CDエナジーダイレクト

CDエナジーダイレクトの電気契約【5つの注意点】とは?

記事URLとタイトルをコピーする
イメージ画像
この記事の監修担当
南部修一
南部修一
※1974年生まれ 電力自由化、太陽光発電、再生可能エネルギー関連情報の広報を担当
@246anbem(NPCプラン@LINEアカウント)
当ページの内容について疑問のある方は、最下段のコメント欄で気軽にご質問ください。
メールフォームやLINEでも相談に応じています。
スポンサーリンク
こうた
こうた
最近「CDエナジー」っていう新電力のCMをよく見かけるんだけど、、
そんな新電力会社、前からあったっけ??
清水
清水
唐沢寿明さんと福原遥さんのCMですね。
CDエナジーダイレクトは中部電力と大阪ガスの共同出資で2018年に誕生した新電力会社です。
あのCMのおかげで知名度もずいぶん上昇しているみたいですよ。
こうた
これってどうなの?ほんとに安いのかな?
清水
電気料金(や都市ガス料金)の安さだけなら5段階評価で星3つくらいですけど、ポイント還元とかもありますし、都市ガスと電気のセット契約で0.5%割引になりますから星4つといったところですかね。
清水
東京電力エナジーパートナーの従量電灯からの乗り換えならそれより高くなることはありません。
少なくとも損をするようなことはないですよ。
CDエナジーダイレクトの主なメリット
  • 他の大手企業よりも電気やガスの料金単価は比較的安い
    (東京電力や東京ガスと比べると確実にお得)
  • 大阪ガスと中部電力が母体となる超優良企業
  • ポイントサービス(1%還元)や生活まわり駆けつけサポートも充実
  • 電気とガスどちらもセット割(0.5%)の適用あり
  • 解約違約金や契約手数料は一切なく安心して利用できる
    (市場連動型ではないので急な値上がりの心配もなし)
(※)切り替えの申し込み手続きはWEBサイトから10分ほど完了します。
もし切り替えた後に気に入らないことがあれば、いつでも無条件で元の電力会社に戻すこともできます。

CDエナジーと東電EPの電気料金比較表

清水
CDエナジーの「あなた電気(ベーシックでんきB/C、ファミリーでんき)」と、東電EPのスタンダードS/Lの両プランを比較してみましょう。↓↓↓
東京電力エナジーパートナー スタンダードS/L
基本料金
10A(1kVA)につき
1kWhあたりの電力量単価
~120KWh 121~300kWh 300kWh超
286円 19.88円 26.46円 30.57円
CDエナジー ベーシックでんきB/C
基本料金
10A(1kVA)につき
1kWhあたりの電力量単価
~120KWh 121~300kWh 300kWh超
267.66円 19.78円 25.47円 26.38円
-18.34円
(6.4%安)
-0.1円
(0.5%安)
-0.99円
(3.7%安)
-4.19円
(13.7%安)
ファミリーでんき
基本料金
10A(1kVA)につき
1kWhあたりの電力量単価
~120KWh 121~300kWh 300kWh超
267.66円 7,049.16円(定額料金) 25.47円
-18.34円
(6.4%安)
300kWhで-99円
(1.3%安)
-5.1円
(16.7%安)
(注)実際の電気料金には電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます
※CDエナジーにはオール電化向けの「スマートでんき」というプランもありますが、単価設定は東電EPのスマートライフS/Lとまったく同じなので掲載を省きます

具体的にいくら安くなる?

清水
「ベーシックでんき」と「ファミリーでんき」の基本料金と電力量単価は、どちらも東電EPよりも安く設定されています。
ですので契約容量や電力使用量にかかわらず、月々の電気代は東電EPよりも確実にお得になります。
清水
CDエナジーの電気料金は具体的にいくら安くなるか?については、次の比較表をご確認ください。
CDエナジー(ベーシックでんき)はいくら安くなる?【料金早見表】
【CDエナジーと東京電力EPの電気料金比較表】
契約アンペア数と電力使用量 東電EP(スタンダードS)との差額
30A契約
(1~2人世帯)
月100kWhの場合
CDエナジー(ベーシックでんき)の方が
月額 -66円 安い
30A契約
(1~2人世帯)
月200kWhの場合
CDエナジー(ベーシックでんき)の方が
月額 -148円 安い
30A契約
(2~3人世帯)
月300kWhの場合
CDエナジー(ベーシックでんき)の方が
月額 -249円 安い
40A契約
(3~4人世帯)
月400kWhの場合
CDエナジー(ベーシックでんき)の方が
月額 -687円 安い
50A契約
(4~5人世帯)
月500kWhの場合
CDエナジー(ベーシックでんき)の方が
月額 -1,124円 安い
60A契約
(5~6人世帯)
月600kWhの場合
CDエナジー(ベーシックでんき)の方が
月額 -1,561円 安い
(※1)各種ポイントや割引額(0.5%セット割など)は差額に含みません
(※2)2020年4月の差額です
こうた
5段階評価で3か4って言ってたけど、けっこう安くなるじゃん!
ポイント還元も含めたら、かなりお得なんじゃないの??
清水
そうですね。
CDエナジーダイレクトは他社との連携や新しい取り組みにも積極的ですし、これからも注目すべき新電力の一つと言えるでしょうね。
【新電力PR 2022年上半期】いま注目の新電力会社BEST8
CDエナジーダイレクトのロゴ画像
CDエナジーダイレクト
東京ガスのロゴ画像
東京ガス
ドコモでんきのロゴ画像
ドコモでんき
LOOOPでんきのロゴ画像
Looopでんき
リミックスでんきのロゴ画像
リミックスでんき
まちエネ(三菱商事&LAWSON)のロゴ画像
まちエネ
ただいま広告募集中4 ただいま広告募集中5
あわせて読みたい参考記事

CDエナジーの電気契約 5つの注意点

CDエナジーダイレクトは比較的若い世帯層をターゲットにしているようで「ベーシックでんき」や「ファミリーでんき」の他にも、以下の電気料金メニューを選べます。

  • シングルでんき
  • ポイントでんき
  • エンタメでんき
  • よしもとでんき
  • KODOMO新聞でんき

ただ、これらはホームページですごくお得なようにアピールされていますが、あまり過剰な期待は禁物です。

例えば「シングルでんき」の単価設定は、じつは東電の従量電灯Bとまったく変わりません。

こうた
ん?どゆこと??

① シングルでんきやポイントでんきの注意点

清水
ベーシックでんきやファミリーでんきと違って、シングルでんきとポイントでんきの単価は、東電EPよりも安い設定にはなってないんですよ。
東電の従量電灯Bと同額なので、例えばポイントでんきは最大6%のポイント還元があるといっても、電気代自体はベーシックでんきやファミリーでんきより高くなります。
ポイントでんき・シングルでんき
基本料金
10A(1kVA)につき
1kWhあたりの電力量単価
~120KWh 121~300kWh 300kWh超
286円
(30A以上)
19.88円 26.48円 30.57円
東電と同じ +0.02円
(0.1%高)
東電と同じ
(注)実際の電気料金には電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます
こうた
なるほどね。
電気代は東電EPと同じになって、その代わりにポイントで還元するってことか。
清水
そういうことです。
それと、シングルでんきは30アンペア以上でしか契約できません。
1人暮らしの場合は20Aでも十分足りるケースがあるので、30Aからしか契約できないシングルでんきにすると、むしろ割高になることもあります。
清水
また、HPにはシングルでんきは電力使用量にかかわらず毎月100円割引とあります。
でも、東電EPから乗り換えると口座振替割引(▲55円)が無くなるので、実質的な割引額は45円というところにも注意が必要です。
こうた
じゃあ、「エンタメでんき」とか「よしもとでんき」は?
これもやっぱり何か裏があるの??

② エンタメでんきやよしもとでんきの注意点

清水
「エンタメでんき」と「よしもとでんき」の単価も、やはり「ベーシックでんき」の設定とは異なるので、注意が必要ですね。
エンタメでんき・よしもとでんき
基本料金
10A(1kVA)につき
1kWhあたりの電力量単価
~120KWh 121~400kWh 400kWh超
267.66円 19.78円 25.79円 30.57円
-18.34円
(6.4%安)
+408.33円/月)
-0.1円
(0.5%安)
300kWhまで
-0.67円
(2.5%安)
300~400kWhまで
-4.78円
(15.6%安)
東電と同じ
(注)実際の電気料金には電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます

上の表を見るとわかるように、400kWh以降の単価は東電EPの従量電灯Bと同額です。

CDエナジーのホームページを見ると、40A契約の400kWh/月で年間8,340円安くなる、という試算結果も紹介されていますが、、↓↓↓

(※)下記画像はCDエナジーダイレクトHPより引用
CDエナジー「よしもとでんき」のお得額の説明表

じつは、この「8,340円/年」がお得額の最大値であり、それ以上は割安になりません。

清水
「エンタメでんき」や「よしもとでんき」の場合、月間の電力使用量が400kWhを超えると従量単価はベーシックでんきなどよりも割高になるので、どれだけ多くの電気を使っても、それ以上はお得にならないんですよね。

③ Amazonプライムや大阪チャンネルは無料ではない!?

清水
ホームページには「Amazonプライムや大阪チャンネルの年会費はCDエナジーが負担」と記載されているので、それらの年会費が無料になると勘違いする人もいますが、、、
じつは通常の基本料金に408円が毎月上乗せされるので、結局は利用者が年会費を支払うのと同じことなんですよ。
こうた
え~!?無料じゃないんだ!?
毎月408円払うってことは、普通に年会費払うのと全然変わらないじゃん。。

④ 解約の際には違約金や解約手数料も

しかも「エンタメでんき」や「よしもとでんき」は途中解約すると、契約終了月までの残月数×400円の金額に相当する解約手数料を支払わなければいけません。

清水
Amazonプライム(年会費4,900円)や、大阪チャンネル(年額4,980円)とベーシックでんきを、個別に契約した場合の試算結果と比べても、たったの数十円しか変わりません。
ですから、わざわざそんな使い勝手の悪いセット契約をする必要はないと思いますよ。

⑤ メールの開封忘れに要注意!

清水
あと、Amazonプライムの更新コードは毎年メールで送られますが、迷惑フォルダに紛れて開封を忘れたり、メールを削除したりしてしまうと、2度と再発行はしてくれません。
大損するリスクもありますので気をつけてください。
『電気と〇〇の同時加入でお得!』といったセット販売は、顧客に離脱されないようにしたり、他社との価格競争に巻き込まれないようにするための、電力会社やガス会社などの戦略でもあります。
メリットだけでなくデメリットもあることを踏まえた上で、あまり複雑な契約はしないように注意しましょう。

CDエナジー電気契約プランの特徴まとめ

清水
最後に、CDエナジーの電気契約プランの特徴を、それぞれ分かりやすく一覧表にしてみました。
CDエナジー(あなた電気)の種類と特徴
ベーシックでんきB/C
・基本料金と3段階の電力量単価の従量電灯プラン
・単価は東電の従量電灯B/CやスタンダードS/Lよりも安い
ファミリーでんき
・毎月300kWh以上の電気を使う方向けの従量電灯プラン
・300kWhまでは定額料金制(7,049.16円)
・300kWh以降の単価はベーシックでんきよりも0.91円/kWh安い
スマートでんき
・オール電化向け(1時~6時までの時間帯の単価が安い)
・単価設定は東電EPのスマートライフS/Lと同じ
シングルでんき
・基本料金と電力量単価は東電EPの従量電灯Bと同額
・毎月100円割引あり
・20A以下では契約不可
ポイントでんき
・基本料金と電力量単価は東電EPの従量電灯Bと同額
・毎月の電気代に応じて1%~6%のポイント付与
エンタメでんき
・基本料金はベーシックでんきと同額+毎月408円上乗せ
・400kWhまでの電力量単価は東電EPの従量電灯B/Cよりも安い
・400kWh以降の電力量単価は東電EPの従量電灯B/Cと同額
よしもとでんき
KODOMO新聞でんき
・基本料金と電力量単価どちらもベーシックでんきと同額
・毎月の基本料金に400円上乗せ
※すべてのプランで電気料金100円ごとにカテエネポイント1P付与サービスあり
※都市ガスと電気のセット契約にすると、それぞれの料金が0.5%割引になります
あわせて読みたい参考記事
CDエナジーダイレクトの電気&ガスプランを徹底比較!【完全解説】CDエナジーダイレクトの電気&ガスプランを徹底比較!
清水
こちらはCDエナジーダイレクトのCMメイキング映像です↓↓↓
キャラ沢さんと福原遥ちゃんの掛け合いが面白いですよ♪
CDエナジーダイレクトの主なメリット5つ
  • 東京電力や東京ガスよりも安い!
    (注)ベーシックでんき・ベーシックガスの場合
  • 大阪ガスと中部電力が母体となる超優良企業
  • ポイントサービス(1%還元)や生活まわり駆けつけサポートも充実
  • 電気とガスどちらもセット割(0.5%)の適用あり
  • 解約違約金や契約手数料は一切なく安心して利用できる
    (市場連動型ではないので急な値上がりの心配もなし)
(※)切り替えの申し込み手続きはWEBサイトから10分ほど完了します。
もし切り替えた後に気に入らないことがあれば、いつでも無条件で元の電力会社に戻すこともできます。
記事URLとタイトルをコピーする

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。