北陸地方

北陸電力『従量電灯B・ネクスト』切り替えおすすめ新電力プラン

北陸電力「従量電灯B・従量電灯ネクスト」
スポンサーリンク

従量電灯Bの切り替え対象おすすめプラン

北陸電力『従量電灯B』は契約容量10~60アンペアの範囲で利用できる一般需要家向けの電灯契約メニューです。
従量電灯B(または従量電灯ネクスト)からの切り替えで、電気代が必ず安くなる新電力には
  1. Looopでんき『おうちプラン』
    (注)2022年4月1日より新規受付を停止、6月以降の値上げを発表しています
  2. エルピオでんき『使った分だけSプラン』
    (注)2022年4月30日をもって電気供給事業から撤退しました
  3. Japan電力『くらしプラン』
    (注)現在は申し込み不可(5月15日以降は料金改定されたSプランにのみ申し込み可)

上記の従量電灯プランがあります。
(注)20~60アンペア契約に限ります(15アンペア以下の場合は必ず安くなるとは限りません)

ロシアによるウクライナ侵攻の影響で電力市場の高騰が続いており、新規受付の停止や小売電気事業から撤退(てったい)する新電力会社が続出しています。

現在の新電力業界は大荒れのため、もう少し状況が落ち着く2023年春頃をめどに改めて当ページを編纂(へんさん)しなおします。

それまで当ページの内容は2022年3月以前の過去情報として参考にしていただきますようお願いいたします。

あわせて読みたい参考記事
イメージ画像
この記事の監修担当
南部修一
南部修一
※1974年生まれ 電力自由化、太陽光発電、再生可能エネルギー関連情報の広報を担当
@246anbem(NPCプラン@LINEアカウント)
当ページの内容について疑問のある方は、最下段のコメント欄で気軽にご質問ください。
メールフォームやLINEでも相談に応じています。
スポンサーリンク

【緊急情報】

ウクライナ侵攻や円安などの影響で原油や天然ガスの輸入価格が高止まりしているため新電力各社は経営状況がひっ迫し、次々と新規受付の停止や事業撤退に追い込まれています。
そしてついには電気契約の内容を変更し、料金の値上げに踏み切る新電力会社も現れ始めました。(楽天でんきやグランデータなど)
そこで以下のページ内で今後の値上げを発表している新電力会社と、そこからの避難先となる電力会社(≒小売電気事業者)の最新情報をまとめて紹介しています。参考にしてください。

Looopでんき(おうちプラン)

LooopでんきTOPページ

Looopでんきは基本料金無料&一本単価のシンプルな従量電灯プランをどこよりも早く採用し、業界内外で広く注目を集めている人気新電力です。

株式会社Looopは東日本大震災をきっかけに設立されたこともあり、自然エネルギーによる電力供給の拡大推進など、先進的な電力事業への取り組みにも積極的です。

電気自動車オーナーや太陽光発電システムを所有しFIT売電を行っている家庭はLooop+(プラス)割の適用で電力量単価が1kWhあたり1円~最大5円引となり、北陸エリア最安水準の電気代を実現できる可能性もあります。

あわせて読みたい参考記事
太陽光発電イメージLooopでんきのメリット&デメリットを徹底解説!

Looopでんきの料金単価比較表

Looopでんき(おうちプラン)と北陸電力(従量電灯B・ネクスト)の単価比較表
区分 Looopでんき
おうちプラン
北陸電力
従量電灯B・ネクスト
基本料金/月 0円
(100%安)
10Aにつき
242円
1kWhあたりの電力量単価 120kWhまで 一律21.3円
(※)Looopでんき+(プラス)の割引適用で1kWhあたり1円~最大5円引きになります
17.84円
121~300kWhまで 21.73円
(2%高)
300kWh超 23.44円
(10%高)
(注)実際の電気料金には電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます
(注)ウクライナ侵攻などの世界情勢による燃料費高騰のあおりを受け、2022年4月1日より新規申し込みの受付を停止しています(再開日未定)
こうた
Looopは650社以上ある新電力会社の中でも人気はトップクラス!
利用客の評判も申し分ないけど、支払い方法はクレジットカード決済しか選べないから、そこだけ注意してね。
スポンサーリンク

エルピオでんき(使った分だけSプラン)

エルピオでんきTOPページ

千葉県のプロパンガス老舗企業が運営する「エルピオでんき」は、契約手数料や解約違約金などのかからない良心的な格安新電力として人気があります。

従量電灯Bや従量電灯ネクストを30~60アンペア(30A~60A)で利用している方にはエルピオでんき『使った分だけSプラン』への切り替えをお勧めします。

(注)使った分だけSプランは20アンペア以下での契約はできません

エルピオでんきは電気代が安いだけでなく、電気のトラブル駆けつけサポート(出張費+60分の作業費無料)エルピオクラブ(月額440円)の優待サービス、さらには還元率の高いお得な新規申し込みキャンペーン特典など、さまざまな顧客サービスが充実しています。

エルピオでんきの料金単価比較表

エルピオでんき(使った分だけSプラン)と北陸電力(従量電灯B・ネクスト)の単価比較表
区分 エルピオでんき
使った分だけSプラン
北陸電力
従量電灯B・ネクスト
基本料金/月 0円
(100%安)
10Aにつき
242円
1kWhあたりの電力量単価 120kWhまで 一律21.3円 17.84円
121~300kWhまで 21.73円
(2%高)
300kWh超 23.44円
(10%高)
(注)実際の電気料金には電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます
(注)ウクライナ侵攻などの世界情勢による燃料費高騰のあおりを受け、2022年3月18日より電気契約の新規申し込みの受付を停止しています(4月30日をもって供給停止)
あわせて読みたい参考記事
エルピオでんきTOPページキャプチャー画像エルピオでんきの最新キャンペーンと電気料金比較表

Japan電力(くらしプラン)

Japan電力TOPページ

(注)運営元のアンフィニは主力である太陽光発電事業の不振により民事再生法の適用を申請中のため(2021/9/30)、今のところ当サイトでは申し込みはお勧めしていません

『Japan電力(ジャパン電力)』は太陽光発電モジュールの国産メーカーとしても知られる株式会社アンフィニの新電力サービスです。

60アンペア以下の電灯契約「くらしプラン」は、月間電力使用量が増えるにつれ3段階で単価が安くなるところが特長です。

北陸電力・従量電灯Bと比べると月間120kWhまでの単価は割高にはなりますが、基本料金が無料になるため、実際の電気代は電力使用量の多少にかかわらず(従量電灯Bよりも)必ず安くなります。

あわせて読みたい関連記事
JAPAN電力(ジャパン電力)TOPページジャパン電力の特徴・評判・デメリットを詳しく解説!

Japan電力の料金単価比較表

Japan電力「くらしプラン」と北陸電力「従量電灯B」の単価比較表
区分 Japan電力
くらしプラン
北陸電力
従量電灯B
基本料金/月 0円
(100%安)
10Aにつき
242円
1kWhあたりの電力量単価 250kWhまで 21円 120kWhまで 17.84円
121~300kWhまで 21.73円
251~400kWhまで 20.5円
(12.5%安)
300kWh超 23.44円
400kWh超 19.5円
(16.8%安)
(注)実際の電気料金には電力使用量(kWh数)に応じて燃料費調整額再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されます
スポンサーリンク
清水
今も北陸電力の「従量電灯B」を利用している人は、北陸エリアで一番高い電気代を払っているようなものですからね。
何もせずにいると損をするだけですから、早めに新電力プランに切り替えた方が良いですよ。
こうた
各社の実際の電気代がいくらになるか?を確認したい方は、NPCプランの電気料金比較シミュレーターで各社の月々の正確な電気代をひと目でチェックできます↓↓↓

正確さNo.1 電気代比較シミュレーター

NPCプランでは全国の電力会社の電気料金プランをスピーディーに比較できます。
(ご利用は無料、メールアドレスなど個人情報の入力は一切不要です)
ひと月分のデータだけでもシミュレーションできますが、12ヶ月分のデータを入力すると年間の電気代をより正確に確認できます。
【新電力PR 2022年下半期】いま注目の新電力会社BEST8
CDエナジーダイレクトのロゴ画像
CDエナジーダイレクト
東京ガスのロゴ画像
東京ガス
ドコモでんきのロゴ画像
ドコモでんき
auでんきのロゴ画像
auでんき
まちエネ(三菱商事&LAWSON)のロゴ画像
まちエネ
大阪ガスのロゴ画像
大阪ガス
ただいま広告募集中4 ただいま広告募集中5
初心者向けアドバイス
電力会社を変えるときは何をすれば良い?
地域別おすすめ電力会社の一覧表
地域別おすすめ電力会社&新電力プラン一覧

その他の乗り換えお勧め新電力

清水
北陸電力「従量電灯B」以外の電気料金メニューの切り替え対象プランは、以下のページにまとめて掲載しています。
北陸電力 切り替えおすすめ新電力プラン
スポンサーリンク
記事URLとタイトルをコピーする

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。