめ

清水
東京電力エナジーパートナーや東京ガスの各ホームページを見ると、電気と都市ガスのセット契約のおトク額は次のように案内されています。
東京電力エナジーパートナー
電気40A:400kWh/月、ガス40㎥/月で算定
東京電力エナジーパートナーの電気とガスセット「オトク額」
電気+ガス セット契約のおトク額
年間7,800円
【都市ガス】東京ガスの一般契約より約3%OFF(初年度のみ約8%OFF)
【電気】毎月102円引き、くらしTEPCO webへログインすると50ポイント付与(毎月1回)
【特典】ガス機器の修理代無料サービス(10年以内・自然故障のみ)
電気・生活まわりトラブル駆けつけサービス無料
WEB申し込みで500ポイントプレゼント
【その他】解約違約金および契約手数料なし
東京ガス
電気40A:392kWh/月、ガス42㎥/月で算定
東京ガスの電気とガスセット「オトク額」
電気+ガス セット契約のおトク額
年間11,300円
【都市ガス】引越しなどで使用開始時に最大2,000ポイントプレゼント、1,000円につき5ポイント(0.5%還元)
【電気】基本料金+従量料金から0.5%割引、1,000円につき15ポイント(1.5%ポイント還元)
【その他】解約違約金および契約手数料なし
清水
同じ条件(※)でCDエナジーダイレクトのセットプランのお得額を試算すると、次のようになります。
(※)電気40A:400kWh/月、ガス40㎥/月

CDエナジー セットプランのメリット

CDエナジーダイレクト電気&都市ガスセットのおトク額
年間12,190円
【都市ガス】東京ガスの一般契約よりも一律3.6%安い
【電気】東京電力のスタンダードSよりも3%~10%前後安い
【特典】生活周りのトラブル駆けつけサポート附帯
電気料金の1%相当のポイント還元
利用客向けの還元サービスを不定期に開催
【その他】解約違約金および契約手数料なし
こうた
ということは、
東京電力の年間お得額が7,800円で、東京ガスは11,300円だから、
年間お得額12,190円のCDエナジーダイレクトの方がおトクってことだね。
清水
さらに新規申し込みでもらえるキャンペーン特典を含めるとCDエナジーダイレクトなら最大26,000円以上のお得になりますよ♪
CDエナジーダイレクトの主なメリット
  • 他の大手企業よりも電気やガスの料金単価は比較的安い
    (東京電力や東京ガスと比べると確実にお得)
  • 大阪ガスと中部電力が母体となる超優良企業
  • ポイントサービス(1%還元)や生活まわり駆けつけサポートも充実
  • 電気とガスどちらもセット割(0.5%)の適用あり
  • 解約違約金や契約手数料は一切なく安心して利用できる
    (市場連動型ではないので急な値上がりの心配もなし)
(※)切り替えの申し込み手続きはWEBサイトから10分ほど完了します。
もし切り替えた後に気に入らないことがあれば、いつでも無条件で元の電力会社に戻すこともできます。
【新電力PR 2022年上半期】いま注目の新電力会社BEST8
CDエナジーダイレクトのロゴ画像
CDエナジーダイレクト
東京ガスのロゴ画像
東京ガス
ドコモでんきのロゴ画像
ドコモでんき
LOOOPでんきのロゴ画像
Looopでんき
リミックスでんきのロゴ画像
リミックスでんき
まちエネ(三菱商事&LAWSON)のロゴ画像
まちエネ
ただいま広告募集中4 ただいま広告募集中5

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。