中部・東海地方

中部電力ミライズ『スマートライフプラン』切り替えおすすめ新電力BEST3

中部電力「スマートライフプラン」
記事URLとタイトルをコピーする

スマートライフプランの特徴

中部電力ミライズ『スマートライフプラン』は昼間の在宅が少ない方や、エコキュートや電気温水器を設置している家庭、夜間に電気を多く使う方などに適した電気料金メニューです。

単価の安いナイトタイムは、ライフスタイルに合わせて3種類の時間帯から選ぶことができます。

(※)ナイトタイムは「毎日21時~翌7時」「22時~翌8時」「23時~翌9時」の3種類から選べます(どれも計10時間)

中部電力のWEB会員サイト”カテエネ”に登録することで、毎月の電気料金200円につきカテエネポイント1Pが付与されます。(0.5%還元)

(※)燃料費調整額や再生可能エネルギー発電促進賦課金および各種割引額はポイント付与の対象外です

なお、スマートライフプランには「供給設備の工事または自然災害等による停電時の料金割引措置」は附帯していません。

この記事の監修担当
南部修一
南部修一
※1974年生まれ 電力自由化、太陽光発電、再生可能エネルギー関連情報の広報を担当
@246anbem(NPCプラン@LINEアカウント)
当ページの内容について疑問のある方は、最下段のコメント欄で気軽にご質問ください。
メールフォームやLINEでも相談に応じています。

スマートライフプランの乗り換えおすすめ新電力は?

『スマートライフプラン』よりも電気代が安くなる可能性のある新電力には

上記3社の季節別時間帯別電灯プランがあります。

ロシアによるウクライナ侵攻の影響で電力市場の高騰が続いており、新規受付の停止や小売電気事業から撤退(てったい)する新電力会社が続出しています。

現在の新電力業界は大荒れのため、もう少し状況が落ち着く2023年春頃をめどに改めて当ページを編纂(へんさん)しなおします。

それまで当ページの内容は2022年3月以前の過去情報として参考にしていただきますようお願いいたします。

スポンサーリンク

Looopでんき(スマートタイムプラン)

Looopでんきスマートタイムプラン案内ページ

Looopでんきスマートタイムプランの料金単価は、以下の表の通りです。

Looopでんきスマートタイムプランの中部電力エリア料金単価表

スマートタイムの単価は安く、ピークタイムの単価は高くなりますが

スマートタイム ピークタイム
春(3月~6月)と秋(10月~11月)
毎日10時~16時(6時間)
夏(7月~9月)と冬(12月~2月)
平日8時~18時(10時間)
17.5円(安い) 37.5円(高い)

この2つは年間の平均で見れば、ちょうど中間のリビングタイムと同じような単価になることが予想されます。

スマートタイムとピークタイムを含めて考えるとややこしくなるため、

電気料金のシミュレーションはリビングタイムとナイトタイムの単価だけで判断しましょう。

Looopでんきスマートタイムプランの中部電力エリア料金単価表

ナイトタイムとリビングタイムの単価だけにしぼって中部電力ミライズのスマートライフプランと比較すると、次のようになります。↓↓↓

『スマートライフプラン』と『スマートタイムプラン』の単価比較表
区分 中部電力
スマートライフプラン
Looopでんき
スマートタイムプラン
基本料金 1,487.04円(10kVAまで) 0円
昼間単価 28.52円
8時~22時(14h)
27.5円
6時~22時(16h)
夜間単価 16.3円
22時~翌8時(10h)
19.5円
22時~翌6時(8h)
(注)実際の電気料金には電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます

Looopの電気代の方がややお得

スマートタイムプランの夜間単価は中電より高くなりますが、基本料金が無料になることから夜間の電力使用量があまり多くなければLooopの方がお得になります。

電気料金シミュレーション結果
契約容量10kVA、昼間電力使用量200kWh、夜間電力使用量400kWhの場合

中部電力ミライズ Looopでんき
13,711円 13,300円 安い!

Looopでんきのスマートタイムプランは契約容量(KVA数)が大きく、夜間電力使用量が少ない需要家ほど価格的なメリットが大きくなります。

ちなみに単価比較表では掲載を省きましたが、中電のスマートライフプランは平日昼間単価が38.71円/kWhとかなり高額になります。

そのため上記のシミュレーションは中部電力の方に甘めな(有利な)結果となっています。予めご了承ください。

(注)ウクライナ侵攻などの世界情勢による燃料費高騰のあおりを受け、2022年4月1日より新規申し込みの受付を停止しています(再開日未定)
あわせて読みたい参考記事
LooopでんきスマートタイムプランLooopでんき『スマートタイムプラン』のメリット&デメリットを徹底解説!

idemitsuでんき(オール電化プラン)

出光興産の電気(旧・出光昭和シェル)のTOPページ

idemitsuでんき(出光興産)はオール電化住宅向けプランを全国展開している数少ない新電力(総合エネルギー企業)の一つです。

idemitsuでんきの『オール電化プラン』は、基本料金がスマートライフプランよりも3%~7%ほど割安に設定されており、わずかながらも確実なコストダウンにつながります。

また、idemitsuでんき利用客にはガソリン割引や電気自動車オーナー向けの割引サービスも附帯するため、マイカーをお持ちの方にはよりお得なプラン内容になっています。

idemitsuでんき料金単価比較表

idemitsuでんき「オール電化プラン」と中部電力ミライズ「スマートライフプラン」比較表
区分 idemitsuでんき
オール電化プラン
中電ミライズ
スマートライフプラン
基本料金/月 契約容量10kVAまで 1,377.04円
(7.4%安)
1,487.04円
10kVAを超える1kVAにつき 275円
(3.8%安)
286円
1kWhあたりの電力量単価 デイタイム 38.71円 38.71円
@ホームタイム 28.52円 28.52円
ナイトタイム 16.29円 16.3円
【デイタイム】平日10時~17時
【ナイトタイム】21時~翌7時(夜とく)、22時~翌8時、23時~翌9時(朝とく)の3種類を選べます
【@ホームタイム】デイタイムとナイトタイム以外の時間
(注)実際の電気料金には電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます
あわせて読みたい参考記事
こうた
アポロステーションとか、出光興産のガソリンスタンドをよく利用する人はオススメだね!

HISでんき(オール電化プラン中部)

HISでんきTOPページ

『HISでんき』はハウステンボス発祥のエネルギーマネジメント企業「HTBエナジー」が運営する新電力サービスです。

(※)HTBエナジーは大手旅行会社HISのグループ企業で、同グループのエネルギー関連事業を担っている新電力会社です

HISでんきのオール電化住宅向けプラン『ぜんぶでんき』シリーズは2021年6月以降、プラン内容や単価設定が従前とは大幅に改訂されました

中電のスマートライフプランと比べると、HISでんきはデイタイムとホームタイムの従量単価が2%割安になります。

テレワークなどで在宅が多い方や、昼間に電気をたくさん利用する方におすすめの新電力プランと言えるでしょう。

あわせて読みたい参考記事

HISでんきの料金単価比較表

HISでんき「オール電化プラン中部」と中電ミライズ「スマートライフプラン」の比較表
区分 HISでんき
オール電化プラン中部
中電ミライズ
スマートライフプラン
基本料金/月 契約容量10kVAまで 1,487.04円 1,487.04円
10kVAを超える1kVAにつき 286円 286円
1kWhあたりの電力量単価 デイタイム 37.94円
(2%安)
38.71円
@ホームタイム 27.95円
(2%安)
28.52円
ナイトタイム 16.3円 16.3円
(注)実際の電気料金には電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます
【デイタイム】平日10時~17時
【ナイトタイム】22時~翌8時、21時~翌7時(夜とく)、23時~翌9時(朝とく)の3種類を選べます
【@ホームタイム】デイタイムとナイトタイム以外の時間
イメージ画像
【新電力PR 2022年下半期】いま注目の新電力会社BEST8
CDエナジーダイレクトのロゴ画像
CDエナジーダイレクト
東京ガスのロゴ画像
東京ガス
ドコモでんきのロゴ画像
ドコモでんき
auでんきのロゴ画像
auでんき
まちエネ(三菱商事&LAWSON)のロゴ画像
まちエネ
大阪ガスのロゴ画像
大阪ガス
ただいま広告募集中4 ただいま広告募集中5
オール電化向けの新電力会社 一覧
オール電化向け新電力会社 一覧
地域別おすすめ電力会社の一覧表
地域別おすすめ新電力会社 一覧

その他の乗り換えお勧め新電力

清水
中部電力ミライズ「スマートライフプラン」以外の電気料金メニューの切り替え対象プランは、以下のページにまとめて掲載しています。
中部電力ミライズ切り替えおすすめ新電力プラン
記事URLとタイトルをコピーする

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。