中国地方

中国電力『低圧電力』切り替えおすすめ新電力プラン【2選】

中国電力「低圧電力(動力)」

当ページは各社の最新の料金改定をまだ反映していません。
ここに記載されている内容は、2024年夏頃までをめどに編纂(へんさん)しなおします。

それまで当ページの内容は2023年3月以前の過去情報として参考にしていただきますようお願いいたします。

低圧電力(動力)の切り替え対象プラン

『低圧電力』は三相3線式200ボルトで動力機(モーター)を使用する需要家向けの電気契約メニューです。

中国電力の低圧電力よりも電気代が安くなる新電力プランは

  1. Looopでんき『動力プラン』
    (注)2022年12月より市場連動型プランに変更されています
  2. シン・エナジー『低圧動力ワイド』
    (注)2023年4月より市場連動型の独自調整額を採用しています

上記2社の料金プランがあります。

イメージ画像
この記事の監修担当
SFP

新エネルギーメディア事業部 編集班
小売電気事業・都市ガス小売事業・太陽光発電事業・家庭向け蓄電池販促事業などの広報を担当
NPCプランイメージイラスト
当ページの内容について疑問のある方は、最下段のコメント欄またはメールフォームから気軽にご質問ください。
事業所や一般家庭を対象に、電気やガスの切り替えに関する有料相談にも応じています。
本気(マジ)でお得な切り替え先案内サービスはこちら(5,000円/1件)

「低圧電力」を新電力に変更する際の留意点

ひと月の電力使用量(KWh数)が契約電力(kW数)を70倍した数以下に収まる場合は、Looopでんき「動力プラン」のご利用をおすすめします。

たとえば5kW契約の場合、月間電力使用量350kWhを超える月が少ないようならLooopでんきに切り替えましょう。

あわせて読みたい参考記事
Looopでんき「動力プラン」低圧電力をLooopの動力プランに変更した方が良い理由
イメージ画像

そしてひと月の電力使用量(KWh数)が契約電力(kW数)の70倍を超え、120倍までに収まるような方は、シン・エナジーの「低圧動力ワイド」を選びましょう。

たとえば契約電力が10kWの場合、毎月の電力使用量が700~1200kWhの範囲ではシン・エナジーが最安料金になります。

あわせて読みたい参考記事
口コミ情報シンエナジーの評判は?2017年から最近の口コミまで徹底調査!

低圧電力の料金単価比較表

中国電力とLooopでんきとシン・エナジーの低圧電力プラン単価比較表
区分 中国電力
(低圧電力)
Looopでんき
(動力プラン)
シン・エナジー
(低圧動力ワイド)
1kWあたりの基本料金/月 1,111円 710円
(36%安)
939.58円
(15.4%安)
1kWhあたりの電力量単価(夏季) 契約電力×100hまで 15.01円 19.3円
(28.5%高)
14.92円
(0.6%安)
契約電力×100h超 18.3円
(21.9%高)
1kWhあたりの電力量単価(その他季) 契約電力×100hまで 13.72円 15.2円
(10.7%高)
13.66円
(0.4%安)
契約電力×100h超 16.75円
(22%高)
(注)実際の電気料金にはどちらも電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます
清水
低圧電力の見直しは、契約電力(KW数)と過去12ヶ月分の電力使用量(kWh数)からベストプランを判断しましょう。
低圧電力の電気代は一括比較シミュレーターで確認できます
【PR】電気ガス引っ越しおすすめBEST8
CDエナジーダイレクトのロゴ画像
CDエナジーダイレクト
東京ガスのロゴ画像
東京ガス
Looopでんきのロゴ画像
Looopでんき
大阪ガスのロゴ画像
大阪ガス
オクトパスエナジーのロゴ画像
オクトパスエナジー
TOKAIでんきのロゴ画像
TOKAIでんき&ガス
中部電力ミライズのロゴ画像
中部電力ミライズ
東邦ガスのロゴ画像
東邦ガス
初心者向けアドバイス
電力会社を変えるときは何をすれば良い?
低圧電力(動力プラン)おすすめランキング
低圧電力(動力プラン)おすすめランキング

その他の乗り換えお勧め新電力

清水
中国電力の「低圧電力」以外の電気料金メニューの切り替え対象プランは、以下のページにまとめて掲載しています。
中国電力 切り替えおすすめ新電力プラン

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA